>   >  磁気の影響を受けない高精度なキャプチャを実現!慣性式モーションキャプチャMVNの新バージョンがリリース開始
磁気の影響を受けない高精度なキャプチャを実現!<br/>慣性式モーションキャプチャMVNの新バージョンがリリース開始

磁気の影響を受けない高精度なキャプチャを実現!
慣性式モーションキャプチャMVNの新バージョンがリリース開始

[PR]

専用スタジオを必要とせず、手軽にモーションキャプチャができる慣性式モーションキャプチャ。プロ市場で世界的に高いシェアを獲得してきたMVNが満を持して3年振りのメジャーバージョンアップを行なった。磁気の影響をはじめとするこれまでの課題をクリアし、プロダクションユースでのニーズに応えた大幅なアップグレードとなっている。担当者インタビューと共に、デモイベントの内容を取材した。

▲メジャーアップグレードを行ったMVNのプロモーションムービー。磁場耐性の他、高さ情報や接地情報も取得可能になった

"不可能を可能へ"と導いたソフトウェア開発の技術力

今や3DCGコンテンツ制作に欠かすことのできない存在となったモーションキャプチャ。映画、ゲーム、ライブエンターテインメントから製造業、教育現場に至るまで、幅広い分野で活用されている。その二大潮流とも言えるのが、光学式と慣性センサー方式だ。特に後者は専用の収録スタジオを必要とせず、手軽にデータを取得できるとあってプロダクションユースの製品から、精度は落ちるが安価なものまで様々なラインナップが登場している。もっともこれまでは、慣性センサー式ならではの弱点、つまり高さ情報や接地面情報を正確に取得できない、磁場に弱いなどの課題も多かった。

こうした中、慣性センサー式モーションキャプチャシステムの代表例とも言える「MVN」シリーズが「MVN 2018」にバージョンアップした。同シリーズの開発元・Xsensでアジア太平洋地域のセールスマネージャーを務め、2018年11月28日(火)・29日(水)に都内で開催されたデモイベント「Xsens MVN Road Tour Japan」のために来日したニック・ホラック氏によると、「これまで慣性センサー式でみられた課題を一気に解消した自信作」だという。





  • ニック・ホラック氏/Nick Horak(Xsens アジアパシフィック部門セールスマネージャー)

実際、従来の製品には「磁気の影響を受けやすい」「高さ情報や、複数点の設置情報(地面を転がる動きなど)取得が困難」「皮膚や筋肉の動きによってマーカーの位置がずれる」「フットスライドの再現が困難」などがあった。特に磁気の影響を受けやすい点は問題で、鉄筋コンクリートを使用した建造物では、鉄骨の近くにアクターが立つだけで取得データに影響がみられるほどだ。石造りの建物が並ぶヨーロッパと異なり、鉄骨設計ビルの多い日本ではこの点が大きな課題となってきた。

しかし、ニック氏は「MVN 2018ではこれらの問題をほとんど改善できた」と胸を張った。ポイントは、これらをハードウェアではなくソフトウェア側で対応したことだ。そのため大半の既存ユーザー(MVN製品には3年間の保守期間が設けられている)は無償アップデートで、この恩恵が受けられる。同社はこれを契機に、従来エンタメ業界向けに「MVN STUDIO(PRO)」としていたアプリケーション名を「MVN Animate(PRO)」と変更。名実共にメジャーバージョンアップであることを示した。

このように、弊社のコアテクノロジーはソフトウェアであるとニック氏は補足する。慣性式モーションキャプチャで重要なのはセンサーの性能ではなく、そこで得られた情報をいかに統合化し、アプリケーション側で活用可能なデータにできるかだというわけだ。これにはスポーツ・リハビリ・人間工学・ロボティクスなどの研究分野向けの組み込みデバイス向けセンサー開発からスタートした同社の背景も大きいという。「弊社ではこれをセンサーフュージョン技術と呼んでいます。ここで得たノウハウがMVNシリーズの開発に応用されました」(ニック氏)

▲Xsensのコアテクノロジーは、ジャイロ・加速度・地磁気などの各種センサーによって得られる情報を1つにまとめる「センサーフュージョン」技術だ。どれだけセンサーが進化しても、そこから得られる情報を統合し、的確に活用できなければ意味がない。その意味で同社はハードウェアではなく、ソフトウェアの企業であることがわかる

MVN 2018の開発では全世界の主要企業がβテスターとして参加。ゲーム業界ではUbisoftなどの大手スタジオ。そのほかモーションキャプチャスタジオのNGHSTやCGスタジオのPost23などがある。CGスタジオのHappy Finishは専用スーツを使って、ラグビーのタックルを収録。激しい動きのキャプチャにおいても完璧なソリューションだったという。

日本でMVN総代理店を担うゼロシーセブンの池田隆行氏によると、国内企業の反応も非常に良かったという。





  • 池田隆行氏(ゼロシーセブン 取締役 センシングプロダクツ事業部)

「3時間近く使っても、最初にキャリブレーションをしただけですんだ」「アクターが正座した際、足のデータがねじれたがしばらくすると自然に直り、感動した」などだ。「既存ユーザーなら、ぜひバージョンアップして、効果のほどを確かめてほしい」と池田氏はコメントした。

▲Xsens製品は産業用途からエンタメ用途まで、幅広く活用されている。エンタメ用途ではゲーム・映画、映像・ライブパフォーマンスなどが中心で、ハリウッドの大作映画からAAAゲームまで、多くのコンテンツ開発現場で活躍中だ

MVN 2018は2017年11月にバージョンアップされたが、Xsensでは引き続き改良が進んでいる。究極の目標は光学式と同様に、慣性式で完全な3次元座標情報を取得することだ。「MVN 2018の開発は『不可能を可能にする』ことをテーマに、2014年から3年間にわたって行なってきました。今後も継続的に改良を続けていきます」(ニック氏)。慣性センサー式のこれまで課題が着々と克服されつつあるという事実に改めて驚かされた。

▲「不可能を可能にする」ことを目的に掲げて2014年から2017年まで行われてきたミッションの数々。「完全な3次元座標情報の取得」については道半ばだが、他のミッションは全て達成できたという。特にこれまで慣性センサー式モーションキャプチャシステムのアキレス腱とされてきた、磁気による干渉をほとんど排除できた点は大きい

次ページ以降ではインタビューの翌日から2日間にわたって、ゼロシーセブン社のセミナールームで開催された製品デモイベント「XSENS ROAD TOUR User meeting Japan 2017」の模様をお伝えしよう。

次ページ:
「MVN 2018」で改善された主要な機能

Profileプロフィール

XSENS × ゼロシーセブン

XSENS × ゼロシーセブン

左から、池田隆行氏(ゼロシーセブン 取締役 センシングプロダクツ事業部)、ニック・ホラック氏(Xsens アジアパシフィック部門セールスマネージャー)、ステファン・ベウカー氏(Xsens シニアプロダクトスペシャリスト)、霜田直哉氏(ゼロシーセブン センシングプロダクツ事業部)、高柳功氏(ゼロシーセブン センシングプロダクツ営業部)、カイロン ハウエル氏(ゼロシーセブン センシングプロダクツ営業部)

MVN

MVN

MVNはカメラやスタジオを必要とせず、様々な場所での運用が可能な慣性式モーションキャプチャだ。迅速かつ柔軟なモーションキャプチャを実現できる。撮影データはリアルタイムにキャラクターデータへ流し込んで確認できる。シンプルなモーションキャプチャを可能にする、画期的なシステムとして高い世界シェアを誇る。

●お問い合わせ先
ゼロシーセブン株式会社
センシングプロダクツ事業部
〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-7 The Hexagon 7F
TEL:03-3560-7747
E-MAIL:info@0c7.co.jp
URL:http://zeroc7.jp/products/mvn3/

スペシャルインタビュー