>   >  VFXアナトミー:CRAZYBOY『NEOTOKYO』MV(VFX制作:デジデリックほか)
CRAZYBOY『NEOTOKYO』MV(VFX制作:デジデリックほか)

CRAZYBOY『NEOTOKYO』MV(VFX制作:デジデリックほか)

80年代サイバーパンクテイストとモダンなUIグラフィックスが織り成すツボを押さえた匠たちのVFXワーク

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 228(2017年8月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

CRAZYBOY『NEOTOKYO』MV
監督:東 弘明(stoicsense)/VFX:デジデリック、Khaki/制作プロダクション:ダンス・ノット・アクト
crazyboy.jp
©rhythm zone. All Rights Reserved.

ダイナミックな実写映像の魅力を高密度なVFXワークで高める

三代目 J Soul Brothersのメンバー、ELLYのヒップホップアーティストとしての別名義であるCRAZYBOY。そんなCRAZYBOYの『NEOTOKYO』MVは、『ブレードランナー』(1982)や『GHOSTIN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995)などを彷彿とさせるサイバーパンク的なビジュアルが力強い個性を放った良作だ。「今年の1月中旬にオファーをいただいたのですが、『NEOTOKYO』という曲タイトル、日本のサブカルチャーを彷彿とさせる歌詞が多用されていることから、80年代SF小説のような"サイバーパンクMV"をつくろうと考えました」と、監督を務めた東 弘明氏(stoicsense)はふり返る。具体的には、日本的なデザイン要素をベースに、英語と(中国語としての)漢字のタイポグラフィを加えるかたちで世界観をまとめていったという。「NEOTOKYOだからといって、新宿や渋谷で撮影するのは予定調和で面白くないなと。歌詞と同じように、カオスなエネルギーを映像で表現するために様々な人種やカルチャー、新旧が混じり合うアジアの街並みをベースに、VFXを使って現代とはちがう未来の東京を描こうと考えました」(東監督)。

  • 〈前列〉右から、小嶋裕士氏(デジデリック)、相澤大樹氏(デジデリック)、田崎陽太氏(Khaki)/〈後列〉右から、東 弘明監督(stoicsense)、大山俊輔氏(デジデリック)、川上大輔氏(デジデリック)
    stoicsense.co.jp
    www.digidelic.jp
    www.khak1.tv


そんな本作のVFXをリードしたのは、大山俊輔CGディレクターを中心としたデジデリック。東監督とは10年来の間柄であり、今回も阿吽の呼吸で息の合った画づくりが行えたという。「ただ、スケジュールが非常にタイトだったので大変でしたね。1月下旬にお話をいただいたのですが、まずは前半の舞台となる夜市シーンのアセット作成から着手しました。撮影から完パケまでのポストプロダクションの期間は20日弱しかなかったので、撮影前にできることは率先してやっておきました。また、当初の説明ではVFXショットは100ぐらい、カメラはFIXで撮るということだったのですが、最終的には約150、どのショットもカメラがダイナミックに動きまわっていました(苦笑)。東監督とはこれまでにも多くの作品でご一緒させていただいているので、ある程度は覚悟をしていましたけれど」(大山氏)。難易度が高まることを辞さず、ダイナミックなカメラワークの実写プレートに対してツボを押さえたVFXが適確に施されたからこそ、魅力的な世界観に仕上がっていることは言うまでもない。

01 プリプロダクション&撮影

Storyboard ProとSlackを活用し効率的にイメージを共有

東監督は今回初めてToon Boom Storyboard Proを使って、ビデオコンテと絵コンテを作成したという。「最初にビデオコンテを作成し、Storyboard ProのPDF書き出し機能を使って絵コンテを仕上げたのですが、ミュージックビデオのような歌詞やメロディに合わせて細かなカット割りが必要な映像制作には特に有効だと思いました」。ビジュアルデベロップメントにおいては、マットペイントの作成を含めてデジデリックが一括して担当した。「撮影前に東監督との打ち合わせを重ねながら目指す世界観をすり合わせ、その上で、未来カーやドローンなどの3DCGモデル、サインディスプレイ&UI素材を作成していきました。アセットについてはスケジュールを考慮して、社内のアーカイブや市販モデルを加工するかたちで作成しています。マットペイントは遠景にも対応できるよう8Kで描きました」(大山氏)。特に「夜市」シーンでは、ファーストカットを筆頭に世界観を見せるのがねらいのカットが多くあるため、東監督も細部までこだわったという。「そこで、実写プレートに対して監督自身でペイントオーバーしてもらった画像を用意していただき、それをレイアウトのガイドにしました。画面奥を行き交う未来カーなどは街のにぎやかさに直結する要素なので特に気を遣いましたね」(大山氏)。

実写撮影は、大半のシーンがタイのバンコクで行われた。「まず現地のコーディネーターに香港、台湾、バンコクのロケ写真を大量に集めてもらいました。そこからCGの合成を踏まえた空の抜け感や、別シチュエーションのロケーション候補を比較していき、最終的にバンコクに決定しました。繁華街のドローンによる空撮許可が下りることも決め手になりましたね」(東監督)。ちなみにバジェットやスケジュールとの兼ね合いにより、デジデリックは撮影現場に立ち会うことができなかったため、リファレンス収集やVFXワークに関わる現場判断は東監督自身で対応したそうだ。「今回は、撮影中もCG・VFX作業を並行して進める必要があったのでチャットツールのSlackを利用しました。お互いの意識にズレを出さないため、綿密に連絡を取っていたのですが、ロケハンのときには東監督がiPhoneで撮影した写真に対してセットエクステンションのアイデアをペイントオーバーした画像をその場で送ってくださったりと、迅速な意思疎通をはかることができました」(大山氏)。

Storyboard Proで作成したビデオコンテから生成した絵コンテの一部

ロケハン時に撮影した資料写真に対して東監督がペイントオーバーを施したレイアウト案


デジデリックがエンバイロンメントを作成するにあたり、東監督から提供されたレイアウトガイドの例

当該カットの最終形。その他の「夜市」ショットも同じ要領で制作したという

次ページ:
02 夜市シーン

その他の連載