>   >  VFXアナトミー:Cornelius『あなたがいるなら』MV(VFX制作:MARK)
Cornelius『あなたがいるなら』MV(VFX制作:MARK)

Cornelius『あなたがいるなら』MV(VFX制作:MARK)

楽曲の譜割りから音像まで、その全てを極限までビジュアライゼーションさせる。辻川幸一郎×MARKが創り出した、静かなる大作。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 229(2017年9月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

Cornelius『あなたがいるなら』MV
プロデューサー:浅野早苗(GLASSLOFT)、矢野健一(Spoon.)/制作:広野 拓、藤本麻子(共にSpoon.)/演出:辻川幸一郎/撮影:重森豊太郎/照明:中須岳士/美術:柳町建夫(TATEO)/オフラインエディター:瀬谷さくら(オクトパス)/カラリスト:長谷川将広(カンフー・スカル)/オンラインエディター:格内俊輔/CG・VFX:MARK(貞原能文、古畑達也、犬童宗恒、斉藤壮平)
youtu.be/Hgel5HLe_sU sp.wmg.jp/cornelius

楽曲を立体的に映像化させるためのCG・VFXワークとは

独特の譜割りや演奏に着想を得たという、楽曲の音色や音像と極限までシンクロさせたビジュアルが魅力のCornelius『あなたがいるなら』MV。約11年ぶりとなる、Cornelius(小山田圭吾)ファン待望の今作のMVを制作したのは、辻川幸一郎監督が率いるチーム。中核スタッフの多くが、2006年に発表されて話題をあつめたCornelius『Fit Song』MV制作にも参加しており、CG・VFXワークをリードした、犬童宗恒氏が率いるMARKも同様だ。辻川監督には、曲ができた直後のタイミングでCorneliusからオファーが届いており、アルバムということもあり具外的にどの曲をやるのか決まったのは年末くらいだったという。企画の時点から、この表現を実現させるためには犬童氏の協力が必須だと思いながら企画を練っていたそうだ。

CGW229連載VFXアナトミー:Cornelius『あなたがいるなら』MV

左から、貞原能文CGプロデューサー、辻川幸一郎監督、犬童宗恒CGディレクター、斉藤壮平CGディレクター、古畑達也CGアシスタントプロデューサー
tsujikawakoichiro.com
mark-inc.jp

音は、重ならず、まばら。音像全体としてはトレモロみたいなエフェクトがかかっていて隙間は埋まっている。そういう雰囲気を出すために、家具など全体に歪みをかけることになる。アタックのある音と、持続系の音と、サイマティクス(スピーカーの上に砂を撒いたときの振動の表現)など、音にまつわる物理現象をお題としての制作となった。今回非常に苦戦したのは馴染ませの部分だったようだ。実際のライティングでネックレスを入れると暗くて見えないので成立しない。本気で馴染ませると、見えない。つくっていると、美意識的に馴染ませたくなるのだが......音像に合って気持ち良く見せることが今回最優先だったので、落としどころが非常に難しかったという。また、MVの視聴形態・環境の変化も実感したという。現在ではスマートフォンやタブレットでYouTubeにアップされたMVを観るのが主流だが、画面サイズによって見え方がかわってくるので、アップする媒体ごとにコントラスト等の色味の調整が必須だったそうだ。「今後の展開としてはVR、MR版をぜひやりたい。全ての物を、再配置、再現できるようにサイズ感も気にしながら、今回制作に臨みました。フレーミングされない自由な解放された空間で、このネックレスが動くと非常に面白いと思う。出現して消失していくのが、VRやMR向きだと思います」と、辻川監督。

01 プリプロダクション

映像演出プランに基づいた綿密なR&D

2016年末に楽曲が決まり、企画がスタート。おおまかなスケジュールとしては、2017年1~3月にプリプロダクション、4月3日(月)と4日(火)の2日間で撮影(4月4日(火)と5日(水)の2日間でオフライン編集)。そこからの1ヶ月弱でポストプロダクションが行われた(5月10日(水)完パケ)。辻川監督とMARKは10年以上にわたって様々なプロジェクトで協業しているが、過去に類を見ない表現のため、撮影日を当初の予定よりも延ばして(3月下旬から4月上旬へリスケ)綿密な検証が行われた。演出プランとしては、「(あなたの)不在」をコンセプトとして、「あなた」を想起させる物を動かすことによって不在している「あなた」を感じさせるようにプランが詰められていった。構造としてのテーマは、物理シミュレーションと、質感のあるものを使用し、音像に完全に合わせて物がふり分けられるようにしている。その音にシンクロして、出て、消えるをくり返す。さらに楽曲の譜割りが非常に独特なので、伸ばしたり、止めたり、回したり、音像に合わせて工夫したという。

3DCGワークでは、メインキャラクターといっても過言ではないネックレスのアニメーションが一番のチャレンジになったそうだ。歌詞からイメージした「あなた」の持ち物を譜割りや音像に合わせたアニメーションならびにエフェクトを施すことで、楽曲を映像で表現することが目指された。具体的にはHoudiniを使い、手付けのニュアンス(魚がヒレを動かす感じ)とシミュレーションのさじ加減を複雑に制御させている。「ネックレス先端の動きは手付けで生物のようなニュアンスをつくる。一方、それに追従するチェーンの尾っぽ部分は、シミュレーションをベースに、重さの設定にグラデーションを付けて軌道を追うのと、物理シミュレーションを混ぜて、良い頃合いをパラメータ化して調整しました。どうすれば自然な見た目になるのか、それに加えて譜割りに合わせて細かく制御させる必要があったので試行錯誤をくり返しました。僕は3ds Maxを長年メインツールにしているのですが、今回はHoudiniを利用しました。3ds Maxでも同様の表現はできると思うのですが、Houdiniで作成することで全ての調整要素をパラメータ化してプロシージャルに作成できたので、限られた時間内で監督のオーダーに応えることができたと思います」(犬童氏)。このコメントからも窺えるようにかなり複雑な設定のため、ネックレスのアニメーションは犬童氏自ら手がけたという。撮影時には方向性が定まったテストムービーを用意することができたので、撮影現場のスタッフたちとのイメージの共有がはかどり、スムーズに撮影が行えたそうだ。「動きに豊かさが出ていた。くるっと回った後のたわみが落ちる動きとか、上に上がるフニャフニャの感じとかが気持ちよかったり、キャメラマンとの、意識の共有ができたので助かりました」と、辻川監督。

  • CGW229連載VFXアナトミー:Cornelius『あなたがいるなら』MV

    辻川監督が描いた映像や動きの演出案を描いたスケッチ

  • CGW229連載VFXアナトミー:Cornelius『あなたがいるなら』MV

    辻川監督が描いた譜割りに対するネックレスのモーション案をまとめたもの。かなり詳細に図示されている

一連のプランをまとめた演出コンテ

CGW229連載VFXアナトミー:Cornelius『あなたがいるなら』MV

ロケハンで得た情報を下に作成された、プロップ制作向け資料の例

CGW229連載VFXアナトミー:Cornelius『あなたがいるなら』MV

ネックレスのテストアニメーション(動画キャプチャ)。撮影前からリグのR&Dと動きの検証が綿密に行われていた

次ページ:
02 アセット制作&アニメーション

その他の連載