>   >  VFXアナトミー:日本映画界で、いち早く完全なシーンリニアワークフローを実現!『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
日本映画界で、いち早く完全なシーンリニアワークフローを実現!『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

日本映画界で、いち早く完全なシーンリニアワークフローを実現!『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』

日本の実写VFXをリードするエキスパートたちが、アートとテクノロジーの両面からスタンドの"実在感"にこだわりぬいた力作。VFX制作&ポストプロダクションをリードした、オー・エル・エム・デジタルとIMAGICA中核スタッフに話を聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 230(2017年10月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘 / Takahiro Fukui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』上映中
原作:荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」(集英社ジャンプ コミックス刊)/監督:三池崇史/企画プロデュース:平野 隆/撮影:北 信康(J.S.C.)/照明:渡部 嘉/美術:林田裕至、佐久嶋依里/編集:山下健治/キャラクタースーパーバイザー:前田勇弥/画コンテ:相馬宏光/VFXスーパーバイザー:太田垣香織/コンポジットスーパーバイザー:細川貴史/VFXコーディネーター:川出 海/配給:東宝、ワーナー・ブラザース映画/制作プロダクション:OLM/制作協力:楽映舎、b-mount film/製作:映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』製作委員会
jojo-movie.jp
©2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会
©LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

完全なシーンリニアワークフローを日本映画でいち早く実現

シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」。連載開始から30年となるジョジョイヤーの今年、ついに実写映画となった。監督は、カンヌ国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭など海外でも高い評価をあつめる三池崇史。ハイペースでバラエティに富んだ作品を発表し続ける三池監督だが、『ヤッターマン』(2009)や『テラフォーマーズ』(2016)など、VFXヘビーな作品もコンスタントに手がけている。


左から、中野悟郎リードコンポジター、高橋 護リードコンポジター、太田垣香織VFXスーパーバイザー、酒井教援テクニカルディレクター、山下哲司カラーグレーダー、山田圭佑プロダクション・マネージャー
olm.co.jp
www.imagica.com

その原動力は三池組を構成する中核スタッフが長年にわたり継続して協業していることだと、本作のリードVFXスタジオを務めたオー・エル・エム・デジタル(以下、OLMデジタル)の太田垣香織VFXスーパーバイザーは語る。「本作のポストプロダクションをコーディネートしていただいたIMAGICAの酒井(教援)さんも90年代から三池作品に継続して参加されています。各スタッフが阿吽の呼吸で動くし、そもそも三池監督の決断が早い。不要な画は撮りませんし、理不尽な修正リクエストもまずありません。VFXスタッフとしても非常にやりやすいんです」。

しかし、そんな三池組にとっても本作特有のスタンドのVFXは、非常に難易度が高いことがわかっていたため、ストーリーボードの段階から各ショットごとに必要なコストの算出を細かく行なっていたという。さらには技術面でも確かな進化を実践。撮影からポストプロダクションまでの全工程で完全なシーンリニアワークフローを実現させたのだ。「そこにいるようにしてほしい」という原作者・荒木飛呂彦氏の明快なリクエストに応えるべく、本作ではフルCGによるフォトリアルなスタンドが実写の役者たちと非常に自然な見た目で馴染んでおり、一体感のあるビジュアルに仕上がっているのだが、完全なシーンリニアワークフローが支えとなったのはまちがいない。「IMAGICAにとっても初の事例です。OLMデジタルさんは国内でいち早く NUKEを導入されていたので2年ほど前から一緒に検証を行なっていました。また、われわれが運用しているデジタルカラーグレーディングシステムBaselightのNUKE用プラグインが無償配布されていることも決め手になりましたね」(酒井TD)。経験豊富なエキスパートたちが新たな技法を採り入れたことによって、ブレイクスルーをもたらした。

01 プリプロダクション

適材適所と一括して委託することで高いパフォーマンスを引き出す

本作のVFXショットはトータル382。昨年、OLMデジタルがVFX制作をリードした『テラフォーマーズ』が約870ショットだったと聞くと、少なく感じるかもしれないが、その大半が生身の役者たちと密接に関わる「スタンド」というキャラクター表現であること、さらに各スタンドの能力は「アクア・ネックレス」の水表現から「バッド・カンパニー」のミリタリーまで様々。その全てをフォトリアルに描くのは至難の業だ。「VFXについては、自分たちで指針となるものを担当しつつ全体を管理。一方で、登場ショットが多く、流体シミュレーションが必須のアクア・ネックレスのVFXはグリオグルーヴさんに一括して担当していただきました。外部パートナーさんに委託する場合は、シークエンス単位で3DCGからコンポジットまで一括して担当していただくことを心がけています。アニメーションだけなど、特定の工程だけお願いすると管理の面でも手間が増えますし、これまでの経験上、まとめてご担当いただいた方がモチベーションや費用対効果としても良い結果につながるので」(太田垣氏)。グリオグルーヴのほかに、アストロブロスジーニーズFLUX、SMZ PRODUCTION、Annex Digitalインテグラルビジョン・グラフィックスアンダーグラフマリンポスト(順不同)がVFX制作に参加した。

2016年6月からプリプロダクションを開始。まずは、主人公・東方仗助(山﨑賢人)のスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」を対象として、スタンドの透明感やオーラ的な表現の度合いなど、多くのイメージボードを作成しながらビジュアル・デベロップメントが進められた。クランクインは2016年10月、クランクアップが2016年12月中旬。一部のスタジオセットでの撮影を除き、大半がシッチェス(スペイン・カタルーニャ地方の海沿いの町)でのロケーション撮影である。1.5ヶ月にわたるシッチェスロケには太田垣氏が立ち会い、それと並行するかたちで、R&Dやアセット制作が進められた。アセット制作(モデリング&リギング)はModelingCafe/AnimationCafeが一手に担当。「Cafeグループさんはプレゼンテーションも上手いんですよね。例えばモデルチェックのときは、Tポーズではなく、しっかりとポージングした状態のアートを描いてくださるし、修正リクエストが入ったときもその場でペイントオーバーされたりと、CG・VFXに精通していない人たちにもわかりやすく提案してくれたので助かりました」(太田垣氏)。なお、ポストプロダクションは昨年11月下旬から本格的にスタートし、最終的に納品したのは今年の6月上旬だったそうだ。

ストーリーボードの例(絵コンテ制作:相馬宏光)。VFXが介在するシーンについては全てストーリーボードを描いたという

プロジェクト当初に作成したスタンド「クレイジー・ダイヤモンド」のイメージボード例。「形ある超能力」という原作の設定に実在感をもたせるべく、各スタンドごとに細かな検証が重ねられた

次ページ:
02 シーンリニアワークフロ

その他の連載