>   >  VFXアナトミー:フォトグラメトリー&先進的なDCCツールを活用。実写と見まごうヴァーチャルアーティストを創出! PKCZ®『ChamberZ』OP
フォトグラメトリー&先進的なDCCツールを活用。実写と見まごうヴァーチャルアーティストを創出! PKCZ®『ChamberZ』OP

フォトグラメトリー&先進的なDCCツールを活用。実写と見まごうヴァーチャルアーティストを創出! PKCZ®『ChamberZ』OP

フォトグラメトリーを礎に、RedShiftRealityCaptureといった先進的なDCCツールを活用することで実在感あふれる"ヴァーチャルアーティスト"を生み出した野心作。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 232(2017年12月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘 / Takahiro Fukui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

PKCZ®『ChamberZ』OP
※動画はPKCZ® 1st Album『360° ChamberZ』ティザー
監督:東 弘明(stoicsense)/VFX制作:Khaki、デジデリック、Barehand Modeling Studio/コンセプトアート:山家 遼(ModelingCafe)/フォトグラメトリー:AVATTA/モーションキャプチャ:小箱/CGプロデュース:stoicsense/制作プロダクション:東京No.1
1st ALBUM『360° ChamberZ』好評発売中
www.pkcz.jp
©2017 PKCZ® All Rights Reserved.

実写と見まごう全編フルCGへの挑戦

EXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL、DJ DARUMAを中心としたクリエイティブ・ユニットPKCZ®。そのファーストアルバム『360° ChamberZ』(CD+DVD)のコンセプトに着想を得て、企画、制作されたのが、本作である。DVDには、3アーティスト、3曲のMVが収録されており、ここに紹介するOPに加え、曲間、そしてEDのメイン舞台となるのが、「360° ChamberZ(スリーシックスティ・チェンバーズ)」と名付けられた近未来的なサイバー空間だ(以下、ChamberZ)。「『その部屋は、人と人を結びつけ、新たな可能性を生み出す場所』というアルバムのコンセプトから、『ChamberZ』はどこにあるのだろうか。それは、宇宙における特異点(ブラックホール)ではないかと。あまねく宇宙の三次元情報はブラックホール内に二次元情報としてアーカイブされている。そこにPKCZ®ら、LDH所属アーティストがいて、様々な可能性やものにアクセスして、オールジャンルの音楽とコラボしてつながり、新たな作品を生み出している......そんな姿をSF要素を組み合わせて描けば面白くなるんじゃないかと考えたのです」と、東 弘明監督はふり返る。


右から、東 弘明監督(stoicsense)、高金幸司氏(Khaki)、田崎陽太氏(Khaki)、平井美潮氏(Khaki)、大山俊輔氏(デジデリック)、中野江美氏(AVATTA)、一瀬 隼氏(Barehand Modeing Studio)、赤澤希望氏(Khaki)

当初は360°動画やVRコンテンツとして制作することも視野に入れていたことから、生身のアーティストを実写撮影するのではなく、アーティストのフォトグラメトリーをベースに3DCGキャラクター化することが決定。そこで白羽の矢が立ったのが、AVATTA。東監督は以前から、同社のハイクオリティなフォトグラメトリー技術に着目していたそうだが、ショットワークについては東組と言っても過言ではないKhakiやデジデリックが参加した。「ありがたいことに今回も優秀なアーティストたちに集まってもらえたので、その才能をいかんなく発揮できるワークフローを用意することを心がけました。みんなが得意なことを思いっきりできるチーム体制をつくることが、監督の重要な役目だと思っています。これからはARやVRなど、インタラクティブなコンテンツの市場も開けていくはず。今回は、アーティストのヴァーチャル化という難易度の高い試みにチャレンジしたわけですが、確かな手応えを得ることができました。このチームで、さらに進化した表現にも挑んでいきたいですね」(東監督)。

01 プリプロダクション&フォトグラメトリー

フォトグラメトリーから主役となるキャラクターを創出

東監督の下に本企画が舞い込んだのは、今年の3月のこと。8月2日(水)のアルバムリリースに向けて、4月上旬から企画演出に着手、4月下旬からアセット制作が進められた。本作はフルCGアニメーション作品だが、先述のとおり、アーティストのフォトグラメトリーはAVATTAが担当。そしてレイアウト以降のショットワークは、Khakiがメインパートを、デジデリックが前半の宇宙シーンを担当。また、「ChamberZ」シーンに登場するアーティストたちが内部でコールドスリープしているという設定の棺型カプセルのアセット制作はModelingCafeとBarehand Modeling Studioが担当した。アニメーション作業に着手するために必要なひととおりのアセットが揃ったのが、5月中旬のこと。そこから7月中旬の納品までの約2ヶ月が制作のピークだったという。

アーティストのフォトグラメトリー作業について。「良質な3Dデータを得るためには透明な衣装は避ける必要があるのですが、VERBALさんのコートに透明な材質が用いられていることが当日判明して、緊張しました(苦笑)。上着についても被写体となる人物のプロポーションがわからなくなるので、アニメーションさせる場合は別撮りした写真をリファレンスとして、別モデルとして作成する必要があります」と、AVATTAの中野江美氏。リトポロジー、テクスチャの貼り直し、リギングなどはAVATTAが提携しているブラジルのアーティストに委託。リトポすることによって、本人に似なくなるリスクもあるため、細心の注意をもって作業を進めたという。「基本的にはクオリティに差が出ないように、つくり込みに慣れている1人のスタッフに作業してもらっています。日本では、まだフォトグラメトリーの用途はモブ表現や顔が大映しにならないアクションパートのデジタルダブルなどに留まっていて限定的ですが、そうした中で本プロジェクトは良い機会になりました。今回、フォトリアル系でここまでしっかり主役級のキャラクターというのはAVATTAでも初めて。とても良い経験になりましたし、何よりも嬉しかったです」(中野氏)。

また、髪の毛は3Dスキャンできないため、フォトグラメトリー用の写真撮影時に併せて撮影したリファレンス写真を元にKhakiの高金幸司氏が3ds MaxプラグインのOrnatrixで作成している(次項で詳述)。キャラクターアニメーションについては、小箱で収録したモーションキャプチャが用いられた。


東監督が描いた企画コンテより。当初は、360°動画やVRコンテンツとしての展開も検討されていたことが窺える

制作スタッフの間では「棺」と呼ばれていた十字架型のカプセルのデザイン案と演出プランのスケッチ。アーティストたちがコールドスリープしているという設定のカプセルについては、その後、ModelingCafeの山家 遼氏がアートを描き、それをベースにBarehand Modeling Studioの一瀬 隼氏によるアセット制作が進められた

小箱(www.kobako-mc.jp)におけるモーションキャプチャ収録の様子


AVATTAが撮影したフォトグラメトリーデータ(加工/調整なし)。これらをベースにリトポロジー、リギング作業が行われた

アセット制作、アニメーション、そしてショットワークは同時並行で進められた。図は、東監督が自ら作成していたアニマティクス、ならびに途中段階のアニメーション動画キャプチャ。MayaのTime Editorを活用することで、カッティング、カメラワークの作成を効率的に行えたという

次ページ:
02 ChamberZ内部シーン

その他の連載