>   >  VFXアナトミー:骨・筋肉・毛をリアルに再現した存在感のある妖猫&3DCGセット&エフェクトによる幻術、映画『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』
骨・筋肉・毛をリアルに再現した存在感のある妖猫&3DCGセット&エフェクトによる幻術、映画『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』

骨・筋肉・毛をリアルに再現した存在感のある妖猫&3DCGセット&エフェクトによる幻術、映画『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』

日中合作によって、既成概念をくつがえす圧倒的なスケールのエンターテイメントを描く。そこに求められたVFXワークの舞台裏にせまる。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 236(2018年4月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

映画『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』
好評上映中
ku-kai-movie.jp
原作:夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』(角川文庫/徳間文庫)/監督:チェン・カイコー/脚本:ワン・フイリン、チェン・カイコー/撮影:カオ・ユー/美術:トゥ・ナン、ルー・ウェイ/衣裳:チェン・トンシュン/VFXスーパーバイザー:石井教雄/VFX制作:オムニバス・ジャパンほか/サウンド・デザイナー:柴崎憲治/配給:東宝、KADOKAWA
©2017 New Classics Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shanghai Film

日本のリアルな動物VFXを次世代へと導く意欲作

企画の起ち上げから完成まで、約10年を費やしたという映画『空海 -KUKAI- 美しき王妃の謎』(以降、『空海』)。監督はカンヌ国際映画祭パルム・ドールやゴールデングローブ賞など多数の受賞歴を誇る、世界的な巨匠チェン・カイコー。日中合作映画であり、美術や撮影といった現場スタッフはほぼ中国人で固められたそうだが、VFXについては本誌でもお馴染みのオムニバス・ジャパン(以下、OJ)を中心とする約20社から成る日本勢が一手に引き受けている。

左から、加島優生氏、西田隆志氏、山崎 崇氏、中江昌彰氏、藤田翔也氏、牧野由典氏、佐藤信吾氏、遠山祐一郎氏、西田 裕氏、秋田雄介氏、仲里奈穂氏、青山寛和氏、高橋美穂子氏、長谷部直輝氏、黒木厚典氏。以上、オムニバス・ジャパン
www.omnibusjp.com


OJへ本企画の相談が舞い込んだのは5年ほど前(2013年頃)のことであった。「まずは当社のデモリールを交えて、監督たちへのプレゼンテーションを行いました。ところが、その後は音沙汰がなく、他社に決まったのかなと思っていたところ、2016年の春に正式なオファーをいただくことができました。目指すビジュアルについて、石井(教雄氏、本作シニアVFXスーパーバイザー)と監督の考えが一致したことが決め手になったようです」とは、物語の鍵をにぎる妖猫(ようびょう)VFX表現の特任チーム「CAT UNIT」(後述)のCGスーパーバイザーを務めた、青山寛和氏。

約1,300という総カット数のうち、VFXが介在したのは600強。そのうち妖猫VFXは約160。毛並みや筋肉の隆起など、実写と見まごう猫の繊細な演技が求められた妖猫のVFXには、HairやMuscleシミュレーションがしっかりと施されている。さらに、中盤の見せ場となる玄宗皇帝の宮城でくり広げられる「極楽の宴」シーンの幻術VFXでは、撮影セットや役者たちを大規模に3DCGで再現する必要もあった。そうした高難易度かつ大物量のVFXワークを進めるにあたり、CGスーパーバイザー3名体制で臨み、OJだけでも参加スタッフは100名以上に達した。

「監督には『日本人のクリエイティブ感覚を全面的に出してほしい』と言っていただけたので、こちらから積極的に提案していくスタイルでした。大きなやりがいと同時に様々な難題にも直面しましたが、石井が第12回『アジア・フィルム・アワード(ASIAN FILM AWARDS)』の視覚効果賞にノミネートされたりと、対外的な評価もいただけました」と、西田 裕VFXスーパーバイザーはふり返ってくれた。

01 プリプロダクション&撮影現場での対応

広大なオープンセットのあらゆる場所でリファレンスと実測データを収集

OJがリードVFXプロダクションを務めることが決まったのは2016年の春。「まずは本作VFXの要となる、妖猫のキャラクター表現もぜひ担当させてもらいたいと、4月末から約1ヶ月を費やしてプレゼン用の妖猫アニメーションを試作しました。クランクインまで日数が限られていたので、スタッフが飼っている猫を撮影してロトメーションをベースに仕上げました」(青山氏)。

チェン・カイコー監督が、人語を理解する妖猫だが、その所作については現実の猫に則したものを求めたことを受け、横歩き、飛び上がり、飛び降り、近づくという4種類を試作。そのクオリティが認められ、妖猫もOJが担当することが決まった。

2016年7月31日クランクイン、2017年1月5日クランクアップ。約5ヶ月もの長期にわたった撮影の大半は、デザインに2年、建設に4年という、完成まで実に6年を費やした唐代の都「長安」を再現したオープンセットで行われた(先述した、OJへの最初のオファーからの空白の期間はオープンセットの建設に費やされていたわけだ)。

中国湖北省・襄陽市の沼地に東京ドーム約8個分という広大なオープンセットは、文字通り実際の街並みを形成しており、本作のリアルな画づくりの礎となっている。そんなオープンセットの随所で屋内、屋外、昼夜など、多種多様なシーンが撮影されたが、OJチームはHDRI用の写真素材、カラーチャート、グレーボール、カメラデータ、背景セット(ロケ地)の計測といったデータを詳細に集めたという。「クルマでの移動が必須という広大なオープンセットでしたが、さらにスケール感を高める上ではVFXでセットエクステンションを施す必要もありました。マットペイントや3Dの街並みの素材用としてドローンによるロケ地の空撮を敢行。またセットの写真をフォトグラメトリーで3D化し、動画素材と共にトラッキングやレイアウトのアタリとしてもフル活用しています。妖猫シーンの撮影では、現地の美術スタッフさんにガイドの造形を作成していただいたのですが、質感のリファレンス用に持参した毛素材を使ってもらえたので、より確かなガイドになりました」(青山氏)。

当初にOJが作成した妖猫CGキャラクターアニメーション表現のプレゼンテーション映像。スタッフの飼い猫を収録した動画のロトメーションをベースに、歩く、飛び上がる、飛び降りる、(カメラ側に)近寄る、という4種類の動きが付けられた


後半の見せ場となる「花萼楼(かがくろう)」でくり広げられる極楽の宴シーンのストーリーボード。本作の世界観、そして中国側の美術スタッフが描いたこともあり、水墨画タッチの絵柄がユニークだ


真相にせまろうと、空海と白楽天が墓穴に訪れたところへ妖猫が現れ、2人に対し幻術を使って30年前の白龍と丹龍を見せるシーンのストーリーボードとプリビズの例。監督に最善の演出をしてもらうため、撮影に入る前にストーリーボードの画を実際の撮影現場の環境に落とし込むとどう見えるのかをプリビズで検証。最終的な撮影手法の参考としておおいに役立ったという

長安のオープンセットにおける撮影の様子。2016年7月31日から同年11月末までの約4ヶ月にわたって、東京ドーム約8個分という広大な敷地の様々な場所で撮影が行われた

2016年12月からクランクアップまでは、グリーンバックなどスタジオ内での撮影が行われた。「あるシーンのセットで高さをレーザーで計測したところ40m以上ありました。スタジオ撮影でも中国のスケールの大きさを実感しましたね。また、妖猫が登場するシーンの撮影では、中国の美術チームが作成してくれた造形(写真)を重宝しました。最終的なCGキャラクターとはプロポーションは合っていたものの頭の大きさが異なっ ていたりもしたのですが、ライティングや質感のリファレンスとして活躍しました」(青山氏)

次ページ:
02 妖猫のキャラクターVFX

その他の連載