>   >  VFXアナトミー:『キングスグレイブ FFXV』の技術力でよみがえるフォトリアルな旧人類・絶滅生物、NHKスペシャル『人類誕生』
『キングスグレイブ FFXV』の技術力でよみがえるフォトリアルな旧人類・絶滅生物、NHKスペシャル『人類誕生』

『キングスグレイブ FFXV』の技術力でよみがえるフォトリアルな旧人類・絶滅生物、NHKスペシャル『人類誕生』

旧人類と絶滅生物をフォトリアルかつドラマティックなCG・VFXによって現在によみがえらせる。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 239(2018年7月号)からの転載となります

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

NHKスペシャル『人類誕生』第3集「ホモ・サピエンス ついに日本へ!」
7月8日(日)後9:00~9:49 NHK総合
www.nhk.or.jp/special/jinrui
©2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by Luminous Productions

コアなファンだけでなく一般の人たちの心にも響く作品を

NHKスペシャル『人類誕生』シリーズは、われわれ人類が誕生にいたるまでの進化の過程をひもとくドキュメンタリー。そのCG・VFX制作をリードしたのは、映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』(2016)(以下、キングスグレイブ FFXV)で話題をあつめたメンバーを中心とするスクウェア・エニックス(以下、SQEX)と今年4月にSQEXグループとして新たに誕生したLuminous Productions(以下、LP)である。「最新のテクノロジーとアートを融合させて、ゲーム発の新たなコンテンツを世界に送り出そうと誕生したのがLPです。ゲームファンだけでなく、より多くの方々に楽しんでもらえる絶好の機会だと考えました」とは、LPの長谷川朋広チーフ開発マネージャー。「ちょうど完成したばかりの『キングスグレイブ FFXV』をご覧になっていただいたところ、NHKさんが世界でも戦えるトップクオリティの番組をつくっていきたいと考えていらっしゃることがわかり、コンテンツ形態はちがえど自分たちと目指すゴールは一緒だと意気投合しました。そこから本企画がスタートしました」と、LPの小材龍平プロデューサーはふり返る。

〈前列・左から〉勝山裕輝恵プロップスSV(LP)、鈴木智哉MOCAP SV(SQEX)、綿森 勇Dir.(LP)、小林志帆リギング&シミュレーション(SQEX)、小材龍平Pr.(LP)、恩田彩虹プロジェクトMgr.(SQEX)/〈中列・左から〉中野友莉プロジェクトMgr.(SQEX)、太田亜紀子プロジェクト アシスタント(LP)、長谷川朋広チーフ開発Mgr(LP)、本 崇臣開発Mgr(SQEX)、佐藤 嵐テクニカル(SQEX)、川村 茂アニメーションSV(SQEX)、白鳥広一郎アニメーター(SQEX)/〈後列・左から〉山尾正典VFX SV(SQEX)、柿坪巧彌ENV SV(SQEX)、岩澤和明キャラクターSV(SQEX)、鈴木重徳ENVリード(SQEX)、高橋浩一リギング&シミュレーションSV(SQEX)、山科雄毅テクニカルリード(SQEX)、佐藤 英開発Mgr(SQEX)、松村敏明シークエンス リード(SQEX)
※LP=Luminous Productions、SQEX=SQUARE ENIX


右から、石川智太郎チーフテクニカルSV(ソニーPCL)、大塚康弘CGディレクター(DF)、越野創太Live Action Dir(ソニーPCL)、山本善樹コンポジットSV(DF)、小杉周太PM(DF)
※DF=デジタル・フロンティア


NHKからのオーダーは、番組で描かれるドラマパートの「化石人類が生きる世界」を『キングスグレイブ FFXV』と同等のクオリティでつくってほしいというもの。科学ドキュメンタリーのドラマ映像を制作する上で、より説得力のある表現方法を模索し、フルCGのパートと、実写撮影にVFXを施して仕上げるパートに分けて制作することに決定。「最終的に、約3分のエピソードを10編つくることになったのですが、フルCG:実写合成=3:7の割合で制作することにしました」(小材氏)。そこで、実写VFX出身であり、『キングスグレイブ FFXV』ではコンポジット&ポストプロダクションSVを務めた綿森 勇氏が本作のディレクターを務めることになった。「これまで培ってきた表現技法でつくるのですが、様々な方にご覧いただくテレビ番組として、内容がわかりやすい映像にする必要がありましたし、研究者の方々に監修していただくなど、新たな対応が求められました。"ゲームばかりしてないで勉強しなさい"から、"ためになるから見なさい"と言っていただけるような映像になれば良いなと思います(笑)」。

01 プリプロダクション&映像ディレクション

学術的な監修にも応えた上でしっかりとドラマを描く

前項で述べたとおり、『人類誕生』シリーズのドラマパートは、フルCG:実写合成=3:7の割合で制作された。具体的には、今回描かれる旧人類のうち440万年前に存在したとされるアルディピテクス・ラミダスから順に、最初の3種類をフルCGで、それ以降の(比較的現生人類に近い)7種類が実写VFXによって仕上げられている。NHKから提供されたシノプシス(番組で表現したいこと、おおまかなあらすじ等)を下に字コンテ、次いで絵コンテを作成。そして、プリビズが作成されていくのだが、フルCGか実写VFXかを問わず全10エピソードのプリビズが作成された。「2016年の冬からプリプロに着手し、2017年初頭には全10エピソードのプリビズを完成させる必要がありました。また、実写VFXで仕上げるエピソードについてもプリビズを作成したねらいは、表現や演出の意図を明確にするため。実写撮影はオーストラリアで行い、フルCGパートでは、『キングスグレイブ FFXV』にも参加していただいたImage Engineさんにお願いしたりと、海外のパートナーさんとも円滑にコミュニケーションをとるためにも、制作進行上なるべく言葉をなくしたかったんです。プリビズを見てもらえばねらいがダイレクトに伝わる。映像によるコミュニケーションですね」(綿森氏)。

制作にあたっての大きなポイントは、「没入感があり客観的ではなく体感できるようなストーリー性のあるコンテンツに仕上げる」、「監修(学説)に則した、事実に基づいた表現」の2点。『人類誕生』シリーズでは、国立科学博物館 人類研究部 名誉研究員の馬場悠男氏をはじめとする各分野の専門家たちが監修を務めており、その時点における最新の学説を下に制作が進められていたが、突如、新説が出てこないとも限らない。近年、人類学は新たな発見が続くなど盛り上がりを見せている。体毛やDNAなど、それひとつで従来の学説が覆るものが発見される可能性もあるため、最後まで気の抜けない状態が続いたという。「海外ではシリアスゲームがひとつのジャンルとして定着していますが、LPとしても今回の経験を活かして教育エンタメなどのコンテンツ開発にも取り組んでいければと思っています」(小材氏)。

第1集「こうしてヒトが生まれた」に登場する、エピソード「アルディピテクス・ラミダス」の絵コンテより。作品全体の指針となるシークエンスのため、LP&SQEXのチームで制作された

第2集「最強ライバルとの出会い そして別れ」に登場するネアンデルタール人が狩りをする様を描いたシークエンスのプリビズ。プリビズ制作では、『キングスグレイブ FFXV』にも参加したThe Third Floorが一部のプリビスを担当している。学術に則しつつ、ドラマを描くことが目指された

次ページ:
02 旧人類を『キングスグレイブ FFXV』クオリティで描く

その他の連載