>   >  コロビト大島夏雄のCGに役立つふしぎのはなし:Story 01:雲のおはなし
Story 01:雲のおはなし

Story 01:雲のおはなし

CGWORLD創刊20周年記念、3連続新連載の最後を飾るのは、TVアニメ、実写映画、ゲームなどを幅広く手がける株式会社コロビト代表・大島夏雄氏によるCG雑学コラム。一見CGには関係なさそうでも知っていればいつか必ず制作に役立つ、身の回りの様々な知識を紹介していく。

TEXT&ILLUSTRATION_大島夏雄 / Natsuo Oshima(コロビト
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

<1>連載スタートにあたって

CG制作のTIPSやテクニックの紹介記事はたくさんあり、読者の皆さまもいろいろ参考にしながら日々勉強されているかと思います。学生の間や就職してしばらくは、CGの勉強をしながらつくり続ければどんどん上手くなり、手も早くなって成長を実感できるでしょう。でも、そこからさらにもうワンステップ! となると、単純につくり続けていても頭打ち。なかなか先に進めなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

CGクリエイターは日々、様々なものをつくります。実際に存在するものや人、想像上の建造物や乗りもの、過去にあった町や服装など。そこで必要になってくるのが、様々な物体の構造、人体や動物の解剖学、色彩学、構成力、自然現象、地層学、etc......といった、一見CGとは関係なさそうな、幅広い分野の知識です。学者や建築家のように専門的な知識を深く習得するのは不可能ですが、その「さわり」を知っているか知らないかで、つくられるものは大きく変わってきます。この連載では、皆さんと一緒にいろいろなことの「さわり」を勉強できればいいなと思っています。

<2>雲の形は10種類しかない

というわけで、初回は「雲」についてお話しようと思います。雲は何でできているのでしょうか? 水蒸気かなと思われるかもしれませんが、雲は水蒸気からできているわけではありません。水蒸気は目に見えませんから。雲は、小さな水滴(雲粒)や氷の粒(氷晶)の集まりです。この雲粒や氷晶が可視光線を散乱することで、白く見えるのです。

また、雲にはいろいろな形があります。「ねーねー、あの雲、羊みたいだね」「あれはケーキみたい!」など、そのような心暖まる話を私はしたことないように思いますが、雲の形は、それぞれ理由があってその形になっているようです。

雲の形は大きく分けて10種類(十種雲形)に分類され、それぞれ発生する高度によって上層雲、中層雲、下層雲の3つのグループに分けられます。それでは、ひとつずつ紹介していきます!

雲の形は10種類

●上層雲(高度7,000~10,000m)

①巻雲(けんうん)

絵の具を刷毛で伸ばしたような形状ですね。巻雲は対流圏で最も高いところに発生する雲です。気温は-40℃以下であるため氷晶で形成されています。氷晶は光を多く反射するため薄くても白くはっきり見えます。

②巻積雲(けんせきうん)

白色で影のない雲が平面に並んでみえる雲です。「うろこ雲」や「いわし雲」と呼ばれることもあります。

③巻層雲(けんそううん)

空を薄く覆うベール状の雲で、はっきりとしたかたまりにならないものです。巻層雲が空を覆っていると、太陽の周囲に虹色の輪や帯が見えるときがあります。

●中層雲(高度2,000〜7,000m)

④高層雲(こうそううん)

灰色のはっきりとしない雲で、空全体を覆うことが多いです。「おぼろ雲」とも呼ばれます。

⑤高積雲(こうせきうん)

白くて小さな、輪郭がはっきりした雲が集まって群れをなしている雲。「ひつじ雲」「まだら雲」とも呼ばれます。

⑥乱層雲(らんそううん)

雨や雪を降らせる雲で、灰色や黒色をしています。

次ページ:
●下層雲(地面付近〜高度2,000m)

その他の連載