>   >  VFXアナトミー:実写の浅草に作画キャラクターを融合させる、TVアニメ『さらざんまい』"つながるPV"完全版
実写の浅草に作画キャラクターを融合させる、TVアニメ『さらざんまい』"つながるPV"完全版

実写の浅草に作画キャラクターを融合させる、TVアニメ『さらざんまい』"つながるPV"完全版

ドキュメンタリータッチで撮影された浅草に作画キャラクターたちが自然なかたちで共存する。見返すほどに深みを増す意欲作の舞台裏。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 245(2019年1月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘 / Takahiro Fukui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

TVアニメ『さらざんまい』2019年4月よりフジテレビ"ノイタミナ"ほかにて放送開始
sarazanmai.com
監督:幾原邦彦/チーフディレクター:武内宣之/シリーズ構成:幾原邦彦、内海照子/キャラクター原案:ミギー/キャラクターデザイン・総作画監督:石川佳代子/コンセプトデザイン:柴田勝紀、松嶌舞夢/美術監督:藤井綾香 スタジオPablo/音楽:橋本由香利/原作:イクニラッパー/制作:MAPPA、ラパントラック
© イクニラッパー/シリコマンダーズ

現実の浅草に作画キャラを"存在"させる

『少女革命ウテナ』(1997)や『輪るピングドラム』(2011)など、その独創的なアニメーション表現から熱狂的なファンが多い幾原邦彦監督の新作オリジナルTVアニメ『さらざんまい』が2019年4月からフジテレビ「ノイタミナ」で放送予定だ。今回紹介する『さらざんまい』"つながるPV"完全版は、10月4日(木)に公開された第一弾を皮切りに5週にわたって公開されたティザーPVをひとつにまとめた(5週目に公開された)ものである。作画のキャラクターたちが現実の浅草の街中に自然なかたちで存在する様が魅力の本作。プロの映像制作者であれば、このビジュアルを実現する上ではインビジブルエフェクトが随所にわたって施されていることに気づくはずだ。

  • 田島太雄氏(ディレクター、映像作家)
    taotajima.jp

そんな本作を手がけたのは、ディレクター・映像作家として活躍する田島太雄(たじま たお)氏である。田島氏の作風として、実写の中に"異質なもの"を融合させた表現が挙げられるが、今回は作画と実写の融合にチャレンジした。「昔から実写合成が好きで、仕事でもオリジナルでも、そうした作品をコンスタントに発表しています。以前からアニメと実写の合成にも挑戦してみたいと思っていたのですが、自分の作風が今回の企画に合うだろうとオファーをいただけました。ノイタミナという全国規模の放送枠向けの映像をつくる機会はそうそうありませんし、いろいろな意味でラッキーでしたね」。

デジタルアーティストとしてキャリアをスタートさせた田島氏は、様々な実写合成に取り組んできた結果、企画、演出、撮影、そしてCG・VFXまでの全作業を自身で手がけることが多いという。実際に本作も実写に合成する作画やロゴ等のグラフィック素材の制作、そしてサウンドデザイン以外は自ら担当しているとのこと。「約2分のPVに対して制作期間は3ヶ月以上と、比較的ゆとりのあるスケジュールをいただけたことも大きかったのですが、つくりながらまとめていく感じだったので作業を自己完結させた方が何かと都合が良かったのです。歴史のある浅草や合羽橋、隅田川の風景と、作画キャラクターのコントラストをどうやって描くのか。アーティストとしてはとてもやりがいのある仕事で、最初から最後まで楽しみながらつくらせてもらいました」。

01 制作のながれ

つくりながら考えるそれを可能にした自己完結

田島氏にオファーが舞い込んだのは今年の7月頃のこと。Rayons ft.Predawn『Waxing Moon』PV(2015)やオリジナル短編『Night Stroll』(2013)といった田島氏の監督作品を目にしたノイタミナの岡安由夏プロデューサー(フジテレビ)から声がかかり、それを快諾。後日、幾原監督と岡安プロデューサーからオリエンテーションを受けた際には、浅草の古い街並みと、隅田川を挟んで東京スカイツリーなどの近代的な建築物が織り成すコントラストをしっかりと映像で捉えてほしいとのリクエストを受けたという。逆に言えば、それ以外の表現については、田島氏にほぼ一任してもらえたそうだ。

田島氏による2013年のオリジナル短編『Night Stroll』

「今回制作するPVに関する文字資料、本編に登場するロケーションが図示された地図、そして3話分のビデオコンテを提供していただき、それらを確認しながらロケハンを始めました。本編で表現された場所などがマークされた地図をいただいていたのでそこを中心に、下町・古い街並みと、近代的なもののコントラストを意識しながらいろいろと巡りました。絵コンテなどの具体的な指示はなかったので、PVに登場するキャラクターたちのラフを台詞順に並べていき、ラフの構図に合いそうな実景を撮ってみては仮合成してみる、それをくり返しながら時間のゆるすかぎりブラッシュアップしました」。

7月にオリエンを受けた後、8月から撮影、合成、編集に着手。制作のピークは9月だったという。"つながる"PVに登場する作画キャラクターたちは、全て本編向けに描かれたものを流用している。そこでまずは、見繕った作画を合成することを念頭にロケハンを実施。どのキャラクターを、どの順番で登場させればPVのストーリーが成立するのか、観ていて気持ちの良い構成になるのか、そんなことを考えながら試しに本編と同じアングルで撮ってみる、実写と合成してみる、カットを追加してみる、削ってみるといった試行錯誤がくり返された。「最終的に20回以上は撮影に出かけましたね。全編屋外ロケということもあり、同じロケーションでも撮影する時間帯や天候によって印象が変わるので、偶然撮れた良いフッテージに差し替えるといったこともしています。デジイチで撮影したRAW動画(後述)なので、ロケハンと本番撮影の明確な区分けもありませんでした。ロケハンのつもりで撮影してたものでも、良かったらそのまま採用。イマイチだったら撮り直す。トライ&エラーを効率良く行えたのも、実作業を自分ひとりで完結することの利点ですね」。

『さらざんまい』本編のキャラクターデザイン決定稿

矢逆一稀(CV:村瀬 歩)

久慈 悠(CV:内山昂輝)

陣内燕太(CV:堀江 瞬)

ビデオコンテの動画キャプチャより。まずは本作のオリエン資料(字コンテなど)、ロケハン時に撮影した実写プレート、そしてクライアントから提供された本編3話分の絵コンテを組み合わせながら方向性が模索された

田島氏が愛用するデジイチ動画撮影の機材一式。Canon EOS 5D Mark IIIに「Magic Lantern」を入れ、RAWデータの連番として撮影している。「レンズは主にEF24-105mm F4L IS II USMとEF70-200mm F2.8L IS II USMの2本を撮影状況に合わせて使い分けました」

次ページ:
02 撮影&3DCGワーク

その他の連載