>   >  VFXアナトミー:AVATTAによる最新テクノロジーで描かれた独創的な映像美、紀里谷和明監督の意欲作『desire』MV
AVATTAによる最新テクノロジーで描かれた独創的な映像美、紀里谷和明監督の意欲作『desire』MV

AVATTAによる最新テクノロジーで描かれた独創的な映像美、紀里谷和明監督の意欲作『desire』MV

最新テクノロジーを積極的に採り入れることでフォトリアルと様式美、そして即興的なアイデアを融合させた斬新なビジュアルが誕生した。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 250(2019年6月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘 / Takahiro Fukui
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

『desire』MV
監督・撮影監督:紀里谷和明
【制作プロダクション】KIRIYA PICTURES
プロダクション・マネージャー:沖村 明/衣装デザイン:伏見京子

【VFXプロダクション・3Dスキャニング】AVATTA
VFXスーパーバイザー:桐島ローランド/CGスーパーバイザー:田森 敦/CGアートディレクター:トスカーノ・ベネット/CGデザイナー:柳島秀幸/CGプロデューサー:安黒篤史/3Dスキャニング ディレクター:エリウム・ブラドレン、スワンソン・ジェームズ/3Dスキャニング・CGマネージャー:中野江美

【CGプロダクション】
CGプロデューサー:豊浦慶祐(回)/CGデザイナー:小坂 健(回)、堀江雅也(大伸社コミュニケーションデザイン)
【モーションキャプチャ】MOCAP JAPAN

編集:川瀬基之(エヌ・デザイン)/テクニカル・スーパーバイザー:伊藤 格(dittok media production technology)/撮影助手:Tai Ohuchi /振付・ダンサー:皆川まゆむ/メイクアップ:Naomi Nishida/ヘアメイク:kazuhiro naka /照明技師:イイノ南青山スタジオ/ストーリーボード:喜本麻琴/アシスタントPM:北出華瑚


AVATTA新章の幕開けをかざる紀里谷和明監督の意欲作

その独創的な映像美から、クリエイターたちにもファンが多い紀里谷和明氏。そんな紀里谷氏がミュージックビデオのメガホンをとったのが本作。中国の大型新人アーティストのデビュー曲(近日公開)だが、一連のVFXワークをリードしたのは、桐島ローランド氏が率いるAVATTA。いち早くフォトグラメトリーに特化した活動を続けてきたことで知られるAVATTAは、昨年3月30日にサイバーエージェント(CA)グループに合流したことでも話題をあつめた。今回、初めてリードVFXプロダクションを務めたというが、CAグループの一員になったことで活動領域をフォトリアルなCG・VFX全般へと広げようとしている。本作は、グリーンバックで撮影されたアーティストの実写素材を除き、ほぼ3DCGで表現。アーティストについてもロングショットを中心にAVATTAが得意とするフォトグラメトリーから作成されたデジタルダブルが積極的に用いられている。

左から、沖村 明氏(KIRIYA PICTURES)、中野江美氏、マチウ・ゴールト氏、田森 敦氏、桐島ローランド氏、安黒篤史氏、トスカーノ・ベネット氏、スラヴァ・ミロネンコ氏、プリャーヒン・ヴァジム氏、鈴木愛子氏、柳島秀幸氏(フリーランス)
avatta.net

樹木や動物の造形が象徴する自然界が崩れ去った後、モノリスやフルCGのダンサーが象徴する人間たちが世界を支配する。だが、人間たちも争いをはじめて世界全体が崩壊してしまう......そんな重厚なストーリーをリアルな質感、造形でありながら、様式化された世界観にまとめ上げている。「当初は構成要素の約3割をCGで制作するはずだったのですが、紀里谷監督とディスカッションを交わす過程で、気づいたらほぼフルCGで表現することに(笑)。紀里谷監督は確固たるビジョンを提示されますが、具体的な表現手法についてはデジタルアーティストからの提案を積極的に求めることも大きかったですね」と、CGスーパーバイザーを務めた田森 敦氏はふり返る。ビデオコンテ制作ではAVATTAスタッフたちと席を並べ、監督自らMotionBuilderを習得してアングルやレイアウトを決めていたそうだ。本作ではVFXスーパーバイザーを務めた桐島氏は次のように総括してくれた。「スタッフたちに恵まれて、紀里谷監督の期待にしっかりと応えてくれました。制作終盤に新スタジオへ引っ越したのですが、CAグループのCGチェンジャーと同じフロアで活動できるようになりました。彼らと連携しながら、ひき続き3Dスキャンを軸としつつ、VFXプロダクションとしてさらにレベルアップしていきます」。

01 プリプロ&実写撮影

エモーショナルな様式美とフォトリアルを両立させる

アーティスト側から紀里谷監督の下にオファーが届いたのは、昨年11月のこと。「本作の衣装デザインも手がけていただいた伏見京子さんからの紹介とのことでしたが、紀里谷の方もアーティストの楽曲を聴いてデビュー曲とは思えない曲調が素晴らしいと、監督を引き受けさせていただくことになりました」と、KIRIYA PICTURESの沖村 明氏はふり返る。そして紀里谷監督が、楽曲のインパクトを映像としてさらに高めるためのパートナーに選んだのがAVATTAであった。「やるからにはずば抜けたスタッフを揃えたい。ちょうどAVATTAさんが新たなチャレンジに取り組みはじめたようだから相談してみようという紀里谷の考えがありました」(沖村氏)。

KIRIYA PICTURESの誘いをAVATTAは快諾。その週末に企画打ちを行い、週明けには振付を手がける皆川まゆむ氏自らがダンサーを務めてモーションキャプチャ収録が実施されたというから驚きだ(ひとえに紀里谷監督と、監督のビジョンに賛同したスタッフたちの熱意の賜物だろう)。「MOCAPデータやストーリーボードを素材として、ビデオコンテを制作しました。紀里谷監督は、フォトリアルであることよりもエモーショナルなパッションを常に重視されていました。『観たことないものが観たい、だからデジタルアーティストとして積極的に提案してほしい』と、私たちの意見を求めていたことが印象的でしたね。ローランドさんのリアル な感性と紀里谷監督のエモーショナルな感性が絶妙に融合された作品に仕上がったと思います」とは、CGアートディレクターを務めたトスカーノ・ベネット氏。「初期には、Unreal Engine 4によるリアルタイムCGを利用しようという案もありました。その名残もあって、デジタルダブルの制作では、髪の毛の表現にnHairなどのシミュレーションは用いずに前髪は板ポリにテクスチャを貼ることで表現しています。もちろん見た目のリアリティを担保する必要があったのでテクスチャサイズは4,096×4,096で作成しました」とは、デジタルダブルをはじめとする一連のアセット制作をリードした柳島秀幸氏。アーティストからの積極的な提案を採用していく、そのためには即興的なアイデアをストレスなく試せるワークフローを確保する必要がある。そうした姿勢が伝わってきた。

紀里谷監督がストーリーボードアーティストと作成した絵コンテの例。これを基に、振付とダンサーを務めた皆川まゆむ氏のモーションキャプチャ収録が行われた


伏見京子氏が描いた衣装デザイン



  • アーティストの衣装



  • フルCGで作成されるダンサーの衣装

【右上の画像】(フルCGで作成されるダンサーの衣装)を基に堀江雅也氏がMarvelous Designerで作成した衣装モデル


皆川氏の踊りを収録したモーションキャプチャデータなどを素材として作成されたビデオコンテの例。紀里谷監督自身もMotionBuilderを扱いながら、思いついたアイデアを即座に試しつつAVATTAチームと共により良いカット割りやレイアウト、映像表現を追求したという


1月20日にイイノ南青山スタジオで行われた、アーティストの実写撮影の様子。dittokの伊藤 格氏が撮影まわりの技術監修を行なった

ビデオコンテを確認しながらスタッフたちと撮影プランを協議する紀里谷監督(右端)

次ページ:
02 モノクロームの世界

その他の連載