>   >  VFXアナトミー:4DViewsを活かした即興的な演出によるカオスなCGアニメーション、chelmico『Easy Breezy』MV
4DViewsを活かした即興的な演出によるカオスなCGアニメーション、chelmico『Easy Breezy』MV

4DViewsを活かした即興的な演出によるカオスなCGアニメーション、chelmico『Easy Breezy』MV

リアルなパフォーマンスをそのまま3Dデータ化。4DViewsの特性を活かした、即興的な演出が随所に込められたカオスCGアニメーション。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 260(2020年04月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©chelmico

chelmico『Easy Breezy』MV
Director:Jun Tamukai(CONNECTION)
Production:P.I.C.S.
Producer:Mao Suzuki(P.I.C.S.)/Production Manager:Masakuni Tsujimoto(P.I.C.S.)/Director of Photography:Masatoshi Toyono(SPICE)/Lighting Director:Tomoyuki Ikeda/Camera Assistant:Shinnnosuke Mizuno(SPICE)/Lighting Assistant:Takashi Kobayashi/Stylist:Mie Minagawa/Hair & Make-up artist:Nozomi Kawamura/4DViews Unit:Tadayuki Suzuki(CRESCENT)、Takayuki Ochiai(CRESCENT)、Fumiaki Kudo(CRESCENT)
™ & © Othello,Co. and MegaHouse
©1974 Rubik's® Used under licence Rubiks Brand Ltd. All rights reserved.
chelmico.com

進化した4DViewsの性能を全面に活かしたカオスなMV

今回紹介するのは、ラップユニットchelmicoの2020年、第1弾デジタルシングル『Easy Breezy』MV。現在放送中のTVシリーズ『映像研には手を出すな!』(NHK総合)のオープニングテーマソングのため、聴いたことがある読者も多いにちがいない。数々の漫画アワードを獲得した原作を、鬼才・湯浅政明が監督する(アニメーション制作はサイエンスSARU)アニメに負けず劣らずビジュアルインパクト大の本MV。監督を務めたのは、3DCGを織り交ぜたグラフィカルで洗練された作風が確固たる個性を放つ田向 潤氏(CONNECTION)だ。

左から、プロデューサー・鈴木麻雄氏(P.I.C.S.)、監督・田向 潤氏(CONNECTION)、4DViewsユニットリーダー・鈴木理之氏(クレッセント)
www.pics.tokyo cnct.work www.crescentinc.co.jp

企画の経緯について田向監督は次のように語る。「chelmicoが所属するワーナーミュージック・ジャパンのA&R(Artists & Repertoire)さんと以前からの知り合いだったことから、昨年11月頃に直接相談をいただきました。すでに『映像研には手を出すな!』とのタイアップが決まっていたので、そちらのイメージも踏まえつつ、『グチャグチャにいろんなことが起こったり、人が増殖する合成ものがやりたい!』というchelmico2人の希望をどうやって表現するのか考えていきました。そこで思いついたのが、以前に利用したことのある4DViewsを使うことです。chelmicoのパフォーマンスをビジュアルと動きの双方から3D化することで、空間的にグチャグチャなビジュアルになって面白いのではないかと」。企画が正式にGOとなったタイミングで田向監督は、P.I.C.S.の鈴木麻雄プロデューサーに協力を仰いだ。その後、12月1日に実写撮影と4DViewsスキャンを実施。最終納品は年明け1月中旬だったそうだが、CG・VFXをはじめとするポストプロダクションは、田向監督自身が一手に引き受けた(そのマルチな才能に驚かされる)。田向監督は、きゃりーぱみゅぱみゅ『きらきらキラー』MV(2015)制作にも4DViewsを利用したが、当時は前バージョンで、スキャンできるテクスチャの画質との兼ね合いからヒキ画や素早い動きのカットに限定しての利用だったという。しかし今回は、4DViewsが2018年4月にバージョンアップしたことで、取得できる画質が大幅に向上したことから、全編にわたって4DViewsのスキャンデータが用いられた。

01 実写撮影&4DViewsスキャニング

1日で終えることができた実写撮影&4DViewsスキャン

実写合成パートとコミック調のフルCGパートに大別できる本作。先述のとおり、実写パートの背景となるハウススタジオでの撮影と、4DViewsのスキャンは、12月1日に続けて実施された。同日の午前中に行われた実写撮影は、Blackmagic Pocket Cinema CameraDJI Ronin(手持ち3軸カメラジンバル)に搭載して行われた。3つの部屋から成るハウススタジオ内をトラベリングショットで撮影されたが、CG合成を考慮してパンフォーカスかつシャッタースピードを上げて、できるだけブレゴマが出ないようにすることを心がけたそうだ。念のため、Theta Sで3部屋の360度写真も撮影されたが、完全なフォトリアルではなく、グラフィカルなCGのためHDRIは作成せず、反射用の素材として利用する程度だったという。

4DViewsは、仏4D View Solutionが開発・製造するボリューメトリック・ビデオ・キャプチャシステムである。国内正規販売代理店であるクレッセントの鈴木理之氏は次のように説明してくれた。「4DViewsは、2018年4月にリリースされた第3世代を機に『HOLOSYS』へと改められました。従来までのシルエットベースの三次元化アルゴリズムから、最新のカラー特徴点ベースのアルゴリズムに改良されたことによって顔の凹凸の再現や、色の再現性、衣服のシワなどのリアルな表現が可能になりました。キャプチャエリア内のテクスチャを完全同期された32台の専用カメラから素早く取得し、メッシュ構造とそれに最適化されたテクスチャとしてオフライン出力することができます。最近はVRブームも相まって、様々なコンテンツに利用していただいています」。グリーンバックでスキャンするため、衣装や小物は緑色を避ける必要があり、ネックレス等の細い物体は認識が難しいといった注意点はあるが、高精細な3Dデータを手軽かつ素早く取得できるメリットは大きい。今回のスキャンは、chelmicoのRachelとMamikoをひとりずつ順番に行われたが、それぞれ4テイクずつ、約3時間で終えることができたそうだ。収録されたデータは、Alembic形式の3DデータとPNG連番のテクスチャデータとして提供される。テクスチャサイズは、最初は1,440×1,440だったが、複数人数ショット向けのものが追加で提供されたという。「4DViewsの3Dデータは数フレームごとにトポロジーが変わる仕様なので、基本的にはAlembicデータをそのまま使いました。高解像度なのでさすがにビューポートでグリグリ動かせるわけではありませんが、ストレスなく作業を行うことができました」(田向監督)。

プリプロ段階で田向監督が試作したビジュアルイメージ。壁に立っていたり、増殖するといったエフェクトを加えることでアーティストの「ごちゃごちゃ感」というアイデアを立体的に描くという方向で進められた


クレッセントの4DViews収録スタジオ。直径3mの円形のエリアであり、高さは中心部で2.4m、エリア端では2.3m。VICONによる光学式モーションキャプチャを併用することでスポーツなど、速い動きや長細い小道具を用いた表現にも対応できる


アーティスト・Rachelのスキャンデータ



  • テクスチャ表示



  • シェーディング表示

ノーマルマップ表示

テクスチャ素材。2018年4月リリースの現行世代「HOLOSYS」で実装されたフィルタリング機能により、4~5フレーム単位で図のようなテクスチャが生成される(過去バージョンでは毎フレーム生成されていた)


アーティスト・Mamikoのスキャンデータ



  • テクスチャ表示



  • シェーディング表示

ノーマルマップ表示

テクスチャ素材

次ページ:
02 ショットワーク~実写合成パート~

その他の連載