>   >  VFXアナトミー:高い技術力を用いてひたむきに「格好良さ」を追求したフルCGアニメーションMV、millennium parade『Fly with me』MV
高い技術力を用いてひたむきに「格好良さ」を追求したフルCGアニメーションMV、millennium parade『Fly with me』MV

高い技術力を用いてひたむきに「格好良さ」を追求したフルCGアニメーションMV、millennium parade『Fly with me』MV

確かな技量を有するデジタルアーティストたちがひたむきに"格好良さ"を追い求めることで誕生したフルCGアニメーションMV。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 265(2020年9月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
© 2020 Sony music labels Inc.

millennium parade『Fly with me』MV
Music: Daiki Tsuneta/Director: Shu Sasaki × Yuhei Kanbe/CG Supervisor: Atsushi Saito/CG Producer:Motoyuki Kawase/CG Lead artist: Tomoyuki Iwasaki × Gento Fujiwara Supported by GHOST IN THE SHELL: SAC_2045 COMMITTEE
© 2020 Sony music labels Inc.

アーティスト冥利に尽きる格好良さを追求した野心作

現在配信中のNetflixオリジナル『攻殻機動隊 SAC_2045』のオープニングテーマ『Fly with me』。常田大希率いるmillennium paradeの新曲だが、4月29日(水)に本MVが公開され、そのスタイリッシュな映像が注目をあつめている。

<上段>左から、川瀬基之CG Pr.、岩﨑朋之CGリードアーティスト、森 智章リギングアーティスト。以上、エヌ・デザイン/<下段>左から、桑原 翼Pr.、廣田 天アニメーションDir、石野 雄アニメーションDir、玉野 希アニメーター。以上、オプティカルフォース
※齊藤 篤CG SV(フリーランス)、藤原源人CGリードアーティスト(NEWPOT PICTURES)は写真なし

本作のCGスーパーバイザーを務めた齊藤 篤氏(フリーランス)が企画の経緯を語ってくれた。「昨年末に、以前からよくご一緒させていただいているPERIMETRONの佐々木 集さんから連絡をいただきました。まだ絵コンテ等のビジュアル資料はない状態でしたが、表現としても物量としてもかなりヘビーな案件になりそうだなと思い、まずはエヌ・デザインの川瀬(基之)さんに相談し、岩﨑(朋之)さんやNEWPOT PICTURESの藤原(源人)さんなど実力派のアーティストたちに参加してもらえることになりました。本作の監督を務めた佐々木さんと神戸雄平さんは、言われたことをやるだけでは決して満足しない方々なので、積極的に提案をしてもらえる、難易度が高い表現だからこそ楽しんでくれる人たちに参加してもらうことを心がけました」。

川瀬氏が当初の様子をふり返る。「King GnuやPERIMETRONはうちの岩﨑も好きだし、案件的に興味もありました。まずは齊藤さん、藤原さん、岩﨑と自分の4人でPERIMETRONの佐々木さん&神戸さんとの最初の打ち合わせに臨みました」。
1月に行われたキックオフミーティングを経て、モーションキャプチャ収録は2月頭。そこまでは齊藤氏と神戸氏が先行してキャラクターモデリング、エヌ・デザインでは体格がわかればリグが組めるということで、モーションキャプチャ時に仮データを出せるように準備を進めた。その後ポスプロ作業が本格化し、最終的な納品は4月中旬と、公開ギリギリまで作業が続けられた。川瀬氏が全体を取りまとめ、齊藤氏はPERIMETRONに常駐し画づくりをリード。レイアウトとアニメーション作業をオプティカルフォースが一手に引き受けた。ショットワークには、StudioGOONEYSサザビーデジタル・ガーデンが参加(オンライン編集とグレーディングはKhaki)。さらに帆足タケヒコ氏ら名うてのフリーランスたちが参加し、CGチームは総勢26名超というMVとしては大規模なプロジェクトとなった。

<1>レイアウト&アニメーション

的確なディレクションと適材適所で短納期を乗りきる

レイアウトとアニメーションを担当したのは、齊藤氏がかねてより親交のあるオプティカルフォース。全101カット中、約90カットのアニメーションを、5名でつくりきったという。「本作にも参加してくれた、石野(雄)さんは前職時代の同僚で気心知れた間柄ということもありますが、今回のスケジュール の中で確かなクオリティに仕上げてくれるスタジオという意味でも、プロジェクト開始当初にお声がけさせてもらいました」(齊藤氏)。オプティカルフォースは3DCGアニメーションに特化したプロダクションだが、同社にオファーする時点でアニメーションはモーションキャプチャベースで作成することを決めていたという。本楽曲は『攻殻機動隊 SAC_2045』OPということで、キャプチャ収録は本編のアニメーション制作を手がけるSOLA DIGITAL ARTSのスタジオで行われた。MVに登場する主人公「Eugene(ユージン)」、その仲間の大柄な「Popchop(ポップチョップ)」、女の子キャラの「Fuzzable(ファザブル)」、彼らの行く手をはばむ「Tay(テイ)」というメインの4キャラ用を中心に、モブキャラ用の汎用モーションなど100以上のモーションが収録された。「アクターさんは4名いらしたのですが、皆さんアクロバティックな動きが得意なダンサーの方々で、バトルシーンではパルクールを意識するなど、PERIMETRONさんの演出は全体的に海外のストリートカルチャー的な面が強く出ていたと思います。EugeneとPopchopが歩きながらdap(拳を突き合わせる等の複雑な挨拶)する演技などは、自分たちでは思いつかないのでPERIMETRONさんの感性は素晴らしいと感じました」と、アニメーションディレクターの広田 天氏。

一連のアニメーション制作は、モーションキャプチャを最大限活用すべく可能なかぎりMotionBuilderで行い、演出的なエフェクトや芝居の動きは必要に応じてMaya3ds Maxによるキーフレームアニメーションで対応。クライマックスに描かれる夜のバトルシーンについては絵コンテがなかったため、3DCGでプリビズを作成する必要があった。このシーンを全面的に担当したアニメーションディレクターの石野氏は次のようにふり返る。「3ds MaxでBipedを使ってプリビズを作成し、それぞれのカットを詰めていくというながれで作成しました。アドリブで動きを付けて、監督や齊藤さんのチェックを受けながら、さらにエスカレートさせていきました。実際に手を動かすアーティストにとっては、とてもやりやすい手順でありがたかったですね。仕事というよりもみんなで一緒にものづくりをしているという感覚が強く、最後まで楽しく作業することができました」。


プリプロ&アニメーション

▲ 曲の2コーラス目、MV本編では01:40~02:23部分の絵コンテ


▲ 終盤の見せ場、Eugeneのダイナミックなパルクール部分のアニマティクス。これをベースにモーションキャプチャの収録が行われた


▲ モーションキャプチャ収録後、最初に作成したポストビズ(初期アニメーション)。取り急ぎモーションを流し込み、尺感とカメラアングルなどを確認した


▲ MotionBuilderでのキャラクターセットアップ。モデルはMayaで作成してウェイトを付けてからMotionBuilderにインポートしている


◀ Mayaによるアニメーション作業例


▲ MotionBuilderによるアニメーション作業例。オプティカルフォースは、プロデューサー兼アニメーションDir.の桑原氏、アニメーションDir.の廣田氏と石野氏、アニメーターの玉野 希氏と林 昇氏の5名で一連のレイアウトとアニメーション作業をつくりきった。「普段はディレクション業務が中心の廣田、石野、そして自分の3人も自ら手を動かすことで対応することができました」(桑原氏)


▲ 夜のバトルシーン、3ds Maxによるアニメーション作業例

次ページ:
<2>キャラクターアセット&ショットワーク(前半パート)

その他の連載