>   >  VFXアナトミー:オープンセットと3DCGで再現した渋谷スクランブル交差点、乃木坂46『Wilderness world』MV
オープンセットと3DCGで再現した渋谷スクランブル交差点、乃木坂46『Wilderness world』MV

オープンセットと3DCGで再現した渋谷スクランブル交差点、乃木坂46『Wilderness world』MV

実写撮影をリアルスケールのオープンセットで実施。そこへUE4ベースのエンバイロンメントを組み合わせてファンタスティックな渋谷スクランブル交差点を創出。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 274(2021年6月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda
©乃木坂46LLC



乃木坂46『Wilderness world』MV
Director / Editor:東市篤憲、Director of Photography:JUNPEI SUZUKI、Colorist:亀井俊貴、Gaffer:穂苅慶人、VFX Supervisor:桑原雅志、Finish Editor:格内俊輔、VFX Production Company:Visualman Tokyo、Rotoscope:Annex Digital、Production Company:North River、GEEK PICTURES
youtu.be/dvF5g1rvt-c
©乃木坂46LLC

国内の主要なエリアを3Dデータ化。実写同等のクオリティでリアルに再現。「デジタル・リアリティー・ロケーション」
www.digitalrealitylocation.com
運営会社:ギークピクチュアズ、ビジュアルマントーキョー
e-mail:info@digitalrealitylocation.com
(担当:高玉/西)

スクランブル交差点をリアルとバーチャルで再現

ビジュアルマントウキョー(以下、VMT)がVFXを手がけた、乃木坂46『Wilderness world』MV。無人の渋谷スクランブル交差点で踊るシーンが印象的だが、これには「Digital Reality Location」(以下、DRL)というサービスが使われている。DRLはVMTがギークピクチュアズと共同で開発・運営しており、国内の主要なエリアを3Dデータ化し、実写同等のクオリティでリアルに再現することを目指している。その第1弾となるのがスクランブル交差点周辺エリアというわけだ。「昨年は(1回目の)緊急事態宣言発令を受け、実写撮影が行えない時期が続きました。また、スクランブル交差点を無人の状態で撮影するといった事実上不可能なシチュエーションでもデジタル空間なら気兼ねなく撮影できます。本作では、DRL向けに制作した3DCG背景と、足利市内に組み立てられたスクランブル交差点のオープンセット(足利スクランブルシティスタジオ)で撮影した実写プレートを用いることで一体感のあるビジュアルに仕上げることができました」と、本作のVFXスーパーバイ ザーを務めた桑原雅志氏は語る。

<左上>VFXスーパーバイザー桑原雅志氏/<右上>左から、CGデザイナー 長塚創氏、CGデザイナー 上山雅樹氏、CGデザイナー 髙田海羽琉氏、CGデザイナー 山野幸一郎氏/<左下>CGプロダクションマネージャー 槇野貴紘氏(以上、ビジュアルマントウキョー visualman.tokyo)/<右下>フィニッシュエディター格内俊輔氏(CONNECTION cnct.work

本作の総カット数は229、そのうちVFXが介在するカットは116とのこと。昨年10月から制作がスタートし、最終的な納品は11月下旬だったというが、限られた期間でハイクオリティなビジュアルに仕上げる上でワークフローを取りまとめたのが、フィニッシュ・エディターを務めた格内俊輔氏であった。「今回は、コストパフォーマンスとスピードを重視したワークフローを心がけました」(格内氏)。むやみに高品質を目指すのではなく、監督の演出意図を的確に汲み取り、そこに求められる映像表現としての要素を限定することで、効率の良いワークフローが追求された。これを実践する上では、CG制作側からの目線だけではなく、実写撮影や演出など複数の観点からCGの利点と欠点を見定めた上で具体的な作業アプローチを決めていく必要がある。例えば、序盤と中盤に登場する荒野のシーン。撮影後に追加された設定のため、格内氏は3DCGではなく360度HDRIを用いたカメラマップで作成する手法を提案(後述)。こうした姿勢こそが格内氏の「コスパ重視」なのだ。

<1>プリプロ&実写撮影

良質な実写プレートと大量のロト&トラッキング

乃木坂46メンバーたちの実写撮影は、「足利スクランブルシティスタジオ」(ashikaga-scramble.com)で行われた。同所は、6,585㎡の敷地にリアルサイズでスクランブル交差点を再現したオープンセットであり、美術制作会社として高名なヌーヴェルヴァーグによって、JR渋谷駅の改札や道路標識のほか、道路脇の落書きなど細部まで精巧に再現されているのが特長だ。交通量が多く撮影が困難なスクランブル交差点シーンの撮影を忠実に再現できるため、映画『サイレント・トーキョー』(2020)やNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』(2020)などの撮影にも利用されている。

本作の実写撮影は、昨年10月上旬に行われた。実際のスクランブル交差点ではなく、オープンセットのため大型の照明機材を設置したり、散水が行えるため、より効果的に意図した雰囲気をつくりだせるという。特に後半に登場する夜シーンは、マゼンダやシアンのライトによるサイバーなビジュアルだが、これを実際のスクランブル交差点でセッティングするのは難しいだろう。なによりも交通や通行人を気にせずにテイクを重ねることができる利点は大きい。実写撮影には、桑原氏、CGプロダクションマネージャーを務めた槇野貴紘氏、VMTのCGデザイナー1名の3名が立ち会い、HDRI用の写真撮影やリファレンスの収集、カメラ位置等の細かな計測を行なったという。

リアルな撮影が行える足利スクランブルシティスタジオだが、課題もあるという。セットの周辺は、合成を前提としたグリーンスクリーンで覆われた壁が建てられているのだが、強い風が吹く土地柄のため壁の高さは3m程度しかない。そのため、演者をはじめとする被写体が増えるほどロトスコープとトラッキング作業が増量し、難易度も高くなるのだ。「今回はダンスパフォーマンスですし、多人数を同時に撮影するためモーションブラーが多く、髪の毛をはじめとするロトスコープ作業がとにかく大変でした(苦笑)。マーカーが隠れてしまうフレームも多いため、トラッキング作業にも苦労しました」(桑原氏)。ロト作業については、大半をAnnex Digitalをはじめとする外部パートナーに委託し、VMTのメンバーはロトのブラッシュアップと3Dトラッキング作業に注力することによって限られた期間で求めるクオリティに達することができたそうだ。

演出コンテ

▲演出コンテの一部

実写撮影の様子

▲日中の撮影

▲夜の撮影

撮影現場で収集したリファレンス

昼間のHDRI素材

夜のHDRI素材

計測

次ページ:
<2>ショットワーク~昼シーン~