>   >  VFXアナトミー:オーソドックスな手法を巧みに組み合わせ、フォトリアルかつ幻想的な"ホムンクルス"を創出。映画『ホムンクルス』
オーソドックスな手法を巧みに組み合わせ、フォトリアルかつ幻想的な"ホムンクルス"を創出。映画『ホムンクルス』

オーソドックスな手法を巧みに組み合わせ、フォトリアルかつ幻想的な"ホムンクルス"を創出。映画『ホムンクルス』

合い言葉は、知恵と勇気をふりしぼる! オーソドックスな手法を巧みに組み合わせてフォトリアルかつ幻想的なホムンクルスが誕生した。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 275(2021年7月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン)
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda

映画『ホムンクルス』
原作:山本英夫『ホムンクルス』(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)/監督:清水 崇/脚本:内藤瑛亮、松久育紀、清水 崇/撮影:福本 淳/照明:市川徳充/美術:寒河江陽子/編集:鈴木 理/特殊スタイリスト:百武朋/VFXプロデューサー / VFXディレクター:平田耕一/VFXスーパーバイザー:髙橋直太郎/助監督:岸塚祐季、加瀬 聡 In assosiation with Netflix /制作プロダクション:ブースタープロジェクト/製作・配給:エイベックス・ピクチャーズ
homunculus-movie.com
©2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

困難な状況を知恵と勇気の下、少数精鋭のVFXチームが完遂

今年4月2日(金)に劇場公開され、現在はNetflixでも好評配信中の『ホムンクルス』。ビッグコミックスピリッツで連載されたサイコミステリーの大ヒット漫画原作を、国内外で活躍する清水 崇監督が実写映画化した注目作だ。主人公・名越 進(綾野 剛)は、トレパネーションを施されたことにより、ホムンクルス(他人の深層心理が視覚化された異様な姿)が見えるようになる。そのホムンクルス表現は、巧みなCG・VFXワークによって創り出されたものだが、諸事情から急遽クランクインが決まったため、プリプロ期間は約半月と、非常に短期。さらに予算や制作スケジュールにも限りがあるため、CG・VFXの中核スタッフは5名という少数精鋭で取り組むことになったという。その内訳は、 VFXプロデューサー /VFXディレクターを務めた平田耕一氏をはじめとするVOXEL所属の3名と、VFXスーパーバイザーを務めた髙橋直太郎氏ともう1名のフリーランス2名。実は5名とも以前はピクチャーエレメント(以下、PE)に在籍しており、本作ではPEが豊富な実績を有したフォトグラメトリーを積極的に用いることで、多種多様なホムンクルスVFXを効率良くつくり出している。「とは言ってもPEが所有していたようなハイエンドの機材は使えず、費用対効果を高める上では3DCGの使いどころはできるだけ限定して、コンポジットワークでリッチな見た目に仕上げることを心がけました」(平田氏)。

  • 上段右から、VFXプロデューサー / VFXディレクター 平田耕一氏(VOXEL)、コンポジター 大野俊太郎氏(VOXEL)、中段右から、VFXアーティスト 潮 杏二氏(VOXEL)、VFXアーティスト 林 優佑氏(フリーランス)、下段、VFXスーパーバイザー 髙橋直太郎氏(フリーランス)
    voxel.co.jp

VFXカット数は100弱だが、作品を観ると、女子高生1775のシーンを筆頭に実数以上に多くのVFXワークが施されているように感じる。「できるだけ最新の技術を用いた方が作業効率とクオリティのどちらも上がりますが、相応の予算が求められます。今回は、これまでのキャリアの中で蓄積してきた知恵、そして"勇気"でなんとか乗りきりました(苦笑)」(平田氏)。「撮影現場のスタッフが協力的だったことで、乗り越えられました。ですが、製作サイドの方々にはできるだけ企画の初期から相談をしてもらいたいというのが正直なところです」と、VFXSVを務めた高橋氏。こと、ホムンクルスのようなキャラクター表現では、事前の検証や、実写撮影時の段取りが鍵となるのは言うまでもない。

<1>フォトグラメトリーの活用

撮影時の質感の重要度に応じて内製と外部委託を使い分ける

本作のVFX表現は、「序盤の歌舞伎町シーンに登場する複数体のホムンクルス」「組長(ロボット)」「1775(砂の女子高生)」「謎の女(のっぺらぼう)」「伊藤 学(金魚の水槽)」という5種類のホムンクルスと、「バレ消しや血足し、画面ハメ込み等の2DベースのVFX」に大別された。実写撮影は2019年12月末から2020年1月末までの1ヶ月間、カメラはRED Geminiを使って4Kで撮影された。ポスプロ期間は、2020年2月から11月の納品までの約10ヶ月とのこと。ホムンクルスの表現は、フルCGではなく特殊造形も用いることでコストダウンが図られた。そして、撮影現場でカメラや演出プランを組み立てていく清水組のスタイルは、CG・VFXチームにも協力的で臨機応変に対応してもらえたそうだ。

ホムンクルスの表現は、基本的には演者のフォトグラメトリーから生成した3Dモデルを加工するかたちで作成された。ただし、フォトグラメトリーについてもショットワーク時に質感を根本から作り替えることになる、組長、伊藤、伊藤の父親はVOXEL社内でフォトグラメトリーを行い、撮影時の質感を反映する必要があったり、できるだけ高精度のデータが求められた、歌舞伎町シーンのモブキャラクターのホムンクルス2体と1775については、CyberHuman Productions(CHP)の出張型スキャニングサービスによるフォトグラメトリーによって、ベースモデルが作成された。CHP委託分は、撮影から3D化、リトポ、テクスチャワークまで行われた、リグのない3Dモデルが納品された。一方、内製分のフォトグラメトリー作業はフリーランスの林 優佑氏が一手に引き受けた。「手順としては、自分たちで撮影した静止画や動画を基にRealityCaptureでメッシュ化し、ZBrushで整え、Mayaでリギングというながれです。PE時代はハイエンドの機材が使えましたが、今回、組長ロボの左腕部分の特殊造形の撮影ではターンテーブルがなかったため背もたれを外した事務椅子で代用しました(苦笑)。社内での撮影では照明をフラットに当てるのが厳しいため、見た目合わせで時には力技で仕上げたりと、いろいろと工夫しながら作業を進めました」(林氏)。ホムンクルスのボディリグは、HumanIKをベースにカスタマイズしたもので対応。1775のフェイシャルはブレンドシェイプを作成。iOSアプリのFaceAppによるフェイシャルキャプチャデータとブレンドシェイプを組み合わせて表情が付けられた。フェイシャルキャプチャは林氏自身が演じたそうだが、実写撮影時に1775を演じた石井杏奈氏にホムンクルス状態を演じてもらったリファレンス動画を撮影しておくことで意図した動きに仕上げられたそうだ。

レンダリング用HDRI素材

CGキャラクターのレンダリング用HDRI素材。作業で使用したオリジナルデータは7,380×3,690のHDR素材(異空間はOpenEXRの連番)で、参照用に8bitのJPGに変換してある。全てRICOH THETA Z1で撮影



  • ▲伊藤が水槽で表現される名越のマンション室内



  • ▲モブンクルスが登場する歌舞伎町

▲組長の部屋



  • ▲異空間における1775用のスタジオ照明。照明が変わるため動画素材



  • ▲名越のクルマ、車内での1775用HDRI

3Dモデル

フォトグラメトリーから作成したホムンクルスの3Dモデル例



  • ▲CHPに依頼した、回転ギャル



  • ▲ペラペラ男



  • ▲VOXEL社内における組長ロボ特殊造形のフォトグラメトリー作業の様子



  • ▲社内でフォトグラメトリーから作成した伊藤のモデル

フォトグラメトリー

RealityCaptureを使ったVOXEL社内でのフォトグラメトリー。各パーツの撮影枚数は200~400枚、椅子の背を取り外して即席のターンテーブルを作り、カメラを固定で撮影した。スタジオではないためフラットに照明を当てることはできなかったが、スキャン後デライト作業を行なったという

▲腕のスキャン画像。引き・寄り・俯瞰・煽り・フォーカスちがいなど6アングルから撮影



  • ▲手の甲



  • ▲手

Mayaによる調整

スキャンしたメッシュをZBrushで整えた後、Mayaで調整を行う

▲Mayaに読み込んだ腕のメッシュデータ

▲腕のルックデヴ後



  • ▲Mayaに読み込んだ鎌のメッシュデータ。鎌のスキャン時、刃の部分は反射するため新聞紙を貼り、形状だけを撮影した



  • ▲鎌および手、手の甲のルックデヴ後

次ページ:
<2>歌舞伎町シーン&組長のホムンクルス