>   >  『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』シリーズが実践する、新世代のアニメ撮影ワークフロー(旭プロダクション)
『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』シリーズが実践する、新世代のアニメ撮影ワークフロー(旭プロダクション)

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』シリーズが実践する、新世代のアニメ撮影ワークフロー(旭プロダクション)

通常アニメの撮影では、セルと背景を合成しフィルタ処理を加えるといった作業が主となるが、『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』シリーズの撮影チーム(旭プロダクション)は、自ら3DCGソフトを扱いエフェクト素材を作成するなど、新たな撮影スタイルに取り組み中だ。

※本記事は、月刊「CGWORLD + digital video」vol. 208(2015年12月号)からの転載記事になります。

最後の工程である撮影が、3DCGソフトも扱えるメリットとは

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』(以下、プリヤ)にて、3期目のTV放送を終えたばかりの本人気シリーズでは、旭プロダクションの中西康祐撮影監督率いるチーム(通称、プリヤ班)が、「セルとCGのさらなる融合」というコンセプトの下、新たな撮影ワークフローを実践している。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』PV第三弾

プリヤ班は中西氏を筆頭に、渡辺有正氏、森谷若奈氏、そして鯨井 亮氏という3人の撮影監督補佐から成る。「第1期の制作がはじまる1年ほど前にシルバーリンクさんから『この作品では、CG表現を積極的に使っていきたい』という相談をいただきました。そこで、本読みの段階から参加して監督や演出陣に3DCGを用いた表現方法や最終的なルックを早い段階からプレゼンさせていただきました」と、中西氏はふり返る。
実は中西氏自身もAfter Effects(以下、AE)でほぼ完結させるという従来までの撮影手法に限界を感じていたという。「特に水の表現をAEだけで表現するのは厳しいなと。また、撮影班でもある程度はCGを扱えるようになった方がワークフロー的にも良いのではないかと考えました」。

  • 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』撮影メイキング
  • 『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』シリーズ撮影班
    左から、渡辺有正氏、中西康祐撮影監督、森谷若奈氏、鯨井 亮氏。以上、旭プロダクション
    www.asahi-pro.co.jp


現在、プリヤ班が手がけるCGエフェクトは、破壊や流体表現、そして魔法表現まで多岐にわたる。「中西さんが新たなCGエフェクトをどんどん実践していくので、轍を道路へと整備する要領で後に続いています(笑)」(森谷氏)。
「今まではCGに撮影素材の出力をお願いする場合、どのように発注すれば良いのか戸惑うことも多かったのですが、CGを知ることでスムーズな進行が行えるようになりました。CGキャラのテクスチャに特効処理を入れる場合なども、CG班と特効班の仲介をすることで円滑なコミュニケーションが図れています」とは、渡辺氏。アニメ 制作でもCGの存在感が高まる中、プリヤ班は要注目だ。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』撮影メイキング

© 2015 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/「プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ!」製作委員会

STEP 01:ワークフロー

3DCGソフトの習得と同時にワークフローのシステム化にも取り組む
プリヤ班では、3DCGを用いたエフェクト表現やルックの開発を中西氏が一手に行い、渡辺氏がドメリカ制作(1・2期は、ラークスエンタテインメント)による3DCGが関連するカットを中心に担当。2Dエフェクトを森谷氏と鯨井氏が担当するという構成となっているが(下図)、『プリヤ』シリーズの見どころでもある魔方陣の3Dエフェクトは中西氏以外の3名でCG作業を分担している。
中西氏は本流にあたる『Fate』シリーズの世界観を継承しつつ、『プリヤ』原作者であるひろやまひろし氏や『プリヤ』の歴代監督&演出たちのイメージを汲んで新たな表現やルックを提案することを心がけているとのこと。ただ、シリーズを重ねるごとに表現は複雑化する傾向にもあるため、限られた作業期間で誰が担当しても一律のクオリティを再現できるようなワークフローの構築が急務となっていた。「昨今は作品数が増えていることもあって、業界全体で1作品あたりのスタッフ数も少数に抑えざるを得ない状況です。その意味でも『ツヴァイ ヘルツ!』では、従来以上にシステマティックなワークフローを構築しました」と、中西氏。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』撮影メイキング

© 2015 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/「プリズマ☆イリヤ ツヴァイヘルツ!」製作委員会

そこで、同じく撮影監督として活躍する飯島 亮氏(旭プロ)に相談をもちかけ、セルに特殊処理を自動で加える「セル処理」と、それを背景と合成しライティングを行う「aep変更」という2種類のAEスクリプトを開発してもらった。これらの自動処理スクリプトにより、1話300~400カットという膨大な数を1週間程度で仕上げることが可能になったという。
「多少無理をしてもクオリティの高い作品に仕上げたいですし、それが自分たちのプロモーションにもつながっていると思います。最近は他社さんからも指名をいただけるようになったので、『3DCGも扱える撮影』というスタイルが少しずつでも浸透していくと嬉しいですね」と中西氏。
プリヤ班では3DCGソフトを用いたエフェクト作業を「エフェクト開発」と呼んでおり、開発には3ds MaxをベースにPhoenix FDやRealFlow、Krakatoaなどのプラグインを使用している。そして『ツヴァイ ヘルツ!』では、エフェクト表現に定評のあるHoudini FXを新たに導入し、波打ち際といったよりスケールの大きい流体エフェクトを表現することに成功した(後述)。CGエフェクトについては、今後2~3年かけてプラットフォームをHoudiniへ移行することを目指しているそうだ。

チーム編成

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』撮影メイキング

『ツヴァイ ヘルツ!』におけるプリヤ班4名の役割分担を表にまとめたもの。中西氏が撮影監督として、シーンごとの画づくりや新たなCGエフェクトの開発、そして特に難易度の高いカットの撮影実務を担当。それを他の3人でサポートするかたちとなっている。シート打ちとタイミング撮は、旭プロの宮城白石スタジオが担当し、クランチタイムには他案件の撮影スタッフがヘルプに入ることもある

AEのコンポジション構造

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』撮影メイキング

『ツヴァイ ヘルツ!』のAEコンポジション構造を図示したもの。「セル処理」「ライティング」の2段階に撮影工程を分けることで、作業を効率化させるのと同時にコンポジションの構造を明確にしている

▶次ページ:STEP 02:「セル処理」と「ライティング」

特集