>   >  圧倒的なリアリティ! 8K×S3D×22.2ch立体音響『Aoi - 碧 - サカナクション』
圧倒的なリアリティ! 8K×S3D×22.2ch立体音響『Aoi - 碧 - サカナクション』

圧倒的なリアリティ! 8K×S3D×22.2ch立体音響『Aoi - 碧 - サカナクション』

2015年11月中旬に開催された「2015 MEDIA TECHNOLOGY!」。その目玉企画となったのが、8Kサイズの立体視コンテンツである本作だ。22.2chの立体音響、さらに会場でのレーザー演出も組み合わせた、未来感に満ちあふれた本プロジェクトの実像にせまる。

※本記事は、月刊「CGWORLD + digital video」vol. 210(2016年2月号)からの転載記事になります。

<8KにS3Dと立体音響を組み合わせた"未知なる体験"の実現を目指す

昨秋の「Inter BEE 2014」と同時開催したNHKメディアテクノロジー(以下、MT)「創立30周年記念技術展」で8K×S3D展示上映を行い好評を博したことから、本企画がスタートしたという。「昨年は、MT内で完結していたのですが、今回はさらにハイクオリティなものを実現すべく、NHKエンタープライズ(以下、NEP)さんにご協力いただきました。NEPの演出力とMTの技術力を融合させた8K×S3D作品を目指しました」と、MTの斉藤 晶氏はふりかえる。そして、本作の演出・プロデュースを務めた、NEPの田邊浩介氏が掲げた「最先端のMV」というコンセプトの下、まずはコラボレーションするアーティスト探しがスタート。「先進的な表現や技法を積極的に取り入れているアーティストということで、サカナクションさんにお願いしたところ、快諾していただきました」(田邊氏)。

  • 8K×S3D×22.2ch立体音響『Aoi - 碧 - サカナクション』
  • 左から、斉藤 晶氏(TD/ステレオグラファー)、大塚悌 二朗氏(CGステレオグラファー)、田邊浩介氏(演出/ プロデューサー)、平嶋将成氏(CG Iスーパーバイザー)、 近藤貴弓氏(オンライン編集/グレーディング)、原口麻 衣子氏(CG Iデザイナー)、高橋和也氏(CG Iプロデュー サー)、森田 輝氏(CG Iデザイナー)。以上、『Aoi - 碧 - サカナクション』映像系の中核スタッフ


8月中旬からプリプロがスタート、9月には3DCG制作に取りかかった。担当したのは田邊氏と18年来の付き合いでもあるデジタル・ガーデン(以下、DG)の高橋和也CGIプロデューサーのチーム。DGは、S3Dのみならず「NHK技研 公開2015」向け8Kコンテンツの3DCG制作も経験していた。立体設計では、20年以上の実績をもつMTが独自に開発した立体設計ツールを活用。「スクリーンが大きくなるほど視差が増すのでS3Dの効果も増すため、立体設計がさらに重要になります」とは、大塚悌二朗CGステレオグラファー。フルHDの64倍という大容量データを扱うため、制作中は相応の忍耐力が求められたそうだが、確かな立体設計により、実写とCGが見事に調和されている。「8K×S3Dは、8Kの中でも非常に特別な存在だと思います。今回はレーザー演出を取り入れるなど空間デザイン的なことまで行えたことでアトラクションをつくる感覚もありましたね。実空間と映像の融合という未知なる体感を提供できたと思います」(田邊氏)。

8K×S3D×22.2ch立体音響『Aoi - 碧 - サカナクション』

▶次ページ:
Topic 1:プリプロダクション

特集