>   >  超リアルな女子高生CG『Saya』の作者が実践する、フォトリアルキャラクター制作術|CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス個別レポ(6)
超リアルな女子高生CG『Saya』の作者が実践する、フォトリアルキャラクター制作術|CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス個別レポ(6)

超リアルな女子高生CG『Saya』の作者が実践する、フォトリアルキャラクター制作術|CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス個別レポ(6)

2015年11月22日(日)、文京学院大学 本郷キャンパスにて催された「CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス」。本稿では、世間一般からも大きな注目をあつめた超フォトリアルな女子高生CGキャラ『Saya』を生み出したTELYUKAの2人によるセッション「フォトリアルキャラクターメイキング」をレポートする。

<1>Sayaのモチーフは実在しない

この講演では、CG業界のみならず多くのニュースサイトやwebで取り上げられたフォトリアルな女子高生CGキャラクター『Saya』を生み出したTELYUKA(テルユカ)こと、石川晃之(てるゆき)氏ならびに石川友香氏の2人によるフォトリアルキャラクターメイキングと最新状況、そしてこれからの展望について語られた。

今年10月13日(火)に、友香さん自身のツイートによって公表された『Saya』。日本の女子高生をモチーフとしたフォトリアルなCGキャラクターという斬新さと、その見事な出来栄えから大きな反響を引き起こした

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

講演の様子。世間一般からも高い注目をあつめるTELYUKAのメイキング講演ということで、会場となった最大で800名以上(全834席)を収容できる仁愛ホールがほぼ満席となった

Sayaを制作するにあたり、まずコンセプトとターゲットの絞り込みが行われたという。このようなフォトリアルなキャラクターを制作をする場合、多くは実在する俳優等をモチーフにする場合が多いと思うが、そうした人物は存在しないとのこと。今作では芸能人のような整った顔立ちではなく、あえてどこにでもいそうな素朴さと、高校生というティーンエイジャー特有の透明感、そして大和撫子(やまとなでしこ)とでも表される日本の女子ならではの柔らかみのある優しさ、可愛らしさなどを念頭におきながら作業が進められた。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

DCCツールとして、主に使用されたのはMayaで、スカルプトにはZBrushを、服の造形にはMarvelousDesignerが使用された。レンダラはV-Rayを採用、テクスチャ制作はPhotoshopをベースにMARIでノーマルマップ用の素材の制御が行われた。さらにNUKEでコンポジット作業を行うことで、カラーマネジメントと物理ベースのワークフロー構築を徹底したとのこと。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

冒頭に紹介された、『Saya』のワークフローを図示したもの。講演も各工程におけるポイントを順に解説するかたちで進められた

<2>生身の人体、現実の衣服に準じたモデリングの徹底

モデリングを開始するにあたり、まず参考資料として人体の解剖学に関するものを用意し、表面的に見える要素のみならず骨格からそれを覆う筋肉、そして皮膚や脂肪等の肉感に至るまで徹底的な人体に関する理解の上で制作された。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

それは、人間という大きな括りのみならずアジアと西洋、アフリカ等人種の違いまで意識し、日本人の若い女性ならではの湿度を含んだきめ細かい肌の質感まで再現することが目標に掲げられた。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

衣装のモデリングも同様、まず実際の衣装のパターンに関する資料を元にそこからパスを作成、それをMarvelousDesigner上でシミュレーションをかけながら形状を微調整しながらより自然で美しいボディラインになるよう探っていったという。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

MarvelousDesignerによる衣装表現は非常に優れている。しかし、Clothシミュレーションを施す上で、ポリゴン数が多くなりすぎてしまいがちであり実データとしてそのまま使うには重すぎるという悩みも聞かれる。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

そこで『Saya』では、Maya上で完成した服のモデルと、パターンの状態の平面状のモデルの両方をインポート。両モデルのトポロジー情報が共通であることからブレンドシェイプでアニメーションができることを確認した上で、パターンの平面モデルに沿って理想的なトポロジーデータを作成、それをハイポリゴンの元データにwrapさせることで効率的にリトポロジーとUV作成するというワークフローを用いたという。

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

  • CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA
  • CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

MarvelousDesignerで生成した衣服モデルに対するリトポロジー作業の例

CGWORLD 2015 クリエイティブカンファレンス:フォトリアルキャラクターメイキング by TELYUKA

(左)パターンの平面モデルをガイドに、リトポロジーを施したモデル/(右)MarvelousDesignerから読み込んだ元モデル。ハイクオリティだが、それゆえに大容量(高負荷)である

▶次ページ:
<3>MARIによる3Dテクスチャリング

特集