>   >  "手軽さ"が人々の体験を変えるARサービス「アプリレスAR」
"手軽さ"が人々の体験を変えるARサービス「アプリレスAR」

"手軽さ"が人々の体験を変えるARサービス「アプリレスAR」

気になるARコンテンツを見つけても、QRコードから飛んだ先はアプリストア......そんな面倒は過去のものになるかもしれない。QRコードからすぐにコンテンツを体験できる「アプリレスAR」が切り拓く、半歩先の未来を見てみよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 246(2019年2月号)からの転載となります。

TEXT_ks
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

チーフエンジニア:諏訪芳彦氏(写真右)、竹内裕史氏(写真中央)/エンジニア:永井 歩氏、江原 圭祐氏/デザイナー:岡 翔三郎氏、河上裕紀氏、村上 由宇麻氏、西 夏央氏、三上英樹氏/プロデューサー:宇部年光氏、久松 圭氏、平 理孝氏、加賀美 正和氏、小林淳志氏/プロジェクトマネージャー:大森 充氏、鈴谷 亜紀子氏、田中幸紀氏/プロジェクトリーダー:今村和宏氏(写真左)。以上、オムニバス・ジャパン
www.omnibusjp.com

アプリレスAR
オムニバス・ジャパンが開発・提案する新しいARソリューション。スマホでQRコードを読みとってWebブラウザを開き、ARマーカーにかざすだけで簡単にARコンテンツを体験できる
https://www.omnibusjp.net/appless-ar/

「サンプルページ」
iPhone iOS 11以降 Safari:標準のカメラアプリを起動してQRコードを読み込み、Safariで各サンプルの「Open!」を開いて中央のマークにかざしてください/Android 6.0(Chrome 60.0)以降:任意のQRコードリー ダーで読み込み、Chromeで各サンプルの「Open!」を開いて中央のマークにかざしてください。カメラへのアクセスを許可することで、ARコンテンツを楽しめます
※SPECIAL CONTENTでは別途印刷が必要です
※全ての環境において動作を保証するものではありません

先々の普及を見据えて取り組んできたARの研究開発

拡張現実(Augmented Reality)は昨今多数の取り組みが見られるが、残念ながら普及しているとは言い難い。その理由をひとつには括れないが、意外と準備が面倒だという障壁もそのひとつだ。HMDなどが必要なVRと異なり、手持ちのデバイスでできる手軽さはありつつも「アプリを入れないといけない」という小さな手間が引っかかりになってしまう。「ARはこれから街中に広がるような盛り上がりをみせると確信しています。ただ、アプリのインストールを前提とするのは、現実的ではありません。これを省略したAR体験を提供できないかと2014年頃から研究を始めました」と語るのは、プロジェクトリーダーの今村和宏氏だ。「2016年まではECサイトをイメージして検証を重ねていましたが、2017年提供のiOS 11からSafariがカメラにアクセスできるようになったことを契機に、スマホ向け開発を始めました」とチーフエンジニアの諏訪芳彦氏はふり返る。

アプリレスARはオムニバス・ジャパンのクラウドサービスで、QRコード経由でURLにアクセスすればすぐに体験できる手軽さが魅力だ。長年蓄積された3DCG・映像制作力を背景として、データをギリギリまで切り詰めながらもいかに表現を妥協せず提供できるかに、並々ならぬ労力が注がれている。「依頼ごとにアプローチが変わるため、ポリゴン数やテクスチャなどの明確な目安はなく、要望に合わせてできるだけ良い画を維持したままデータ量を削っています」とは、デザイナーの岡 翔三郎氏だ。プロデューサーの久松 圭氏は「ARはより身近に街中で見られるものになると思います。そんなときに世の中を良くするARコンテンツを提供できるように、技術を高めていきたいですね」と話す。また「第4回 先端デジタル テクノロジー展に出展して以降、様々な分野からお引き合いをいただいています。映像業界だけの中にいたのでは思いもよらないARの使い道を提案されることもあり、非常に刺激的ですね」と同じくプロデューサーの宇部年光氏が語るように、日々独自のフレームワークが拡張されている。上記のサンプルコンテンツから、ぜひ多機能性を確認していただきたい。

2014年から始まったAR研究の変遷



  • 研究を開始した2014年頃のテスト。Webブラウザ上で動画要素(ここではカラーバー)を表示しつつ、その上に背景を透過させた状態の3Dモデルを表示させている


  • 2017年頃の開発中の画面。Webカメラからの映像上に3Dモデルを重ねる初期テストだ

Webバーチャル試着というテストコンテンツ。第2回 先端コンテンツ技術展(2016年)で展示された。ブラウザからのカメラアクセスがiOSでもできるようになるまでは、こうしたデモサイトのかたちで検証が進められていた

できるだけ多くのユーザー環境をフォローした設計

実機テストの様子。ここでチェックに使われているのは2013年秋にリリースされたiPhone 5sだ。「ある程度古い機種の処理能力、画面サイズでも体験を損ねないことを重視しています。カメラもデプス非対応で大丈夫です」とエンジニアの竹内裕史氏

同様に、様々なデバイスで実機テストを行う。置かれているのはチェックに使われるデバイスの一部だ。「iPhone、iPad、Androidのスマートフォン、タブレット、また直近の機種に限らずある程度旧型も含めて、見え方が変わることのないよう制作しています」(今村氏)。ブラウザは、iOSではSafari、AndroidではChromeと、OS標準のものを基準にしている。「遅めの通信環境でも体験できるかテストし、データ量は削減しつつ、見た目を妥協することのないようにコンテンツをつくり込んでいます」(岡氏)

次ページ:
積み重ねてきた経験を活かして制作するコンテンツ

特集