>   >  トップ3Dモデラーの造形が目の前に並ぶ迫力展示「ウルトラモデラーズ in TOKYO 『超色造形展』」
トップ3Dモデラーの造形が目の前に並ぶ迫力展示「ウルトラモデラーズ in TOKYO 『超色造形展』」

トップ3Dモデラーの造形が目の前に並ぶ迫力展示「ウルトラモデラーズ in TOKYO 『超色造形展』」

3月15日(金)、ミマキエンジニアリング五反田ショールームで開催された3Dモデル造形師集団「ウルトラモデラーズ」の展示会「ウルトラモデラーズ in TOKYO 『超色造形展』」の様子を紹介していく。

TEXT&PHOTO_安田俊亮 / Shunsuke Yasuda
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

3Dモデラーの作品をそのままリアルに再現!

「ウルトラモデラーズ in TOKYO 『超色造形展』」は、デジタル原型師・モデラーのアーティスト集団「ウルトラモデラーズ」による、ミマキエンジニアリングのフルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」で出力された造形作品を展示するイベントだ。業界の第一線で活躍する3Dモデラーの作品が世界最高峰レベルの発色、造形で展示されるとあって、今の3DCGモデルの最先端を体験できるイベントとなっていた。



  • 『Ric Camera』 作者:中野範章(以下、敬称略)


  • 『Virtual Sculptor』 作者:ジム



  • 『立体模写 黄道十二宮』 作者:加茂恵美子


  • 『この世界とあの世界の狭間でもなくそこにいる』 作者:福井信明

「3DUJ-553」の最大の特長は発色の良さにある。カラーインクを使用して造形するUV硬化インクジェット方式を採用しているため、造形後に着色するよりも美しい表現ができる。1,000万色以上のフルカラーが表現でき、見た目の発色も優れた造形となる。


「3DUJ-553」


出力直後のサポート材が付いた状態

プリントの精密さにも優れており、発色の良さと合わせると細かいグラデーションが非常に綺麗だ。サポート材には水溶性のインクが採用されているため、繊細なデザイン部分を手間なく除去できる。色味もデザインも、3Dモデラーのイメージをできる限りそのまま再現できる3Dプリンタとなっている。



  • 『歌川芳藤氏作 五拾三次内 猫之怪 立体図』 作者:谷岡和樹


  • 『密林の追跡者』 作者:和田真一

さらに、クリアインクを搭載しているため、透明なパーツも造形できる。3Dアーティストの福井信明氏の『森の果て。読書は沈む』という作品では、水の中に沈んだ家の室内が水泡のない綺麗な透明パーツで表現されていた。またクリア単体の表現だけではなく、小林武人氏の『シランパカムイ』のような表面にカラーを乗せた有色透明の表現も可能となってい る。



  • 『森の果て。読書は沈む』 作者:福井信明


  • 『シランパカムイ』 作者:小林武人

高さ30cmほどの作品では、出力にかかるのは40~50時間ほど。まだまだ時間がかかる一方で、表現の質としてはモデラーのイメージが、よりそのままの形で、色味も含めてリアルに再現できるようになっている。その技術の進歩には驚かされる。トップ3Dモデラーの頭の中身を、データ上ではなく立体作品として鑑賞できる迫力ある展示会だった。



  • 『PABLO PICASSO』 作者:吉本大輝


  • 『HARDBOILD CAT & WILD GEKKO』 作者:中野範章 原画:ヨシオカサトシ



  • 『Arnee アーニー』 作者:大上竹彦


  • 『Arnee アーニー』背面拡大



  • 『天道様』 作者:クッキー草 原画:ジョン平


  • 『celestial psicodelico -Kakusha 最終形態-』 作者:小林武人



  • 『Singularity』 作者:ワクイアキラ


  • 『Singularity』 拡大



  • 『不動明王』 作者:小林武人


  • 「八方睨み鳳凰図 3D」 作者:吉本大輝
    本作はCGWORLDにてメイキング取材を実施した。その際の記事はこちら

次ページ:
会場満員! 榊 馨氏らのセミナーを実施

特集