>   >  映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第3回~宇宙を始めとする神秘的な表現篇~
映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第3回~宇宙を始めとする神秘的な表現篇~

映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第3回~宇宙を始めとする神秘的な表現篇~

STUDIO4℃が長編アニメーションとして新たな命を吹き込んだ映画『海獣の子供』『CGWORLD vol.250』ではデジタル作画事例を、『CGWORLD vol.251』ではCGメイキングをご紹介させていただき、デザイナーたちの想いをさらに伝えるべく特別座談会を開催した。第1回は「海洋生物」第2回は「背景」をテーマにお伝えしてきたが、ついに最終回となる今回は「神秘的な表現」がテーマだ。物語のクライマックスを彩る宇宙を中心に、作品制作の舞台裏で施された神秘的なしかけが明らかに! コアメンバーが『海獣の子供』を語り尽くす!!

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

映画『海獣の子供』6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐 大介『海獣の子供』(小学館 IKKICOMIX刊)/監督:渡辺 歩/音楽:久石 譲/キャラクターデザイン・総作画監督・演出:小西賢一/美術監督:木村真二/CGI監督:秋本賢一郎/色彩設計:伊東美由樹/音響監督:笠松広司/プロデューサー:田中栄子
主題歌:米津玄師『海の幽霊』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:「海獣の子供」製作委員会
配給:東宝映像事業部
www.kaijunokodomo.com
Twitter:@kaiju_no_kodomo
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

神秘的な宇宙~2D的な手法でたどり着いた表現~

CGIアーティスト・稲葉昌也氏(以下、稲葉):宇宙のシーンは絵コンテの段階でも、ひと目ですごいシーンだとわかるくらい描きこんでありました。

CGIデザイナー・Alex BOIL(以下、BOIL):絵コンテの時点で、最終的なビジュアルも見据えていたんですか?

稲葉:いいえ。ビジュアルとして理解できたのは、美術によるイメージボードが上がってきてからですかね。キャラクターの身体の動き自体は作画でして、僕はその身体の内部を惑星や銀河で埋め尽くすという作業を行いました。

▲絵コンテ

▲イメージボード

CGIディレクター・秋本賢一郎氏:稲葉さんの制作手法はAfter Effectsで攻め攻めですよね!

稲葉:そうですね。After Effectsを軸にこの一連のカットをつくりました。このカットでは、螺旋状に泳ぐクジラのアニメーションとDNAのOBJデータをそれぞれMayaで作成しましたが、それ以外の作業は全てAE上で作業しています。

CGアニメーター・平野浩太郎氏(以下、平野):最初はMayaでやろうとしていたんですか?

稲葉:はじめは、MayaのnParticleや流体シミュレーションを使って、身体内部を表現できないかと模索していました。ただ、監督たちから求められていたそれらの動きをツール上で表現することは、僕にとって非常に難しくて......。さらに3DCGソフト上では上手く整合性のとれた惑星や銀河が漂った世界ができていたとしても、メインとなる身体の輪郭線自体は作画なので、それらを合成したときに果たして気持ち良いものが出来上がるのか......そんな不安がありました。なので、まず作画さんならどう描くのかという基本に立ち返りました。そこから視野を徐々に広げていくことで、2Dアニメ的な手法である「貼り込み」という技法を採用することにしたんです。

CGIデザイナー・海老原 優氏(以下、海老原):惑星などの貼り付ける素材も稲葉さんが描かれたんですか?

稲葉:素材は全て美術さんからいただいています。それらをTrapcode Particularを使って身体内部に詰めつくしました。Trapcodeのプラグインは重宝しましたね。

▲宇宙の素材

▲コンポジット後のシーン

CGIデザイナー・平原貫人氏(以下、平原):すごい密度でしたね。

稲葉:試行錯誤する過程でTrapcodeのプラグインに対する理解が深まってゆき、イメージした動きを苦なくつくることができるようになりました。また、あまり世の中で使われていないであろう使用例をたくさんあみ出すことができたと思っています。

秋本:逆再生も使っていましたよね?

稲葉:クジラが海に漂う銀河を吸引するシーンは逆再生ですね。パーティクル系はある点から放出することは得意なのですが、いっぱい散布された状態から一点にまとめることが苦手でして。そこでこのカットでは、口から銀河を放出するアニメーションをつくってから、それを逆再生させています。

秋本:すごく自然ですよね!

次ページ:
STUDIO4℃の真骨頂~精鋭スタッフたちの祭り~

特集