>   >  映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第2回~海を中心とした背景篇~
映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第2回~海を中心とした背景篇~

映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第2回~海を中心とした背景篇~

6月7日(金)より全国上映中のアニメーション映画『海獣の子供』。そのCGメイキングを『CGWORLD vol.251』でご紹介させていただいたが、本誌だけではデザイナーたちの想いの全ては伝えきれない! ......ということで開催した特別座談会。第1回は「海の生き物=海洋生物」をテーマにお話しいただき、驚きの制作事情を知ることができた。続く第2回のテーマは、海を中心とした「背景」である。独創的かつ美しい映像が特徴の本作で、CG技術はどのように背景制作で活かされているのか。今回も、ほかでは語られない裏話が続々と飛び出していく!

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

映画『海獣の子供』6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐 大介『海獣の子供』(小学館 IKKICOMIX刊)/監督:渡辺 歩/音楽:久石 譲/キャラクターデザイン・総作画監督・演出:小西賢一/美術監督:木村真二/CGI監督:秋本賢一郎/色彩設計:伊東美由樹/音響監督:笠松広司/プロデューサー:田中栄子
主題歌:米津玄師『海の幽霊』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:「海獣の子供」製作委員会
配給:東宝映像事業部
www.kaijunokodomo.com
Twitter:@kaiju_no_kodomo
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

作品世界に溶け込む海~カットごとに手法を変えて対応する~

CGIデザイナー・平原貫人氏:本作の背景制作において、CGはある意味目立たないようにしたかったんです。美術をコントロールするのは美術監督である木村真二さんなので、その意図を汲むことを第一に考えて、「CGですごいです」とか「CGで頑張りました」という感じがなるべく出ないように意識しました。

左から、CGIデザイナー・平原貫人氏、CGIデザイナー・中島隆紀氏、CGIデザイナー・Alex BOIL氏、CGアニメーター・平野浩太郎氏、CGIアーティスト・稲葉 昌也氏、CGIディレク ター・秋本賢一郎氏、CGIデザイナー・海老原 優氏。以上、STUDIO4℃ www.studio4c.co.jp

CGIアーティスト・稲葉昌也氏:そのような目標の中で、CGで海をつくるのは見ていて大変そうでしたね。

CGIデザイナー・中島隆紀氏:美術で描かれたすごいクオリティの海がある中で、そこからさらにCGで海に動きを付けるということを、自分がやることになりまして......。美術の海をCGの海に入れ替えていくんですけど、自分のつくる「CGの海」には「美術の海」と入れ替えるだけの価値があるのか、ずっと考えていました。

CGIデザイナー・Alex BOIL氏:すごいプレッシャーですね。

中島:......はい。「動く」という+αの要素をCGで加えることで、美術の海と入れ替える価値がある海にすることが目標でしたね。

CGIディレクター・秋本賢一郎氏:波の動きが「海に見えない」というところが、最初にぶつかった壁でした。海というよりも、湖とか川っぽく見えてしまったんです。


  • 初期の海

  • 最終的な海

中島:当初はどういう動きが海なのかがわからなくて......。昔の作画作品を何度も観て、海に見える動きを研究しました。結果、細かな流れとは別に大きなうねりが入っていることに気がつき、それをCGの海へ反映させています。

秋本:ハイライトや影の動きにも苦労していたようですが?

中島:そこも昔の作品をよく観察・研究してみると、CGシミュレ-ションとして有耶無耶にしていたところが見つかったんです。シミュレーションだと途中で影がほぐれちゃうことが多かったけど、形を保ったまま影を流してあげるなど、陰影も意図して動かさないと、海に見えないことがわかりました。

秋本:安海琉花が乗っている船と、奥から来る船がすれちがうシーンがあるのですが、そこのハイライトの表現は一番テイクを重ねたところかもしれないですね。

中島:まず、どうして海面がキラキラしているのか、きちんと理解していなかったことが最初のつまづきでした。「どういう光源がどこにあるから、波のどの部分が光ってキラキラして見える」みたいな原理が、全然つかめていなかったんです。

平原:実写の映像を参考にしていましたよね。

中島:そうして、ハイライトの箇所を決めたら、次は明滅感の模索でした。何コマ光って何コマで消えるか、答えがなかなか見つからなくて。

稲葉:明滅感は相当迷宮入りしていましたね。

中島: 「ずっとやっているね」、「根を詰めるとおかしくなるよ?」って、稲葉さんにも心配をおかけしました(苦笑)。

稲葉:毎日ずっと同じカットをやっていましたから......。

中島:朝起きて「こうしたら良いんじゃないか?」と思いついた案を試してみては、「前の方が良かったな......」となったり、別のカットで上手くいった方法を採り入れてみては「ちがうな......」となったりの繰り返しでした。制作初期の方で手をつけたカットですが、最後に完成したカットです。

秋本:「今なら倒せるかもしれない」と、最後に仕上げていましたね。

平原:そうやって時間をかけて探求できる環境はありがたいです。

秋本:主観視点の波は、コツをつかみましたか?

中島:つかめたと思います! 作画の波とかによくある、進行方向に伸びたハイライトが横でキラキラになる表現をCGでやれないかと、挑戦しました。海はシチュエーションに合わせて、細かく手法を変えています。

秋本:平野浩太郎さん(CGアニメーター)の鯨のセットアップのような感じですね。

中島:ほかにも、手描きのような水平の波の線が連なっていくような表現をやりたくて。距離が離れていくにつれて、線が連なって、段差の隙間も少なくなっていくことで、距離を感じられるかなと......! カメラの位置とか、カメラの動きとかに合わせてそれぞれちがう手法を採りました。

秋本:完全にセル調の波にするか、フォトリアルにするか、作品で変わりますからね。今回の波は、リアルなところはありつつ、情報を整理して、作品に適した波をつくってくれました。カメラの角度によっても答えがちがうので、難しかったと思います。

中島:シチュエーションもいっぱいありました。真上に太陽が昇ったお昼の波とか、沈みかかった夕焼けの波とか、沈んで真っ黒な波とか......。暗いけど波がある状況は伝えたいとか。終盤のカットでは、鏡面のように映り込みのある波もつくっています。とにかく、その都度対応しましたね。

次ページ:
カメラマップ~観ている視聴者に驚きを与えるびっくり箱~

特集