>   >  映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第1回〜海洋生物篇〜
映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第1回〜海洋生物篇〜

映画『海獣の子供』公開記念! STUDIO4℃のCGスタッフが語る制作の舞台裏:第1回〜海洋生物篇〜

6月7日(金)より全国上映中のアニメーション映画『海獣の子供』。漫画家・五十嵐大介氏の初長編にして、多くのファンをもつ大人気作だが、独特のタッチから映像化は困難と目されてきた。そんな前評判を覆し、長編アニメーションとして新たな命を吹き込んだのがSTUDIO4℃だ。映画『鉄コン筋クリート』(2006)などエキセントリックな話題作を多く手がけてきた同スタジオにとっても、本作はひと筋縄ではいかなかったようだ。

その苦難の道のりはCGWORLD vol.251の連載「アニメCGの現場」でもお伝えしたが、本誌だけではデザイナーたちの想いの全ては伝えきれない! ......ということで、劇場公開を迎えた本作を祝して、作品を支えたCGデザイナーたちによる特別座談会を開催した。その模様を全3回にわたってお届けする。第1回となる今回のテーマは「海の生き物=海洋生物」。鮮やかな模様の魚や小魚の群れ、そしてザトウクジラ......。裏の主人公とも言える彼らの制作には、どのような秘密が隠されているのか。CGWORLD.jpだけの特別なメイキング映像も満載! お見逃しなく!!

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

映画『海獣の子供』6月7日(金)全国ロードショー
原作:五十嵐 大介『海獣の子供』(小学館 IKKICOMIX刊)/監督:渡辺 歩/音楽:久石 譲/キャラクターデザイン・総作画監督・演出:小西賢一/美術監督:木村真二/CGI監督:秋本賢一郎/色彩設計:伊東美由樹/音響監督:笠松広司/プロデューサー:田中栄子
主題歌:米津玄師『海の幽霊』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:「海獣の子供」製作委員会
配給:東宝映像事業部
www.kaijunokodomo.com
Twitter:@kaiju_no_kodomo
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

海洋生物~「生命」を生み出すデザイナーたちの試行錯誤〜

CGIディレクター・秋本賢一郎氏(以下:秋本):本作ではCGの海洋生物が40種類以上登場します。手に寄ってくる魚とか、人間のキャラクターと一緒に泳いでまわりをまわる海洋生物に関しては作画で、後ろの賑やかしとか、作画がまったくないシーンで大量に魚がいる場合はCGを用いました。

左から、CGIデザイナー・平原貫人氏、CGIデザイナー・中島隆紀氏、CGIデザイナー・Alex BOIL氏、CGアニメーター・平野浩太郎氏、CGIアーティスト・稲葉 昌也氏、CGIディレク ター・秋本賢一郎氏、CGIデザイナー・海老原 優氏。以上、STUDIO4℃ www.studio4c.co.jp

CGIデザイナー・海老原 優氏(以下、海老原):例えば、海と空がジュゴンと一緒に泳いでいるシーンでは、海と空とジュゴンは作画で、まわりを泳いでいる魚はCGで、という感じですね。

秋本:2人がジュゴンと楽しそうに泳いでいるシーンのジュゴンをCGで描くのは時間がかかりそうだったので、スケジュール的に作画が良いと判断しました。CGの作業は、まず3Dモデルをつくることになりますが、その半分以上を海老原さんが担当しています。

海老原:キイロハギから始めて、15体以上は作成しました。

秋本:新入社員として入ってから、ずっと魚ばかりつくってもらって......。

海老原:入社したときは、まさかこんなに魚をつくることになるとは思っていなかったです(苦笑)。

秋本:彼は『ベルセルク』が好きで、映画版をSTUDIO4℃が制作していたので続編をつくれると思って入ってきたのに、えんえんと魚をモデリングさせられて......想いが顔に出ていましたね。

海老原:おかげで、魚の種類に詳しくなりましたよ!

秋本筑波大学にも研究協力をお願いしました。そこで、12種類の泳ぎ方があると知って、それに沿ってリグを入れてもらっています。

海老原:魚によって可動部分がちがうんです。骨の構造をネットで検索して、どういう形になっているか見ながらつくっていきました。今では、骨の形を見れば、だいたいどこが可動するかわかるまでになりました。


  • ツバメウオの3Dモデル。左がアニメーションモデルで、右がローモデル

  • ツバメウオのセットアップ。ローモデル(右)では動いても見えないヒレや口などは骨を抜いてシンプルにしている

CGIデザイナー・Alex BOIL氏(以下、BOIL): 今はYouTubeとかで手軽に動画を見られるので、すごくラッキーな時代だなって感じます。映画『ライオン・キング』(1994)のアニメーターは本物を見て描いたと聞きました。それはそれですごいことですけど、いつでも手軽に見られるという点では、便利な世の中になったなと。

秋本:われわれも水族館に行って、実物の海洋生物を見ました。

CGアニメーター・平野浩太郎氏(以下、平野):行きましたね。ただ、僕の担当したヴィーナス(※)だけは実物を見られていないんです。

※:劇中で象徴的な存在のザトウクジラ

BOIL:クジラを実際に見るのは難しいですよね。

平野:ホエールウォッチングでもなかなか見られないくらいですから......。ジンベエザメなら、子どもの頃に海遊館で実物を見た記憶があるんですけど。そこでザトウクジラはYouTubeなどの映像を観て作業しました。

海老原:エイとかライオンフィッシュミノカサゴもつくられていましたよね?

平野:つくりましたね。エイとかは口のまわりが難しくて。どんな構造になっているのかよくわかりませんでした。図鑑を見ても、見たい部分が見られるわけではないので、結局それも映像をひたすら探して、見て、モデリングしています。

BOIL:ネイチャー系のドキュメンタリーとかの映像も大量に見ました。

平野:僕は映画『オーシャンズ』(2010)をめちゃくちゃ観ました。もう何回観たかわからないくらいですよ。

秋本:でも、そういう映像を観ると大体打ちのめされちゃって......。イルカが気持ち良い動きをするなぁとか。

平野:そりゃ実写映像は「現実世界のシミュレーション結果」ですからね(笑)。自分も実写映像を見て、8Kどころじゃない無限ピクセルのすごさに打ちのめされました。今回はテクスチャが特徴的ということもあったので。

秋本:原作の雰囲気を出すために、テクスチャにタッチを描き込んでいますよね。

海老原:描き込んだテクスチャをベースモデルに使って、さらにAfter Effectsで加工しています。

平野:テクスチャを工夫することで、『海獣の子供』らしいオリジナルの魚たちが生まれました!

秋本:テクスチャは基本的に4Kで描いていて、ザトウクジラに関してはそれこそ8Kのものもありましたね。

平野:正直、8Kの恩恵はそれほど受けられなかったです......。8Kだと結構寄ることができるので、恩恵を受けているといえば受けているんですけど。ほかにしなければいけないことがいろいろありすぎて、8Kがどうでもよくなっていきました......(笑)。

海老原:ザトウクジラは大変そうでしたね......。原作漫画を読んで「原作ならこう描くかな」とテクスチャを描いてみたんですが、原作は漫画表現だから成り立っているというところもあって、そのまま描いたテクスチャを魚に貼り付けると上手くいかなかったんです。

秋本:原作の情報量だと多すぎてしまうこともあって、奥の方でCGの魚が泳いでいるときに、テクスチャが過密な感じに見えてしまうんですよね。

平野:ライオンフィッシュミノカサゴも、群れの中だとサイズは小さいのに、テクスチャの情報量が多すぎて潰れがちで、ほぼ使えませんでした。単品で見るとラスボス感があってカッコ良いんですけどね。

秋本:原作の雰囲気とCGアニメとしてのバランスをとるために、描いては消してと繰り返し描きました。


  • ライオンフィッシュミノカサゴの設定画(仮色)

  • CGによるライオンフィッシュミノカサゴ(本番色)

次ページ:
魚群~CGの強みを活かしたCGでしか描けない迫力の映像を創生する~

特集