>   >  「Solaris」を代表とする作業効率を上げるバージョンアップ、~Houdini 18 レビュー
「Solaris」を代表とする作業効率を上げるバージョンアップ、~Houdini 18 レビュー

「Solaris」を代表とする作業効率を上げるバージョンアップ、~Houdini 18 レビュー

今回はリリース目前のHoudini 18をひと足先に紹介する。先日SIGGRAPHで発表されたSolarisを中心に新機能をレビューしたので、ぜひ参考にしてほしい。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 256(2019年12月号)からの転載となります。

TEXT_北川茂臣 nomoreretake.net
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)

Houdini 18
リリース:2019年11月
価格:230,000円(Houdini Core/ノードロック)、517,500円(Houdini FX/ノードロック)ほか
販売元:インディゾーン、ボーンデジタル
www.sidefx.com/ja/products/houdini/whats-new-in-18
※今回のレビューは正式リリース前のビルドを基にしたものであり、ここに記載された以外にも新機能が搭載されています。

Houdini 18 Sneak Peek from SideFX Houdini on Vimeo.

より強力に、かつ効率良くHoudiniの進化が止まらない

近年のHoudiniのバージョンアップは単なる機能強化に留まらず、作業効率UPのための考え方やしくみが、より広い視野で提供されているのが印象的です。前バージョン17.5で追加されたPDGに驚いたのも記憶に新しいですが、今回のバージョンアップはそれ以上に驚かされる内容になっています。Houdini 18の目玉は何といってもSIGGRAPH 2019で発表された「Solaris」です。Solarisとは、ルックデヴ、レイアウト、ライティング、レンダリングの工程を、USDを用いて包括的にノードベースで管理運用するためのシステムの総称です。これに伴い、Houidini 18では新たなContextとしてLOPsが追加され、そのための専用ノードなども数多く追加されました。また、その一環として追加された新たなビューポートレンダラ「Karma」の実装も見逃せません。

シミュレーション関連ではPyroが大幅に改良されており、より低コストで効率的なシミュレーションが行えるようになっています。剛体シミュレーションまわりも変更が加えられており、SOPレベルで簡単にネットワークを構築できるようになったり、シミュレーション結果をより直観的にコントロールできる機能が追加されたりと、ユーザーが求める結果をより簡単に得られるよう改良されているのが印象的です。ほかにも、ビューポートの機能追加、新規SOPノードや既存SOPノードの強化改良など、盛りだくさんのバージョンアップとなっています。

本稿ではこうしたHoudini18のアップデート内容から、特に注目すべき機能に焦点を絞って紹介していきたいと思います。なお、今回のレビューで記載する内容は開発中のビルドであるため、実際にリリースされた際には機能や表記に差異がある場合がありますので、ご注意ください。

<1>USDとSolaris

USDによる並列非破壊ワークフローを実現

SolarisはUSD(Universal Scene Description)を用いたレイアウト、ライティング、レンダリングなどのシーン構築作業を包括的に管理運用するためのシステムの総称です。USDとはPixar Animation Studioが開発したオープンソースのシーン記述方法、およびそのファイルフォーマットです。3Dアセットとシーンの効率的な構築、そして並列非破壊ワークフローを目的として開発されたもので、あえて簡単に言うならAlembicやFBXのスゴイ版といったところでしょうか。USDの一番の特徴は、異なる工程のユーザーが同じシーンを非破壊に扱うことができる点です。3DCGの各制作工程(モデリング、アニメーション、エフェクトなど)ごとに独立したUSDファイルをもち、それらをPhotoshopのレイヤーのように、ステージ上に重ねながら合成、更新することで、各工程のUSDの情報を壊すことなく、ひとつのシーンをつくり上げることが可能です。

このUSDを扱うために、Houdini18では様々な機能が追加されています。まず新しいネットワークタイプとしてLOPs(Lighting Operators)が追加されました。LOPsは一見SOPsと似ていますが、扱うデータが異なります。SOPsが扱うのは、Houdiniのジオメトリですが、LOPsはUSDデータを扱います。USDはデータ構造や操作に独自のルールがあり、それに沿ってシーンを合成、構築していく必要があるのですが、LOPsにはそのためのノードが多数用意されています。ユーザーはLOPsネットワーク内で、ノードを繋げ合わせることで、USDにまつわる様々な操作することが可能となっています。Solarisの実装により、プロジェクトでのシーン管理や作成がより効率的に行えるようになることが期待されます。

新しいネットワークタイプLOPsの追加

SolarisのDesktop画面。Solaris作業用に新しくいくつかのPaneが追加されました。例えば画像左上のPaneはScene Graph Treeで、USD内のシーン階層を確認する際に利用するほか、プリミティブごとのビューへの表示などのコントロールも行えます
Images courtesy of Yiquen Cheng and Emily Fung



  • ネットワークビューでLOPsはstageとして表されています



  • LOP Networkノード

LOPsノード。これらのノードを用いてUSDデータを操作、ネットワーク構築します

USDはスケーラビリティも有しており、巨大なアセットや大量のインスタンスでも、それほどパフォーマンスを落とすことなく操作することができます

次ページ:
<2>Karma

特集