>   >  3DCGで背景を効率的に描こう!  漫画制作で使える3DCGの便利TIPS
3DCGで背景を効率的に描こう!  漫画制作で使える3DCGの便利TIPS

3DCGで背景を効率的に描こう!  漫画制作で使える3DCGの便利TIPS

創作に3DCGを積極的に採用している漫画家・村川和宏氏による解説。漫画家ならではの現場で使えるTIPSを紹介してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 259(2020年2月号)から、一部加筆しての転載となります。

TEXT_村川和宏
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihra(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)

  • 漫画作品の背景にBlenderを使い3DCGを活用しています。以下、Blenderを活用した作品です。『マンガでマスター(3)将棋教室』(ポプラ社)、『小学館版学習まんが 世界の歴史 14 ゆれる中国』、『小学館版学習まんが 世界の歴史 15 第一次世界大戦とロシア革命』(小学館)、将棋と歴史、Blenderの参考書にどうぞ!
    Twitter:@murakawazuhiro
    主な使用ツール:Blender2.81a/CLIP STUDIO PAINT EX 1.9.7
    ©Murakawa Kazuhiro

手描きと馴染みの良いルックの背景を目指す

日本の雑誌などに掲載される漫画はコスト面から1色で印刷されることが多いため、原稿も黒インクとペンで描かれてきました。今の時代はPCやタブレット、スマートフォンなど高精細な液晶画面のデバイスがあるので、電子書籍のカラーで制作された漫画作品を読む機会も多くなりました。しかし、それでも漫画原稿は白黒二値の画像データでつくるのがひとつ基本となっています。今回は白黒二値を基本とした漫画原稿をつくることを目的とした3DCG活用法を紹介したいと思います。

ところで漫画は人物やキャラクターをはじめ、背景や小物、コマ枠、吹き出し、効果線、描き文字といった複数の要素で構成されています。また、作家さんにより制作フローも千差万別でひと口に「3DCGを活用する」と言っても利用シーンは様々です。背景はもとよりキャラクターも3D素材を使うといった方もいますし、パースのアタリとしてシンプルに使う人もいます。私の場合は人物やキャラクターなどは手描きで、背景や小物を3DCGでレンダリングした素材でつくっています。そのため、今回は背景素材を3DCGで描くことを前提に進めます。できるだけ手描き部分と馴染みの良いルックの3DCGを使用した背景素材を目指します。

<1>Freestyleで「描く」

アナログの漫画原稿はGペンや丸ペンといったつけペンで描かれています。つけペンで描かれた線には手描き特有の強弱やブレがあり、細い線から太い線まで様々な表現ができます。現在あるCLIP STUDIO PAINTなど、漫画やイラスト制作を目的としたソフトには、つけペンの線に近い表現ができるペンツールがあり、デジタルであってもアナログ的な絵を描くことができます。しかし、3DCGのレンダリング画像から起こした線は均一な線になる場合が多く、手描きの線素材と合わせると、そのままでは不自然な印象になってしまいます。

そこでオススメなのがBlenderの「Freestyle(フリースタイル)」です。Freestyleは3Dモデルを線画としてレンダリングする機能です。設定により線に対して様々な表現ができるので、手描きの線との相性も良いと思います。Blender 2.81aでアルファ付きのFreestyleの線画素材を出力する場合、基本的にはレンダーエンジンはCyclesを使用するのですが、今回はCyclesよりレンダリング速度が速いWorkbenchを使用します。WorkbenchにはFreestyleの設定項目がないのですが、同一シーン内であればEeveeの設定が一部反映されるので、それを利用します。

1.Freestyleの設定



  • CLIP STUDIO PAINT のペンツールで描いた線の拡大図です



  • Freestyleでレンダリングした線です。線の強弱やにじみ的な表現がFreestyleでは可能です

EeveeでFreestyleの設定をします。[レンダープロパティ→Freestyle]でFreestyleを有効にし、ライン幅を6pxに設定します。1色印刷物を前提としている漫画原稿では、画像サイズが縦幅で7,000px、横幅で5,000pxを超える高解像度なものになります。映像作品も最近は4Kサイズのものが多くなってきましたが、漫画作品の原稿の画像サイズはさらに大きなものとなります。そのため作家さんの絵柄にもよりますが、私の場合Freestyleのライン幅を5~6ピクセルくらいで設定することが多いです

2.モディファイアーによる線の設定

Freestyleはモディファイアーによる様々な設定ができます

[Freestyleラインスタイル→幅]にあるストローク追従を使用し、カーブを設定します。カーブは線の始点から終点までの線の太さを表しています。線に「入り」「抜き」の表情を付けることができ、さらにモディファイアーのノイズを追加し、線のブレや乱れといった表現を入れアナログ素材感を出します。また、線の太さも重要です。物の形をつくる外側の線が太く、内側の線が細いと、さらに漫画の絵に合う表現になります。[Freestyleのラインセット]で描画される辺の条件を設定すると、太い線と細い線の使い分けができるようになります

3.Workbenchへの切り替えと線の色の変換

レンダープロパティ→レンダーエンジン]でEeveeからWorkbenchに切り替えます。Freestyleでレンダリングした線画素材を抽出しやすいように、[照明]を[フラット]、[カラー]を[シングル]で白色にそれぞれ設定します

同様に[ワールドプロパティ→ビューポート表示→カラー]の設定を白色にします

この設定でレンダリングすると、白地にグレー色のFreestyleの画像が出力されます。現行のBlender 2.81ではWorkbench上のFreestyleの線に色を指定することができず、グレーでレンダリングされます。そこでコンポジターを使用しグレーの線を黒に、白地を透明にそれぞれ変換するノードを組みます

次ページ:
<2>コンポジットノードによる線画

特集