>   >  ガリベンガーV オリジナルVTuber「ブイ子」VRoidメイキング大解説! TV番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』
ガリベンガーV オリジナルVTuber「ブイ子」VRoidメイキング大解説! TV番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』

ガリベンガーV オリジナルVTuber「ブイ子」VRoidメイキング大解説! TV番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』

バイきんぐ・小峠英二とVTuberたちによるバラエティ番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』VRoid Studioで制作された番組オリジナルVTuber「ブイ子」の3Dモデルを軸に、VRoidのポテンシャルを最大限活用したコンテンツ制作の裏側を紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 261(2020年5月号)からの転載となります。

TEXT_伊藤彰宏/itopoid(テレビ朝日)
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada(CGWORLD)

『超人女子戦士 ガリベンガーV』テレビ朝日にて木曜深夜1時26分より放送中。また、番組公式YouTubeにて平日毎日22時にオリジナル動画をプレミア公開中
教官:小峠英二(バイきんぐ)/ナレーション:水木一郎/ガリベンガーV:電脳少女シロ、ほかゲストVTuber/番組AD:ブイ子
www.tv-asahi.co.jp/garibenv

VRoidの本質は「どう使うか」VTuberブイ子・開発秘話

2019年4月からテレビ朝日にて放送中のバラエティ番組『超人女子戦士 ガリベンガーV』。小峠教官(バイきんぐ・小峠英二)と超個性的な講師と共に、地球にはびこる難解な現象を日夜解き続けるVTuberたち。そんな秘密組織ガリベンガーVが戦力増強のため同年6月に決戦兵器として新開発したのが、番組オリジナルVTuberの「ブイ子」だ。

  • 左から、ディレクター・タカマツD氏、アシスタントディレクター・ブイ子氏、ディレクター・カネケン氏、ディレクター・イトウD氏(以上、テレビ朝日)
    www.tv-asahi.co.jp

ブイ子には業界を揺るがす「誰でも中に入れる」モードチェンジ機能が搭載されており、多数のデザインバリエーションが存在する。デビュー時は番組の「AD(アシスタントディレクター)モード」として登場し、10月には小峠教官自身がVTuberになった待望の「小峠モード」が爆誕した。翌年3月の有料配信イベント『超人女子戦士 ガリベンガーV ヒロイン危機一髪!筋肉&妖怪大進撃!!』では、悪漢から市民を守るべく激しいアクションと雷撃によって敵をなぎ倒す「バトルモード」が登場し人気を博した。

そんなブイ子の3Dモデルは、ピクシブ株式会社が提供する3Dキャラクターメイカー「VRoid Studio」で制作されており、テクスチャペイントを除くモデリング作業は同ソフト内で全て完結している。他の3Dモデリングソフトを制作工程に挟まない純粋なVRoidモデルのため、VRoidの最大の特徴である「衣装テクスチャ差し替えによる着替え」「髪型モデリング機能によるバリエーション制作」「直感的な髪揺れボーン機能による活用シーンごとの微調整」「VRoidプラットフォームとの連携サービスへの拡大展開」といった要素を全て活用することができる。

本稿では、3Dキャラクターのバリエーション制作やコンテンツ制作をスピーディかつ高クオリティで実現するVRoid Studioの機能解説を実現すべく、これまで厳重に秘匿されてきたわれらがガリベンガーVが誇る決戦兵器・ブイ子の極秘レポートを同番組の制作スタッフがお届けする。

<1>共通テンプレート&テクスチャ制作で実現する着替え

VRoidの真骨頂は低コストで実現する無限の衣装

ブイ子には現在20種以上の衣装/モードが存在する。これらを実現するのがVRoidの「衣装編集機能」だ。上半身、下半身、アクセサリ、靴といった衣装カテゴリに数種類のデザインテンプレートが用意されており、キャラクターデザインの印象を大きく左右する上半身には、ワンピース、制服ベスト、Tシャツ、パーカー、ロングコートなどといった全14種類のテンプレートが存在し、そのシルエットはパラメータで直感的に調整可能だ。ブイ子で最も活用されている「ワンピース(長袖)」テンプレートには、スカートを広げる、袖口の広がり、ウエストをゆるめる、スカートの長さ、スカートを膨らませる、スカートをすぼめる、袖の広がり、袖の絞り、肩を平らにする、といったシルエット調整パラメータが実装されており、パラメータに合わせて揺れものボーンなども自動で反映される。さらにテンプレートの上に乗せるテクスチャはアルファチャンネルに対応しており、ワンピースの下部分をカットすることでカットソーをつくり、下半身には別のテンプレート(例:ズボン)を設定することも可能だ。モデル素体の体型もパラメータで変更可能で、体型に合わせて衣装の形状も自動的に最適化される。VRoidの衣装は「テンプレートを選ぶ→パラメータを設定→テクスチャを乗せる」ことで完成するため、専門的なモデリング知識は不要で、直感的かつスピーディにデザイン考案とモデル制作が可能だ。

この機能を活かして制作されたのがブイ子の各モードだ。「ADモード」は生身の出演者と共演することを想定し、リアルクローズな衣装で、画面内で無闇に演者とぶつからないスッキリとしたシルエットにデザインされている。「部屋着モード」は公式YouTube生配信のバストアップ構図で画面映えするカラーリングとフォルムが意識されている。「ノーマルモード」は全モードの基となる基本モードとして、デザインはキャラクター性を強化すべく記号性と情報量を意識し、衣装シルエットは今後いかなる企画要件が発生しても対応可能なよう、モデルの可動域を邪魔しないよう設計されている。「私服モード」は実写写真との合成グラビアに特化したモードで、現実世界に馴染む質感を高めたテクスチャと、ポージングの際に破綻しにくいシルエットをもち、あらゆる構図で「やりすぎず地味すぎない」画づくりが成立するよう設計されている。このように、「モードチェンジ」という設定と衣装機能(パラメータによる形状デザインとテクスチャワーク)の両輪を組み合わせることによって、コンテンツの種類に合わせてモデル自体のデザインをスピーディに最適化する制作体制を実現している。

応用力の高い「ワンピース(長袖)」メッシュ

VRoid Studio衣装編集画面。ワンピース(長袖)のデフォルトテクスチャを表示

衣装バリエーションで実現する多様なコンテンツへの最適化 



  • ADモード:ワンピース(長袖)+ズボン



  • 番組本編での登場シーン



  • 部屋着モード:ワンピース(長袖)+ズボン



  • YouTube Liveでの配信画面



  • ノーマルモード:ワンピース(長袖)+制服スカート



  • 物語性を表現するスチル



  • 私服モード:ワンピース(ペンシル)



  • 観光コンテンツ用の実写合成グラビア

そのほかにも、ワンピース(長袖)の「アナウンサーモード」、制服ベスト+制服スカートの「制服モード」、リリースされたばかりの新テンプレート・ロングコートの「白衣モード」、ワンピース+制服スカートの「小峠モード」、ワンピース+制服スカートの「バトルモード」などが存在する

次ページ:
<2>「絵を描くような」髪モデリングとボーン入れ

特集