>   >  コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<2>現像からスティッチ処理まで
コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<2>現像からスティッチ処理まで

コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<2>現像からスティッチ処理まで

月刊CGWORLD 262号(2020年6月号)では、昨年5月に発売されたフラッグシップモデル「RICOH THETA Z1」を用いたHDRI制作術と使い勝手をガチンコで検証。CGSLABのハヤシヒカルさんと是松尚貴さんによる、HDRI制作フローを2回に分けて解説。第2回は、撮影データの現像からHDRI化、そしてステッチ処理までの手順を紹介します。

※本記事は、月刊「CGWORLD + digital video」vol. 262(2020年6月号)からの一部転載となります。

TEXT_CGSLAB
テクスチャスキャナの作成 / スキャン。3Dスキャナ、フォトグラメトリー等を用いた3Dスキャニングなどのサービス、研究開発をしています。

関連する記事

コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<1>撮影編
【サンプルデータ配布】RICOH THETA Z1で実現! コスパ最高の HDRI制作術



<STEP 3>現像処理

色を適切に扱う上では、この最初の現像処理が非常に重要となります。現像処理にはTHETA Z1のRAW(DNG)が読み込みが可能で、リニアライズが適正に行えるオープンソースソフトウェア「darktable」を使用します。

同様の現像ソフトウェアでは「RawTherapee」(オープンソースソフトウェア)も選択肢に入りますが、THETA Z1で撮影した画像へのデノイズの相性とオペレーションの簡単さからdarktableを使用しました。ロゴスコープではlibrawでTIFF現像を行い、NUKEのOCIOでIDTデータを適用するフローを採用しているそうですが、今回は誰でも導入しやすいdarktableによる現像フローに対応していただきました。

www.darktable.org

<1>カラープロファイルの読み込み設定
事前に亀村氏によるTHETA Z1のIDT(Input Device Transform)をdarktable向けにICCプロファイルを化したものを提供いただいたので、こちらを使用して現像処理を行なっていきます。Windowsの場合、darktableのカラープロファイルの読み込み先は以下のいずれかのディレクトリになります。

		
		C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\darktable\
		
		C:\Program Files\darktable\share\darktable\
	

こちらのdarktableフォルダにダウンロードしてきたcolorフォルダをそのままコピーして配置します。これでTHETA Z1のIDTがdarktabkeカラープロファイルの設定で利用可能になります。提供するプロファイルは以下の名前になっているのでご確認ください。

		
		入力プロファイル:
		in/THETA Z1(Input Device Transform developed by logoscope).icc
		
		出力プロファイル:
		out/REC2020(Rec709 Gamma).icc
	

プロファイルの追加パスは、プロファイルの項目にマウスオーバーすることで表示されるポップアップヘルプでも確認できるので、もしWindows以外で作業している場合はそちらのパスに配置してください



<2>事前設定
また、darktableでカラープロファイルを扱うための事前設定として、darktable設定を開いて[内部オプション]タブにある「出力用カラー・プロファイルを適応するのに常にLittleCMS 2を使用します」を有効にしておきます。 LittleCMSとは、ICCプロファイルを利用するためのオープンソースライブラリで、こちらを有効にすることで配置したIDTを利用して適切に現像処理後の画像データを書き出すことが可能となります。



<3>テンプレートスタイルの読み込み

  • 配布のテンプレートスタイルを読み込みます。ライトテーブルタブのスタイルカテゴリから[ インポート]で「THETAZ1HDRI _2020.dtstyle」を選択して読み込みます。
    これで準備は完了しましたので、THETA Z1で撮影したRAW(.DNG)を読み込んで現像書き出しを行なっていきましょう。


<4>スタイルを適用しての書き出し

  • ドラッグ&ドロップか、インポートの[画像]または[フォルダ]で撮影データを読み込みます。初回のみ配布してるスタイルデータのICCプロファイルの設定がPC依存のため、更新が必要となります。いずれか1枚読み込んだ.DNGファイルを選択し、読み込んだ「THETAZ1HDRI_2020.dtstyle」スタイルをダブルクリックで適用します。
    次にダークルームへ移動し[カラープロファイルを入力]を入力で、入力プロファイルを「THETA Z1(Input Device Transform developed by logoscope)」に、出力カラープロファイルを「REC2020(Rec709 Gamma)」に変更します。
    再度ライトテーブルに戻り、[スタイルを選択→編集]で[出力カラープロファイル][カラープロファイルを入力]の更新にチェックを入れ保存します。

  • 続けて、読み込んだ全ての画像を選択してライトルームタブの[選択画像をエクスポート]を開き各種設定を行なっていきます。
    ターゲットストレージは特に変更しなければ読み込んだ画像フォルダに書き出し用のフォルダが生成されて配置されるので、こちらは任意に変更してください。フォーマットオプションについてですが、亀村氏によるとACESは16bit float非圧縮が規定となっているため、EXIFメタデータ付きのHDRを書き出したい場合はプロファイルを「REC2020(Rec709 Gamma)」として「TIFF(8/16/32-bit)」の「ビット深度:16bit」に設定することが推奨フローとなります。
    併せてインテントが[絶対的な色域を維持]、一番下のモードが[履歴の交換]になっていることを確認します。また、[スタイル]には先ほど読み込んだ「THETA_Z1_HDRI_IDT_REC2020」を選択することで、個々にスタイルの適用をしなくても自動でスタイルを適用して書き出しすることが可能となります。最後に[エクスポート]のボタン横の設定から「exifデータ」が有効になっているかを確認してから[エクスポート]をクリックして書き出しを行なってください。

一度エクスポート設定ができれば以降は、[読み込み〉選択〉エクスポート]のみの作業で済みます



次ページ:
<STEP 4>HDR化処理

特集