>   >  コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<1>撮影編
コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<1>撮影編

コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<1>撮影編

HDRI用の撮影を行う際にRICOH THETAシリーズを利用している人は多いはず。昨年5月に発売されたフラッグシップモデル「RICOH THETA Z1」は、RAW撮影にも対応したことでACES対応のワークフローをより手軽に構築できるようになりました。
そこで月刊CGWORLD 262号(2020年6月号)では、実写VFXの現場でCGSLABとロゴスコープ全面協力の下、その制作術と使い勝手をガチンコで検証。RICOH THETAを初代から使っているというCGSLABのハヤシヒカルさんと是松尚貴さんによる、HDRI制作フローを2回に分けて解説します。第1回は、全体的なワークフローと写真撮影の方法について。アプリケーションの操作から実写撮影時のポイントまでわかりやすく、丁寧に解説しているのでぜひチャレンジしてみてください!

※本記事は、月刊「CGWORLD + digital video」vol. 262(2020年6月号)からの一部転載となります。

TEXT_CGSLAB
テクスチャスキャナの作成 / スキャン。3Dスキャナ、フォトグラメトリー等を用いた3Dスキャニングなどのサービス、研究開発をしています。

関連する記事

【サンプルデータ配布】RICOH THETA Z1で実現! コスパ最高の HDRI制作術

コスパ最高! RICOH THETA Z1を利用した ACES対応HDRI制作フロー<2>現像からスティッチ処理まで



はじめに

従来ではHDRIを作成しようした際に、魚眼レンズと一眼カメラ、ノーダルポイントを補正するためのリグや三脚と、非常に多くの機材とそれを運用する撮影スキルが必要でした。そうしたHDRI制作において、今回は新たにフラグシップモデルとして登場したRICOH THETA Z1(以下、THETA Z1)を活用して、コンパクトかつ簡易な方法をご紹介、解説していきます。

本記事はCGSLABサイト内で公開したTHETA Z1を活用したHDRI制作記事「RICOH THETA Z1のRAWデータとフリーソフトを活用した高品質HDRI作成」ロゴスコープ/亀村文彦氏と協力して、より色精度などの検証も含めACES対応のプロダクション向けのHDRI作成フローを解説していきます。

THETA Z1では最大絞りF5.6、シャッタースピード1/25000でISO80の最も暗い露出設定で19.9EVでの撮影が可能となり、一眼レフカメラでは20〜24EV前後ですので十分に利用可能なHDRIが作成可能な機種となっています。この19.9EVで1000W相当の光源が収めきれます。HDRI作成において撮影時に光源の明るさを十分に収めきれるかどうかは、ライトとして使用する場合の光源精度に大きな影響を及ぼします。なお晴天の太陽を完全に収めきろうとした場合は、ND4000(12Stop)相当を含めた32EV前後での撮影が必要と言われています。

解像度も1型イメージセンサーの搭載で、より高解像度な7K(7,296×3,648)撮影が可能になり、ライティング用としては2~4Kが一般的ですので十二分な解像度と言えます。THETA Z1ではこうした機能搭載によって従来機よりも高額にはなりましたが、他社から発売されている類似の360度撮影カメラでRAW撮影と同等の露出設定が可能な機種は現時点ではありませんし、前述した機材などを揃えるとこの金額では難しくなります。必要十分の機能をよりコンパクトに運用することが可能となりました。



THETA Z1によるHDRI制作のメリット・デメリット

<メリット>

・シンプルな機材構成で済ませることが可能で、導入コストが安く抑えられる
・データ精度としてみたとき一眼レフとほぼ遜色ないHDRIが作成できる
・レンズの設計上フレアが発生しにくい
・光源で生じるスパイク状のフレアも出にくいため、レンダリングした際にリフレクションに影響が出にくい
・1回のマルチブラケット撮影で完結できるので、データ管理が行いやすい

<デメリット>

・AndroidをOSとして搭載したことで完全OFFからの起動に時間がかかる
・スリープモードであればすぐに起動するが電池消耗が増加する 電池消耗がわりと早いため、現場運用時はモバイルバッテリーなど外部電源の用意が必要
・用途によっては画質面で劣る
・設定によっては一眼レフより撮影に時間がかかる
・一眼レフ撮影のようにカメラの反対に隠れて撮影者が写り込まないということがしづらい
・遠隔撮影の場合、接続が不安定なことがある



THETA Z1を用いたHDRIワークフロー

  • それでは実際にTHETA Z1でのHDRI作成フローについて紹介していきましょう。
    大きなながれとしては事前設定、マルチブラケット撮影、現像、HDR化、スティッチ処理の5つの工程に分かれています。NUKEやPTGuiといった有償ソフトウェアを使ったよりプロユース向けの解説をしていきますが、無償ソフトウェアを使用した方法については先述したCGSLABサイトの記事をご参照ください。


CGWORLD.jpにて、一連のサンプルデータを配布中!

本特集で撮影・作成したHDRIをはじめとするサンプルデータ一式をCGWORLD.jp(下記リンク)にて、配布します。一部、再配布・商用不可になりますが、自由にお使いください。

【サンプルデータ配布】RICOH THETA Z1で実現! コスパ最高の HDRI制作術



次ページ:
<STEP 1>マルチブラケット用のマイセッティング登録

特集