>   >  「少しでも自分がやってきたものを残していきたい」佐藤順一監督、鎌谷 悠監督 インタビュー >>おジャ魔女どれみ20周年記念作品『魔女見習いをさがして』公開記念
「少しでも自分がやってきたものを残していきたい」佐藤順一監督、鎌谷 悠監督 インタビュー >>おジャ魔女どれみ20周年記念作品『魔女見習いをさがして』公開記念

「少しでも自分がやってきたものを残していきたい」佐藤順一監督、鎌谷 悠監督 インタビュー >>おジャ魔女どれみ20周年記念作品『魔女見習いをさがして』公開記念

1999年から2000年代初頭にかけて東映アニメーションが制作した『おジャ魔女どれみ』シリーズ(以下、『どれみ』)は、当時の小学生女児を中心に大きな人気を誇り、今なお心に残る作品であり続けている人も少なくないという。11月13日(金)より公開中の映画『魔女見習いをさがして』の主人公たちは、まさにそんな20代の3人の女性だ。『どれみ』20周年を記念する本作の監督を務めた佐藤順一、鎌谷 悠両氏に、制作の経緯から、演出、『どれみ』らしさ、本作に込めた思いまで、多岐にわたり語ってもらった。

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
ASSISTANT_柳田晴香 / Haruka Yanagida(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲おジャ魔女どれみ20周年記念作品『魔女見習いをさがして』Final予告


  • おジャ魔女どれみ20周年記念作品『魔女見習いをさがして』 11月13日(金)全国ロードショー
    原作:東堂いづみ、監督:佐藤順一・鎌谷 悠、脚本:栗山 緑、キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦、プロデューサー:関 弘美、アニメーション制作:東映アニメーション
    出演:森川 葵、松井玲奈、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、千葉千恵巳、秋谷智子、松岡由貴、宍戸留美、宮原永海、石田 彰、浜野謙太、三浦翔平
    https://www.lookingfor-magical-doremi.com
    ©東映・東映アニメーション


主人公は『どれみ』世代。イベントで見たファンの目の輝き

CGWORLD(以下、CGW):まずは企画の始まりについて教えてください。

佐藤順一監督(以下、佐藤):『どれみ』が、20周年を迎えるということで、東映アニメーションの関 弘美プロデューサーから、オリジナルのスタッフである脚本の栗山 緑(山田隆司)さん、キャラクターデザインの馬越嘉彦さんたちを集めて映画をつくろうと思っているという話を伺いました。その時点では、小学生のどれみたちを描くのか、小説(『おジャ魔女どれみ16シリーズ』/栗山 緑 著/2011~15年刊)で展開したティーンエイジャーの彼女たちの話のながれを汲むのかといった方向性は決まっていませんでした。

その後、栗山さんに大人になったどれみたちの話のプロットをつくっていただいたのですが、せっかく映画をつくるならば、当時の『どれみ』ファンだけではなく、もっと幅広い人たちに観てもらいたいなと考え直し、企画を揉んでいきました。現在の形につながるアイデアの素を出したのが誰だったか、記憶が定かではないのですが、この方向に固まってから、さらに皆で議論を重ね、話をつくっていきました。

  • 佐藤順一監督
    1960年生まれ。愛知県出身。『おジャ魔女どれみ』初代シリーズディレクターを五十嵐卓哉氏と共に務め、児童・少女向けアニメーション作品を多数手がける。主な監督作品に、TVアニメ『美少女戦士セーラームーン』(1992〜1993)、TVアニメ『夢のクレヨン王国』(1997〜1999)、TVアニメ『ケロロ軍曹』(2004〜2011)、TVアニメ・OVA『ARIA』シリーズ(2005〜)、TVアニメ『あまんちゅ!』(2016〜2018)、TVアニメ『HUGっと!プリキュア』(2018〜2019)、映画『泣きたい私は猫をかぶる』(2020)などがある。


CGW:鎌谷監督はどのタイミングで参加されましたか?

鎌谷 悠監督(以下、鎌谷):私が加わったのはシナリオが決定して、五十嵐(卓哉)さんがご自身のパート(※)の絵コンテを仕上げた後です。ちょうど、佐藤監督の下で『HUGっと!プリキュア』(以下、『HUGプリ』)第33話の絵コンテ・演出の仕事をしている最中でした。

※『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』(2002〜2003)第10話、第11話にて、どれみたちが修学旅行で訪れた奈良・京都を、本作の主人公たちが "聖地巡礼" するパートの絵コンテは五十嵐氏が担当した。


  • 鎌谷 悠監督
    『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』で助監督(2013)、『映画 プリキュアスーパースターズ!』(2018)で絵コンテ・演出、TVアニメ『HUGっと!プリキュア』(2018〜2019)第33話「要注意!クライアス社の採用活動!?」で絵コンテ・演出として参加するなど、次世代のアニメ業界を牽引するクリエーター。オリジナルの制作スタッフが揃う中、『おジャ魔女どれみ』シリーズ初参加にして監督デビューを果たす。


CGW:鎌谷監督はリアルタイムで『どれみ』をご覧になっていましたか?

鎌谷:いいえ。関プロデューサーはそのつもりで本作の監督に推薦してくださったと思うのですが、世代的にはちょっとズレていて、リアルタイムでは観ていなかったんです。なので、このお仕事をいただいてから、観始めた形です。

佐藤:関さんは若い演出家で有望な人を目ざとく探してくるんですよ。鎌谷さんとの仕事は『HUGプリ』が最初でしたが、その前に関さんから、「『タイガーマスクW』(2016〜2017)の鎌谷さんの演出回(※)を観ておいてください」と言われまして、きちんと安定した仕事ぶりが印象に残りました。その後、『HUGプリ』で一緒に仕事をしたときには、「こちらも背筋を伸ばさねば」と思わされました。

※鎌谷氏の演出回は、第4話「赤き死の仮面」、第13話「虚構の勝利」、第24話「再びの猛虎激突!」、第32話「ランバージャック」、第38話(最終回)「仮面タイガースプリンガー」の全5話。


CGW:それはどんなところから?

佐藤:第33話のシナリオが規定よりちょっと長かったんです。そうしたら、彼女からA4で2枚くらいのクレームの手紙がきて(笑)。

CGW:ええっ!?

鎌谷:(笑)。

佐藤:「もうちょっと尺に合う形に収まるように監督がチェックしてくれないと、後々の各話演出家の作業に大きな負担がかかるんです!」と(笑)。自分が表現したい映像をつくる演出家というのは珍しくありませんが、彼女はそれだけではなく、お仕事としてもきちんとした形でつくろうという姿勢で向き合うんですね。こういう演出家はそう多くはいません。僕らも「ごめんなさい」と言うほかありませんでした(笑)。

鎌谷:昔の話は恥ずかしいですね(笑)。

CGW:本作の主人公たちは、『どれみ』を観ていた世代です。佐藤監督が『どれみ』をつくられていた当時は、視聴者にどのように作品が受け止められているかを把握する余裕がなかったそうですが、本作をつくるにあたって、成長した視聴者たちのことをリサーチされましたか?

佐藤:これは僕というよりも、関さんを含めた企画サイドでやっていただいていることなのですが、当時から、ターゲットである幼稚園未就学児~小学校低学年の子供たちが、どんな状況で、何が問題になっているのかをリサーチしていました。今回もやり方は同じで、ターゲットである20~30代くらいの女性が、今、どういう状況に置かれているかといったことを、東映アニメーションの社内外でリサーチしていきました。

  • それで感じたのは、「何だか、生きづらそうだな」ということでした。特に日本の女性は、仕事ができる・できない以外に、別の何かを求められたり、男社会でつくられた壁があったりする。だからといって、みんなそれで一日中鬱々としているわけではなく、明るく楽しいこともきちんと見つけている。本作の主人公の3人は、そういうリサーチを経て形づくられていきました。


▲長瀬ソラ(CV:森川 葵)は、愛知県出身の大学4年生。年齢は22歳で、『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』をリアルタイム視聴していた。周りの意見に流されがちで、自分を表現することが得意ではない。教師になる将来の夢を抱いているも......


▲吉月ミレ(CV:松井玲奈)は、東京で一流貿易商社に勤めているキャリアウーマン。年齢は27歳、リーダー気質で海外生活が長かったこともあり、思ったことをすぐに口にしてしまいがち。『おジャ魔女どれみ』は日本から送られてくるDVDで視聴していた


▲川谷レイカ(CV:百田夏菜子(ももいろクローバーZ))は、広島県出身の20歳のフリーター。『おジャ魔女どれみ』シリーズ放送時は観ておらず、再放送と配信で視聴した。地元・尾道のお好み焼き屋でアルバイトをしながら、絵画修復士になる夢のために、進学費用を貯めている


CGW:主人公たちが『どれみ』をどのように観ていたかを表現するためには、佐藤監督たちがつくられた『どれみ』とは何だったのかを見つめ直す必要があったかと思います。20年という時間経過も含めて、どのように受けとめていますか?

佐藤:当時『どれみ』を観ていた子供たちが、今、『どれみ』をどのくらい懐かしいと思ってくれているかはわかりませんでしたが、小説を刊行した際の反響や、各地でのイベントに集まるお客さんのキラキラした目が印象的で、本当に好きなんだっていうことが伝わってくるんですね。それはひとつの自信にもなりました。だからといって、「僕たちがつくったものをもっと好きになれ~!」というのもおこがましいところで(笑)。

本作に『どれみ』の要素をどこまで採り入れるか、悩みどころではありました。初期の栗山さんのシナリオだと、どれみたちの登場シーンや、オマージュを込めたシーンがもっと多かったのですが、そこでバランサーになってくれたのが鎌谷監督でした。観ていなかったぶん、映画のつくり方としての良し悪しをドライにジャッジできたのです。「この要素を入れるなら、もっと説明してくれないとわかりません!」と言ったりして(笑)。そこで自分たちのつくった『どれみ』を、今一度、冷静に見ることができました。

鎌谷:『どれみ』って、結構重い問題に迫る話が多くて。ただそうであっても、後味が悪いまま終わるのではなく、問題に向き合って解決してもしなくても、「観てよかったな」と思える終わり方をするんですよね。

  • 本作のシナリオを読んでも、栗山さんがそういう姿勢で『どれみ』をつくられていたんだなと感じることが多々ありました。本作でも、シナリオをそのように昇華させることで、「どれみ観」を守っていく必要があると感じました。


▲『どれみ』のおジャ魔女たち。左から、瀬川おんぷ(CV:宍戸留美)、妹尾あいこ(CV:松岡由貴)、春風どれみ(CV:千葉千恵巳)、藤原はづき(CV:秋谷智子)、飛鳥ももこ(CV:宮原永海)、春風ぽっぷ(CV:石毛佐和)


CGW:『どれみ』は、主に子供の世界観で描かれていましたが、本作では大人の世界観で仕事や恋愛などの要素が描かれています。世界観づくりで意識されたことは何でしたか?

佐藤:『どれみ』を観る年齢の子供たちの世界は、だいたい自分の家と、住んでいる街、幼稚園や学校などで完結しているんですよね。そこから広げると、少し手触り感がなくなってしまう気がしていました。本作は大人向けということで、例えば女子旅の「あるある」な実感は、鎌谷さんに丸投げして、我々はそれに従いました(笑)。

鎌谷:自分も仲の良い友達が2人いるので、その女3人集まって姦しいワチャワチャ感をシナリオにある女子旅にくり出す主人公たちに盛り込めたらと思いました。その上で、『どれみ』らしさ、先程お話ししたそれぞれの立場の問題には迫るけれども、きちんと寄り添って終わらせるということをより強く念頭に置きました。


©東映・東映アニメーション

次ページ:
「やっぱり『どれみ』と同じトーンでやっていいんだ」(鎌谷監督)

特集