>   >  『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』No.2 全社の力を最大化するダイナモピクチャーズ
『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』No.2 全社の力を最大化するダイナモピクチャーズ

『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』No.2 全社の力を最大化するダイナモピクチャーズ

アニマダイナモピクチャーズがCG制作を手がけた『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』(2020年11月6日 完全版公開)は、フルCG『モンストアニメ』の集大成と言える内容で、YouTubeシリーズからさらに磨きをかけた「モンストルック」と、長尺のバトルシーン、それを彩る豪華なエフェクトが目を惹く総尺120分の大作に仕上がっている。本記事では、ダイナモピクチャーズ(以下、ダイナモ)のエフェクト制作にフォーカスする。

関連記事:『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』No.1 物語を彩るアニマのHoudiniエフェクト

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 268(2020年12月号)掲載の「第2特集 『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』/全社の力を最大化するダイナモピクチャーズ」を再編集したものです。

TEXT_石井勇夫 / Isao Ishii(ねぎぞうデザイン)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

『モンスターストライク THE MOVIE ルシファー 絶望の夜明け』
監督:静野孔文/脚本:本田雅也/CGディレクター:中村友紀(アニマ)、東郷宏樹(ダイナモピクチャーズ)/助監督:山口雄大/アートディレクター:ハヤシヒロミ/美術監督:徳田俊之/音響監督:明田川 仁/音楽:横山 克/CGスーパーバイザー:釜 幸介(アニマ)、住田永司(ダイナモピクチャーズ)/制作:アニマ、ダイナモピクチャーズ/配給:イオンエンターテイメント/協力:ローソンエンタテインメント/製作:XFLAG
※ 各社の会社名、サービスおよび製品の名称は、それぞれの所有する商標または登録商標です。
©XFLAG


  • ◀FXスーパーバイザー・山口昌伸氏(ダイナモピクチャーズ)
    ※本記事の取材は、ビデオ会議システムを使って実施しました。

細かく分担を指定し不安要素を明瞭化する

ダイナモは『モンストアニメ』に第2期から参加しており、第3期の「ソロモン編」(全13話)、「ルシファー ウェディングゲーム」(全7話)ではヘッドスタジオとしてCG制作を取りまとめた。「ソロモン編」では限られたスケジュールの中でギリギリまでブラッシュアップを続け、演出サイドやXFLAGの期待に応えようとした結果、社内外のスタッフの負担が大きくなってしまったと山口昌伸氏(FXスーパーバイザー)はふり返った。「本シリーズの特徴は、毎週配信の10~15分の尺の中に、精一杯の面白さや驚きを盛り込もうと果敢にチャレンジする点にあります。特にバトルシーンのエフェクトは多彩で、物量も多く、スタッフは苦しい状況になりやすいのですが、絵コンテを読み込むほどに『つくってみたい!』と思わせる魅力があります」(山口氏)。

前述の反省をふまえ、以降のYouTubeシリーズや本作では、問題を洗い出して早期に解決すること、コストパフォーマンスの良いアプローチを選択することが重視されるようになり、その方針に則してワークフローやパイプラインも見直されていった。ダイナモは2020年1月から本作の制作に本格的に参加し、17の協力会社と共に全体の1/3のCG制作を担当した。当初、本作の納期は4月末に設定されていたが、COVID-19の影響などにより1.5ヶ月ほど延ばされた。短い期間の中で、先行していたアニマからアセットや情報の提供を受ける一方で、17の協力会社に制作を依頼してまとめ上げる作業は苦労の連続だったようだが、ねばり強い努力を続けた結果、Vコンテに盛り込まれたアイデアの多くを完成映像に反映させることができた。

本作の膨大なエフェクトをダイナモのエフェクトチームだけで納期までに制作することは不可能と判断した山口氏は、多くの協力会社に参加を要請し、社内のエフェクトを専門としないスタッフも動員することで作業の分担を図った。「スーパーバイザー(以下、SV)の最初の役割は、絵コンテの読み込みと演出把握です。エフェクトの内容と物量をふまえ、どのツールで、どの程度のコスト感でアプローチすべきか、どこに依頼するかといったことを明確にし、各スタッフを導く責任があります。本作の制作では、それらを整理したリスト群を作成しました。また、使用頻度の高いエフェクトをライブラリ化し、社内外に共有しました」(山口氏)。

エフェクト制作は、時間を注いでリッチに制作する選択肢がある一方で、速度優先で量産することに価値を置く場合もある。山口氏はエフェクトごとの制作方針を決め、各スタッフが同質のセグメント化された作業に集中できるよう、細かく分担を指定し、不安要素の明瞭化に努めた。「1カットを1人で仕上げることにこだわりすぎず、必要が認められれば追加サポートや担当者の変更を行うなど、柔軟な対応を心がけました」(山口氏)。納期が差し迫っているからこそ、常に相手の状況に配慮し、自社の不都合な事情も正直に伝える。迷惑をかけたらお詫びし、優れた品質には賞賛と感謝を惜しまず、先の見通しをできる限り伝える。そういった誠意あるふるまいを積み重ねることが、大きなトラブルを予防し、参加する全社の力を最大化するための鍵になると、これまでの経験で学んできたという。

ダイナモがハブとなり、入り乱れる協力会社を交通整理

ダイナモではエフェクトSVがエフェクトの制作進行も兼任しており、以降で紹介するリスト群は山口氏が作成した。

▲絵コンテの読み込みと作打ちによって、エフェクトの要素を洗い出し、整理したリスト。本作ではカットの欠番や結合が頻発したため、エフェクトがどこで登場してどこで終わるのか、常に最新情報を把握しておく必要があった


▲先のリストの中から、同質のエフェクトを集約し、セグメント化したリスト。同じ担当者や会社に、同質のエフェクトを依頼した方が仕上がりは安定するため、このリストを基にエフェクトの物量、難度を判断し、コストのかけ方や人選が検討された


▲協力会社のリスト。レイアウトからコンポジットまでグロスで発注できる会社もある一方で、作業内容がコンパクトであるほど発注できる会社は増える。各工程で協力会社が入り乱れる中、ダイナモがハブとなって最新のデータ状況を把握し、「待ち」や伝達不備による消耗を発生させない交通整理が行われた


▲協力会社へのエフェクト発注リスト。各会社向けにコンパクト化されたリストを作成している。ここに不備があると土壇場で相手の会社に迷惑をかける原因になり得るため、過不足なく正確にまとめることが肝要となった

エフェクトライブラリの共有による品質の安定化

Confluence(Webベースの企業向けWiki作成サービス)を使って作成されたエフェクトライブラリ。本作ならではの方舟のバリアやスラスターから、一般的な火や爆発まで、様々なエフェクトをライブラリ化し、FTPSでデータの共有も行なった。これにより、エフェクトの見た目のバラツキが低減し、品質が安定するのと同時に、腕のあるエフェクト担当者はライブラリ以上の品質を目指してくれるようになった


  • ◀▼レイアウト力のあるアニメーターやコンポジターに【左】のような素材を渡すことで、【左下】のようなタイミングを含めた最終状態に近いレイアウトをしてくれるようになり、エフェクトを専門とする担当者はより難度の高いカットに注力できるようになった。【右下】は【左下】のカットの完成映像


©XFLAG

次ページ:
Time Warp機能で破壊時のタメツメを表現

特集