>   >  3Dレイアウトをフル活用した劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』
3Dレイアウトをフル活用した劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』

3Dレイアウトをフル活用した劇場オリジナルアニメーション『サイダーのように言葉が湧き上がる』

コロナ禍の影響により約1年2ヶ月の延期期間を経て、7/22(木・祝)に晴れて公開を迎える『サイダーのように言葉が湧き上がる』。奇しくも作品世界と同じ爽やかな初夏の季節の公開となった本作は、80年代を彷彿とさせる懐かしくも新鮮なシティ・ポップ風のルックが特徴的だ。ここでは3Dレイアウトをフル活用して構築された背景を中心にメイキングを紹介していく。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 262(2020年6月号)からの転載となります。

TEXT_大河原浩一(ビットプランクス)
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda

『サイダーのように言葉が湧き上がる』
7月22日(木・祝)より全国公開

監督:イシグロキョウヘイ
原作:フライングドッグ
アニメーションプロデューサー:小川拓也
3DCG監督:塚本倫基
アニメーション制作:シグナル・エムディ、サブリメイション
制作:『サイダーのように言葉が湧き上がる』製作委員会
配給:松竹
cider-kotoba.jp
©2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会

監督の趣味嗜好とコストパフォーマンスが一致したルック

劇場版オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、地方都市のショッピングモールを舞台にコミュニケーション下手で俳句好きの少年チェリーと、人気動画主でありながらもコンプレックスを抱えた少女スマイルを中心とした青春物語だ。

左、イシグロキョウヘイ監督。右、塚本倫基3DCG監督(サブリメイション)

80年代のアメリカンポップイラスト風の色彩で、イシグロキョウヘイ監督のオリジナルストーリーが展開される。「作品を重ねていく上で、ディテールを積み上げていくのではなく、シルエットで印象を捉えていくのが個人的には好きなんです。80年代に流行ったわたせせいぞう氏や鈴木英人氏のイラストのように、シルエットで印象を捉えているようなビジュアルがこの作品にはまるような気がしたんです。特に鈴木英人氏の初期の作品は色遣いがセル塗りのようで非常にカッコ良い。本作のシナリオを考えているときにちょうど80年代ブームがあって、80年代的なポップなデザインがクールだと受け容れられる土壌ができたのではないかと思い、作品にこのようなルックを採用しました」とイシグロ監督は話す。

本作の主な舞台となるショッピングモールは3DCGでモデリングされているが、ハイディテールなつくり込みを目指すのではなく、基本的に単色塗りのマテリアルが設定されているのみで、美術側で若干の貼り込みやレタッチで済むようになっている。イシグロ監督の趣味嗜好とコストパフォーマンスが一致した結果となった。「このようなルックにみんな不安がっていましたが、情報量ではなく、印象だけでも絶対に映像の間がもつという確信がありました。なぜならば、ディテールが少ないイラストでも印象がしっかり表現されたものは、何時間でも観ていられるじゃないですか。作品の内容にもマッチした表現だと思っています」とイシグロ監督は語る。

<1>舞台となるショッピングモールを3DCGで作成し3Dレイアウトをフル活用したアニメーション制作

物語の舞台となるショッピングモールの背景は全て3DCGで作成されている。3Dレイアウトや、カットにおけるCGアニメーションの制作を担当したのは塚本倫基3DCG監督率いるサブリメイションだ。ショッピングモール制作はシナリオ制作の途中くらいから塚本氏へ発注されている。モデリング作業は木村雅広氏の美術設定と同時進行だったという。「青春物語であればロードムービーにする必要がなかったので、場所をショッピングモールに限定することにしました。場所を限定するということは、その場所の登場頻度が多くなるということなので、それならば3DCGにしようということで制作をお願いしました」とイシグロ監督。ショッピングモールを一棟まるごとモデリングするという、かなりヘビーな作業となったが、「ショッピングモールは壁がぶち抜きになっている部分が多いので、仕切りを上手く配置して奥が見えないような工夫をするなど、難しい部分も多かったのですが、エスカレータもきちんと動くようにつくられていたり、かなり細かい部分までつくり込まれているので、背景にも注目してもらえるとうれしいですね」と塚本氏。

3DCGでショッピングモールを作成

物語の舞台となるショッピングモールのイメージボードだ。図は手描きによるイメージボードではなく、3DCGで作成された決定稿である。実際に某地方都市にあるショッピングモールを取材し作成されている



  • ▲ショッピングモール外観



  • ▲ショッピングモール屋上



  • ▲ショッピングモール2階通路



  • ▲3階ハンドオフ前

▲1階セントラルコート

MODOでモデリング

ショッピングモールのモデルは、MODOでモデリングされている。作成されている範囲としては、ショッピングモールとその周辺500mほど。基本的に3Dレイアウト用のモデルなので、正確なラインを出すためにディテールがつくり込まれているが、マテリアルはセル塗り調の単色で設定されている



  • ▲ショッピングモール外観のワイヤーフレーム



  • ▲【左画像】をレンダリングした状態



  • ▲ショッピングモール外観側面のワイヤーフレーム



  • ▲【左画像】をレンダリングした状態

各テナントまでモデリングされた内装

ショッピングモールのモデルは内装も1階から3階そして屋上と、作品に登場しない部分までモデリングされており、ウォークスルーできるレベルでつくり込まれているという。このショッピングモールのほかにも、内装の背景のある部分はモデリングされているものが多く、3Dレイアウトが作成されている

▲ショッピングモール内部のモデルデータ。3階分しっかりつくり込まれている



  • ▲2階吹き抜け部分のワイヤーフレーム。店内に陳列された商品も細かく作成されているのがわかる



  • ▲【左画像】をレンダリングした画像

次ページ:
<2>物語の舞台設定を3DCGを使ったダイナミックなカメラワークで提示する

特集