>   >  スマホ『インディーズ』にも波及しはじめた3Dビジュアル Vol.1 ストアランキング総合1位まで獲得した怪作、『俺の校長 3D』はどのように生まれたか?
スマホ『インディーズ』にも波及しはじめた3Dビジュアル  Vol.1<br> ストアランキング総合1位まで獲得した怪作、『俺の校長 3D』はどのように生まれたか?

スマホ『インディーズ』にも波及しはじめた3Dビジュアル Vol.1
ストアランキング総合1位まで獲得した怪作、『俺の校長 3D』はどのように生まれたか?

およそ3年前に大ヒットした異色スマホゲーム『俺の校長』が、なぜかいま、リメイクとしてリリースされている。そして、3DCGを活用したテンポの良い演出が絶妙なこの『俺の校長 3D』もまた、アプリランキングを上位まで駆け上がるほどのヒット中だ。この謎に満ちた企画のゲームを誰が、どのように作っているのだろうか。その人となりや前作からの開発アプローチ、そしてCGメイキングまでを含めて、ちょっと変わったこのスモールディベロッパーを紹介していきたい。

CGどころか、ゲームづくりから未経験!

「1年前までは、3DCGなんて触ったこともなかった」。そう語る中西修二氏は、既存のコンシュマー的なゲームクリエイターの概念からすると極めて異色の存在と言っていいだろう。何せ業務経験としては、ゲーム開発はおろかWeb/IT系業界も経てきておらず、まったく異種産業で働いてきた人物。それがたまたまアプリ開発を始めて、ほぼいきなりに近いかたちでApp Store(iPhoneのアプリストア)の無料ランキングで総合一位を獲得してしまったのだから。

「特に考えなしでしたね(笑)。ちょっと何かの記事で、無料カジュアルゲームが盛り上がってきてて売れたらすごいお金になる、みたいな話を読んで、じゃあちょうど仕事も辞めたし少しの蓄えもあるし、やってみるかー、くらいのもので。だって、自分が作ったものをみんなに見てもらえて、それでお金にもなるって、夢があるじゃないですか。で、仕事辞めた次の日にiPhone 4SとMacbook Air 11だけ買って。それで、本読みながらちょっとずつ覚えて。まぁそれまでにも少しDTPの仕事をやってたり、趣味でWebやJavaScriptのコードで遊んだりしてたので、割と"PCで何かを作っていく"ことの勘は持てていたので、楽しんでやれてましたね。ただ、いきなり売れてしまってお金にするとかそういうトコがまったく最適化されてなくて、ランキングが示すほどにはぜんっぜんお金にならなかったですけど(笑)」。

そのアプリが、今回メイキングで取り上げるゲームの前作、『俺の校長』である。そのゲームプレイのシステムは、なんと"任意の文字を入力するだけ"というもの。正直、ゲームなのかもよくわからない。だがやってみると8bit調のドット絵ビジュアルによるテンポのいい演出や、自分が入力した結果に呼応して帰ってくる反応が面白く、何度も繰り返してしまうという中毒性の高いコンテンツに仕上がっており、口コミやレビューサイトでの盛り上がりを経て人気が爆発、一気にランキングを駆け上がったのである。

▲『俺の校長』。校長先生の話って長かったよね! という誰しもがなんとなく過去体験として持っている"あるあるネタ"をテーマに、思わず突っ込みたくなるような、笑えるコンテンツに昇華。文字入力するだけというUIも斬新だ

▲『俺の校長』貴重なボツカット。実は校長先生と生徒の間にその他の教職員たちを並べたり、体育館で話をするといったシチュエーション案も。結果的により遊びをシンプル化するためにそぎ落とされたが、この並びも思わず「あったあった」とうなずきたくなる再現度(笑)

「思うに、これ作ってるときってただシンプルに、自分が思う面白いものをみんなに"これどや!面白いやろ!"って言いたかっただけなんですよね(笑)。ただ遊んだ人を笑かしたろ、と。いま思うと、そういう作り手が楽しんでつくってる......っていうのがちゃんと出てて、それが伝わったのかな、と。アート、というか美術の世界でもそう。うまく描こうとするとそれが透けて見えるというか。うまく描こうとした線と、ピュアに素朴に描いた線って、見たらわかるんですよね」。

中西氏は、絵を描くことが好きな子どもだったという。ただ、それでメシを食うという道は、特には選ばなかった。しかし、何も創作活動を行っていなかったというわけではない。普通の仕事をこなしながら、教室に通ったりアトリエを借りてみたり、展覧会に出したり、グループ展を開く、などの"絵画を描く"という活動を行っていたのだという。

「ちょうど仕事がヒマでね(笑)。その絵画の活動もそうだし、DTPでIllustratorやPhotoshopの使い方覚えたり、JavaScriptでゲームみたいなの作ったりとか、業務外で勝手にいろんなモノづくりをしてたのが結果的に活きるかたちになりましたね。アプリ作ってストアに出してみんなに見てもらうのも、本質的には展覧会で絵を見てもらうのと、なんら変わらないですし。それが大規模になって、すぐ結果が出てくるからなお面白いってのはありますけどね」。

こうした創作の基礎があり、作り手として"作品を世に出して見てもらいたい"という明確な意思があったからこそ、未経験でもきっちりとコンテンツを作り上げることができたのだろう。そして、それが成功につながる唯一の道でもあったわけだ。

▶次ページ:3DCGを本格採用するきっかけとなった"ボクセルアート"との出会い

Profileプロフィール

中西 修二/Shuji Nakanishi

中西 修二/Shuji Nakanishi

ナカニシワークス/代表
2012年頃から大阪で個人アプリ開発を開始。同年に代表作「俺の校長」をヒットさせたのち、本格的な事業としてアプリ開発に取り組む。他業種からの転身ながら、業務外で好きで学んでいた美術などの物作り経験が役立ち、個人開発ながらアプリストアー無料ゲーム1位獲得など実績を持つ。アプリ業界ではヒット作にちなんで「校長」という通り名がある。作品には、大阪出身ならではの「笑かしたる」という気質が強く感じられ、最近ではUnityを使った初の3Dゲーム「俺の校長3D」をリリースし好調。

俺の校長3D

俺の校長3D

◆累計150万DLの伝説バカゲーが3Dで登場!◆
テレビや雑誌・芸能人にも多数紹介され、ランキング1位獲得の「俺の校長」が3Dでさらに進化。 前代未聞の校長先生長話しゲー。耐えろ生徒!

【Android/iOS】ダウンロード→ http://goo.gl/6FyTUL

スペシャルインタビュー