>   >  作画とCGでは、役づくりも変わる? 新感覚SF×デジタルアニメーション『正解するカド』、主要キャスト三浦祥朗、寺島拓篤、M・A・Oインタビュー
作画とCGでは、役づくりも変わる? 新感覚SF×デジタルアニメーション『正解するカド』、主要キャスト三浦祥朗、寺島拓篤、M・A・Oインタビュー

作画とCGでは、役づくりも変わる? 新感覚SF×デジタルアニメーション『正解するカド』、主要キャスト三浦祥朗、寺島拓篤、M・A・Oインタビュー

新世代デジタルアニメーション『正解するカド』。2017年4月からの放送開始に向けて、先日メインスタッフとキャストが公開された。<世界の終わりと始まり。人類は「正解」できるのか。>と、謎めいたキャッチコピーが印象的だが、ストーリーの大半が未だ謎に包まれたままだ。そうしたなか、本作はひと足先にプレスコ(※:声を先に収録しそれに合わせてアニメーションを付ける制作方法)で収録が進められ、2016年12月には最終話の収録を終えた。まだまだ詳しくは明らかにできない部分もあるが、メインキャストたちに本作の見どころを語っていただいた。まずは外務省主席事務官である主人公・真道幸路朗役の三浦祥朗さんと、謎の存在・ヤハクィザシュニナ役の寺島拓篤さんの対談。そして真道の部下の外務省 国際交渉官・徭 沙羅花を演じるM・A・Oさんのインタビューだ。演じるにあたっての気持ちや印象に残る場面を語るキャストの口から垣間見える作品舞台やストーリーを想像し、放送を楽しみにしていただければ幸いだ。

※本インタビューは2016年12月下旬に実施したインタビュー内容に基づきます。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hidume、沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



『正解するカド』PV第2弾
seikaisuru-kado.com
© TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI


<1>演者の自由な芝居を可能にしたプレスコによる収録 〜三浦祥朗(真道幸路朗役)&寺島拓篤(ヤハクィザシュニナ役)〜

ーー本作の世界観をどのようにご覧になりましたか?

寺島拓篤(以下、寺島):僕は『正解するカド』のように、まず物語の世界設定を聞いてから話の内容を想像して、台本を読んで答え合わせしていくのがすごく好きなんです。なので、まだ内容を知らない段階からスゴく楽しめました。それに、最終的に想像していた話とはまったくちがう結末にたどり着いた点もとても良かったです。

  • 寺島拓篤/Takuma Terashima
    12月20日生まれ。石川県出身。アクセルワン所属。主な出演作は、『創聖のアクエリオン』(アポロ)、『セイクリッドセブン』(丹童子アルマ)、『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%』(一十木音也)ほか。



三浦祥朗(以下、三浦):この作品で描かれている出来事は、何年か後に現実世界でも起こりえそうなことで、そういう意味ではあまり他にはないタイプのアニメーションですよね。自分たちの暮らしの中でも、実は目に見えてないだけで"何か"があるかもしれない......なんて想像を巡らせることができて、入り込みやすい作品でした。

  • 三浦祥朗/Hiroaki Miura
    3月24日生まれ。長野県出身。青二プロダクション所属。主な出演作は、『ワールドトリガー』(歌川 遼)、『ドラゴンボール改』(ザーボン)、『ONE PIECE』(アブサロム)ほか。



寺島:最終回の収録を終えたときにキャストのひとりである中 博史さんが「人間の宗教観・哲学にも意識がいくような話になっている」とおっしゃっていましたが、ヤハクィザシュニナを演じた身としては、まさにその通りだと思いました。彼のような存在を通してそこまで想像が膨らむというのは面白いですよね。

三浦:そうですね。完全にSFというだけではなくて、もしかしたら宗教の発端にはSF的なものがあったのかもしれないという考え方もできる作品だと思います。

ーーどんな方に向けてつくられた作品だと思いますか?

三浦:SF作品ですので、女性の中には少しとっつきにくいかもと思いましたが、だからこそザシュニナだったり、花森 瞬(真道の部下の外務省官僚)という存在がフックになっていると思います。なので、ときには女性が身近に感じられる距離感で芝居をするよう心がけました。

寺島:最近、日本のアニメは何でもカテゴライズされることが多いですが、この作品はそれを飛び越えていけるポテンシャルをもっているのではないかと思いました。SF好きの人が『正解するカド』を観れば作品の謎について一歩、踏み込んだ想像をすることができるし、それ以外の人が観ても様々な想像をめぐらせることができる。そんな面白さがこの作品にはあると思います。

ーー役づくりはどのように行ないましたか?

三浦:僕の場合、基本的にオーディションと同じように収録に臨んだのですが、話が進むにつれて真道の人間味が出てきたり、なぜ彼が様々な才能を有しているのかが判明してくるので、人間としての厚みを出せるように役をつくっていきました。

寺島:僕は音響監督の長崎行男さんと別の現場でご一緒したときに「オーディションで寺島が一番人間っぽくなかったから採用した」と言われて(笑)。なのでザシュニナという役は、人間っぽくない存在でありつつも、人間とコミュニケーションをとっていくキャラクターなんだなと考えました。人間とコミュニケーションをとる際に、「空気の振動=音で言葉を伝える」ということを、彼は理論立てて行なっています。そうしたプロセスをザシュニナとして自分の中で、一度反芻してから芝居に落とし込んでいきました。

ーーおふたりは物語の序盤において、どのようにお芝居のやり取りをされていましたか?

三浦:ザシュニナは未知の存在なので真道にとっては恐怖の対象でもありますが、真道は未知に対する探究心も抱いています。ですので、最初の頃はザシュニナに対してある程度の距離感+興味を抱いていたのですが、その距離は物語が進むに連れて変わっていきます。その様子は観てほしい部分のひとつです。

寺島:ザシュニナの場合は意思をもって真道の前に登場したわけですが、彼個人に対して意思をもっているわけではないんです。なので、真道との距離感を作為的に計っているというわけでなく、段々と自然に変わっていくというながれでいました。役者としては「意識していない」ということを"意識して"演じてましたね。喋り方も徐々に崩していってるので、最初と最後ではまったく別人のような感覚でした。毎週ご覧になっていくなかで、「ザシュニナってだんだんキャラ変わっていってないか?」と感じていただければ、それが"正解"なのではと思います。

ーー収録はどんなペースでしたか?

寺島:最初の収録はいつだったっけ? ......というくらい、時間が経っていますね(笑)。

三浦:第1話の収録はたしか2016年の5月か6月だった気がします。はじめの3話くらいは毎週収録して、そのうち隔週での収録になりました。

寺島:途中ずいぶん間が空いて、最終回までは隔週での収録でした。半プレスコだったので、声を録ってから画面をつくるためのスケジュールに余裕をもたせていたのだと思います。

ーー半プレスコということでしたが、収録において通常のアフレコとのちがいはありましたか?

寺島:画のことはあまり気にせず、こぼして()もかまわないよと言われました。

※:キャラクターの登場カットを過ぎてもセリフを喋ること。演出意図があるものを除いて一般的にはNGとされる。

三浦:3カットくらいこぼれたりとか、逆に「巻きでお願いします」と指示されるキャラもいました。

寺島:序盤は特にその傾向が強かったですね。

三浦:後半は、一般的なアニメーションと変わらなかったです。画がしっかり出来上がっていたということもありますが。

寺島:普段は映像にセリフのタイミングを合わせるのが普通なので、ある程度出来上がっている画に対してわざとこぼしたり早く上がるというのは、なかなか体に馴染まない感覚はありました。ですが、素直にお芝居をしていけばそうなるな......と考え方を変えることで、上手くシフトしていけたと思います。

ーーその意味では、演技の自由度は高かったのですね。

寺島:そうですね。すごく高かったです。最終回が終わった時に監督は「セリフから画がどんどん膨らんでいった」とおっしゃっていましたので。我々の仕事で世界が広がっていったのであればありがたいですね。



次ページ:
<2>演者も期待を寄せる、"辞書にない"作中アイテムの3DCG表現

Profileプロフィール

三浦祥朗/Hiroaki Miura、寺島拓篤/Takuma Terashima、M・A・O

三浦祥朗/Hiroaki Miura、寺島拓篤/Takuma Terashima、M・A・O

左から、寺島拓篤(真道幸路朗役)、三浦祥朗(ヤハクィザシュニナ役)、M・A・O(徭 沙羅花役)

スペシャルインタビュー