>   >  映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

クリエイターの間にも熱狂的なファンが多い、岩井俊二監督の名作実写ドラマを劇場アニメーション長編としてリメイクした意欲作、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。日本では今年8月18日(金)に公開され約15億円のヒットをおさめた(参考Box Office Mojo)。そして、12月1日(金)からは中国で封切られたが、最初の週末3日間で早くも興収約12億円に達するという好スタートをきっている。本作は、作画をベースとしながらもリアルな質感をもった3DCGが随所に活用されており、独特のファンタジー空間を創り出すことに成功している。本稿では、劇中のキーアイテムとなる不思議な球や表情豊かな水表現など、要となる3DCGワークを手がけたダンデライオンアニメーションスタジオ中核スタッフの画づくりを紹介しよう。

INTERVIEW_大河原浩一(ビットプランクス) / Hirokazu Okawara(Bit Pranks
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』予告3
© 2017 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

<1>3DCGの特性を活かしたリアルな表現

プロジェクトが始まったのは、2016年の初頭。絵コンテの上がりを待ちながら、進められる部分のモデリングなどから作業を始め、本格的な制作は2017年の春頃から始まったという。ダンデライオンアニメーションスタジオ(以下、ダンデライオン)が担当したのは、作画と3DCGの絡みのあるCUTや、カメラマップ、スタッフ間では「もしも玉」(※後述)と呼ばれた画的に特徴のある表現を中心とした約350CUT。スタッフ構成は、遠藤 工CGディレクターを中心に約10名という、担当するCUT数を考慮すると実に少人数であった。「当時は、社内で複数のプロジェクトが同時並行で走っていたこともあったのですが、本作で求められたCG表現がエフェクトや背景に関わるものが中心だったのでモデラー主体で、アセット制作だけでなく、レイアウトやアニメーションまで極力一括して担当することで対応するようにしました」(遠藤氏)。

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

左から、佐藤裕記リードモデラー、酒井俊治シニアプロデューサー、林 敬学チーフマネージャー、坂本典也モデラー、遠藤 工CGディレクター、陸 鵬テクニカルアーティスト、高松玲子コンポジットスーパーバイザー、荻原あすかリードモデラー、横川由梨CGアーティスト、金谷翔子リードモデラー。以上、ダンデライオンアニメーションスタジオLLC
www.dlas.jp


スタッフひとりひとりがモデラーなどスペシャリストとしての職務を担いつつ、「もしも玉」や灯台、風車といった各表現ごとにレイアウトやアニメーションを含めて3DCGワークを一括して担当するという、ゼネラリスト的な立ち位置で制作に取り組むことで少数精鋭を実現。これによりクオリティと物量を高い水準で両立させることに成功した。

「私がディレクターを務めさせてもらうプロジェクトでは、参加スタッフたちにはできるだけゼネラリストとして幅広い業務に関わってもらうようにしているんです。例えばモデラーであっても、アニメーションや最終的なルックまで考えながらモデリングしてほしいという考えからです。ショットワーク全体を考えることで演出意図を適確に汲みつつ作業効率を高めていくことができる、そうして各自のスキルアップにつなげていってほしいんです」(遠藤氏)。本作に参加したスタッフたちも、日頃あまり担当することができない分野の仕事ができたため、視野が広がったと口をそろえる。それでは、以下より代表的な表現ごとにメイキング解説していこう。

TOPIC 1.ナズナの花

本作の中でも印象的なナズナの花が群生した空き地のCUTの制作は、佐藤裕記氏が担当している。レイアウト全体がナズナの花で埋め尽くされているというCUTなので、本来であればシミュレーションを使ったアニメーション制作が考えられたが、美術背景の上がりに合わせて制作を進める必要があり、非常にスケジュールがタイトになった。そのためMayaでナズナの花を5パターン作成し、100Fループで揺れるアニメーションを作成したものをAfter Effectsで個々にタイミングをずらした状態になるように配置されている。

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    ナズナの花の完成モデル。シェーディング

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    ワイヤフレーム

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    テクスチャ表示

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    花部分のアップ。ワイヤフレームとテクスチャ表示

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

Mayaの中で5パターン作成して100Fループで揺らぎをつけた素材(上)、After Effectsで配置して個々にタイミングをずらした状態(中)、隙間埋めとしてペイントエフェクトで作成した揺れ草素材。これらを重ねて使用している

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

© 2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

TOPIC2.風車

主人公たちが暮らす街の海岸線に立っている風車(風力発電機)は、坂本典也氏がリードした。風力発電機は多くのCUTに登場するため、クローズアップやワイドアングルなど多彩なカメラワークに対応できるアセットの制作が求められたという。
「カメラが寄った状態にも耐えられるように、細かいパーツまでモデリングしているのですが、カメラが引いたときにノイズ(チラつき)が発生してしまったため、カメラワークに応じて、パーツを切り替えられるようにセットアップしました。また、作中の風力発電のブレードは演出で逆回転する必要があったので、ブレードの幅の広い面が前を向く状態を基本形として、演出に合わせてブレードの角度を調整できるリグを組んで対応しています」(坂本氏)。このように、演出に応じた柔軟な対応ができるようアセット制作が進められた。

完成モデル

風力発電機の完成モデル。シェーディング(左)とワイヤーフレーム(右)

中心パーツ表示のON/OFF

中心部分の細かなパーツはちらつきの原因となることがあったため、CUTによってはハイドして対応している。最も細かいパーツ群と中ぐらいの大きさのパーツ群とでグループ分けし、チャンネルボックスに作成した専用のアトリビュートと各グループのVisibilityをコネクションしON/OFFを切り替えられるようになっている

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

全パーツをハイドした状態

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    中パーツをハイド

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    最小パーツをハイド

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    基本UI

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    全パーツをハイド

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    中パーツをハイド

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    最小パーツをハイド

カメラアングルに応じて羽根の向きを調整

ブレードの向きはCUTによって角度が異なるため、自由に回転させられるようにしてある。また、カメラのアングルと風力発電機の位置によっては、ちらつき防止のために回転を加えることもあった。回転は、各ブレードにそれぞれ回転を制御するコントローラーを設置してあり、1本に回転を加えると他2本のブレードも追従するよう各コントローラーの回転値をコネクションしてある

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    ブレードの回転なし

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    ブレードを90度回転

風力発電機のモデルはブレードの幅の広い面が前を向く形を基本形として制作されている。しかし下画像のCUTの場合は、レイアウトでブレードの角の部分が前を向くよう描かれていたため、3DCGモデルでもブレードの向きが調節されている。また、このCUTは美術素材に手前の風力発電機が描かれていたため、3DCG素材の上に薄く重ねて質感の素材としている。さらに、階段や手すり部分など灯台の根本付近にあるパーツの多くは美術素材がそのまま用いられた

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    ブレードの向きを調整した風力発電機

  • 映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

    質感の素材として使用された美術素材

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』が実践した、フォトリアルな描写とアニメーションの融合

© 2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

▶次ページ:
TOPIC 3.写実的な水の表現

Profileプロフィール

ダンデライオンアニメーションスタジオ/DandeLion Animation Studio

ダンデライオンアニメーションスタジオ/DandeLion Animation Studio

左から、佐藤裕記リードモデラー、酒井俊治シニアプロデューサー、林 敬学チーフマネージャー、坂本典也モデラー、遠藤 工CGディレクター、陸 鵬テクニカルアーティスト、高松玲子コンポジットスーパーバイザー、荻原あすかリードモデラー、横川由梨CGアーティスト、金谷翔子リードモデラー。以上、ダンデライオンアニメーションスタジオLLC

www.dlas.jp

スペシャルインタビュー