>   >  革新を続けるアニメーションスタジオ「オレンジ」。現場を支える若手スタッフの本音に迫る!
革新を続けるアニメーションスタジオ「オレンジ」。現場を支える若手スタッフの本音に迫る!

革新を続けるアニメーションスタジオ「オレンジ」。現場を支える若手スタッフの本音に迫る!

[PR]

初の元請け作品となるTVアニメ『宝石の国』を見事に大ヒットさせたオレンジ。同社の掲げる「妥協のないクオリティ」を、TVシリーズで堂々と見せつけた。今や、その評価の高まりは業界内外問わず、とどまるところを知らない。そこでオレンジのスタッフによる座談会を開催し、これからのオレンジを率いていく若手リーダーたちにお集まりいただいた。人気作の裏話から、オススメのストレス発散方法まで!? オレンジを支える若手クリエイターたちが生々しくも本音で語る、2時間半の様子をお届けしよう。

>>>>現在、オレンジは新規ビッグタイトル複数企画・制作中!

TEXT__野澤 慧 / Kei Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



今ふりかえる、入社の思い出

大川瑛二氏(以下、大川):僕は『蒼穹のファフナー』とかのメカがカッコ良くて、メカのモデリングがやりたくてオレンジに入社しました。......後は『ごちうさ(ご注文はうさぎですか?)』やりたくて。

  • 大川瑛二(CGモデラー・モデリングチームリーダー)


    以前はゲームの制作に携わっていたが、アニメのメカモデリングに魅力を感じ、アニメ業界を志す。『蒼穹のファフナー』シリーズや『コードギアス』シリーズのようなメカに憧れ、2016年にオレンジに入社。しかし、実のところは『ご注文はうさぎですか?』に携わるのが夢。入社からはまだ浅いものの、実力を買われモデリングチームのリーダーに任命されている。代表作は『宝石の国』(2017)、映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』(2017)など

織笠晃彦氏(以下、織笠):メカと『ごちうさ』のギャップ(笑)。言えば『ごちうさ』もやれたのに。

  • 織笠晃彦(CGディレクター)


    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009)の公開を受けてオレンジの存在を意識するように。「アニメーションから仕上げまで責任をもって仕上げていく姿勢」に共感し、当時所属していた会社を辞めて2013年に入社。オレンジが大切にする「画づくりへのこだわり」を胸に、作品制作へと情熱を燃やす。また、キャリアを活かし、入社直後からCGチームのまとめ役としても、その手腕を発揮している。代表作は『宝石の国』(2017)、『アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd』(2016)など

大川:!? 言えば良かった......。

小島可奈氏(以下、小島):私は役者を目指していたのですが、自分の中での区切りを機に、他の仕事をと思って20代後半で専門学校に入りました。声優さんが好きなので、声優さんに関われる仕事を探していたんです。

  • 小島可奈(CGモデラー・モデリングチームリーダー)


    アニメが好きだったことから役者の世界へ飛び込む。自分の中での区切りを機に別の道を模索した結果、アニメや声優に関わる仕事を求め、専門学校の門をくぐる。制作会社に詳しくなかったため「受かったところへ行こう!」と考えていたところ、オレンジの入社試験に合格。2013年入社する。異色の経歴ながらも、現在はモデリングチームのリーダーを任されるほどの信頼を得ている。代表作は『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』(2018)、『宝石の国』(2017)映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』(2017)、『スターフォックス ゼロ ザ・バトル・ビギンズ』(2016)、『コードギアス亡国のアキト 第3章~最終章』(2015-2016)など

安田晃士氏(以下、安田):僕は新卒で入りましたが、入社理由は「早く内定をくれたから」ですね(笑)。CGWORLDにオレンジという会社が載っていて、面接に行ったらそのまま「次から来て」となりました。

  • 安田晃士(CGディレクター)


    専門学校でCG技術を学んだ後、就職活動を機にCGWORLDでオレンジの存在を知り、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズなどの有名タイトルを手がけていることに惹かれて応募を決意。2012年に新卒で入社する。入社にいたった決め手は「内定が最も早く出たこと」。クールな発言やポーカーフェイスとは裏腹に、スタッフのことを深く理解し、チームを率いている。代表作は『宝石の国』(2017)、OVA『Under the Dog』(2014)、『攻殻機動隊ARISE』シリーズ(2013-2014)など

池谷茉衣子氏(以下、池谷):私も面接は社長の井野元(英二)さんとの1回だけでしたね。今は制作管理の半澤(優樹)さんも面接を担当しています。

  • 池谷茉衣子(CGディレクター)


    実写映画のCG技術に興味を抱き、専門学校へ入学。友人の影響を受け、アニメの魅力に引き込まれる。CG部門からアニメに関われる会社を探し「ここなら皆が観てくれる作品に携われる!」と2012年に入社。そこから数多くの作品に携わり、オレンジの制作を支えている。入社2年目からチーフに選ばれるなど「チームを率いていく力」も高く評価されている。代表作は映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』(2017)、『コードギアス亡国のアキト 第3章~最終章』(2015-2016)など

安田:ポートフォリオと志望理由だけで良い人は呼ばれている印象でしたよね。

池谷:私は近くの駐車場で――。

織笠:駐車場で面接!?

池谷:駐車場で志望理由を復唱していたんですよ

織笠:何だびっくりした(笑)。

池谷:緊張していてめっちゃ練習したのに、面接で聞かれなかったんですけどね(笑)。しかも行ったら建物の入り口がロックされていて、社長に「ドアが開かないんですけど!」と電話した思い出が(笑)。当時のオフィスは武蔵野台にあり、スタッフも10人ちょっとでした。

清宮:自分の面接のときは、ドアは開いていたけどポートフォリオは見られませんでした。「こんなんじゃわからないからさ、1月に引っ越すから来て」と言われて。

安田:昔は「入れてから見る」みたいな感じでしたね。

池谷:会社を大きくするタイミングというのもあって「どんどん来て!」という勢いでした。

清宮:自分たちが大量募集の一陣目ですね。でも、当時のオレンジはホームページも今みたいにちゃんとしていなくて......。素人はお断りという印象がありました。

  • 清宮慎吾(CGディレクター)


    前職はアニメ業界と関係なかったが、アニメ業界への憧れから一念発起。前職と平行して専門学校に通い、イチからCG制作を学ぶ。当時、オレンジのWebサイトに書かれていた「実力さえあれば!」の文字に躊躇していたが、専門学校に求人が出たことをきっかけに応募し、2012年に入社する。未経験からの挑戦であったが、現在はディレクターとして活躍。高い技術でチームをまとめあげている。代表作は『宝石の国』(2017)、『ブラック・ブレット』(2014)など

池谷:当時の自社サイトはフリーのレンタルサーバーで、会社の写真もなく、オレンジ一色の背景に作品のリンクだけが貼られていて怖かったですね(苦笑)。面接でも脅されました!(笑)

一同:(笑)。

池谷:「アニメ業界は大変だよ」と言われたんです。でもオレンジは有名な作品を多く担当していて、ここだったらいろいろな人が観てくれる作品に携われるなと思って「オールオッケーです」と答えました。業界的にも過酷な世界だというのはすでに覚悟していたので、私にとっては問題ありませんでした。

織笠:僕は最後まで画づくりに責任をもってやりたいと思っていたので、画づくりへのこだわり――最初から最後まで、エフェクトを乗せるところまで一貫してやっているところに共感しました。今、それが実現できているので入ってよかったと思います。

次ページ:
オレンジ若手スタッフの本音に迫る 「皆さんの思い入れのある作品は?」

Profileプロフィール

オレンジ/Orange

オレンジ/Orange

左から 織笠晃彦氏(CGディレクター)、池谷茉衣子氏(CGディレクター)、清宮慎吾氏(CGディレクター)、小島可奈氏(CGモデラー・モデリングチームリーダー)、大川瑛二氏(CGモデラー・モデリングチームリーダー)、安田晃士氏(CGディレクター)

オレンジ

オレンジ

オレンジは、TVシリーズや劇場用アニメーション、オリジナルビデオアニメのCG映像を制作している会社です。
近年では、宝石の国、劇場版 マジンガーZ / INFINITY、蒼穹のファフナーEXODUS、攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-、コードギアス 亡国のアキト、ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破や、マクロスF、 アクセルワールド、坂道のアポロン、インフィニット・ストラトスなどを手がけています。 オレンジでは実務経験が浅くてもキラリと光る才能があれば、 積極的に採用しています。ご応募お待ちしています!

新規ビッグタイトル複数企画・制作中につき、制作スタッフ募集!
>>詳しくはこちら

スペシャルインタビュー

初の元請け作品となるTVアニメ『宝石の国』を見事に大ヒットさせたオレンジ。同社の掲げる「妥協のないクオリティ」を、TVシリーズで堂々と見せつけた。今や、その評価の高まりは業界内外問わず、とどまるところを知らない。そこでオレンジのスタッフによる座談会を開催し、これからのオレンジを率いていく若手リーダーたちにお集まりいただいた。人気作の裏話から、オススメのストレス発散方法まで!? オレンジを支える若手クリエイターたちが生々しくも本音で語る、2時間半の様子をお届けしよう。