>   >  表現とは、見せることではなく"感じさせる"こと。(柏倉晴樹)「20人に聞く」<2>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画
表現とは、見せることではなく"感じさせる"こと。(柏倉晴樹)「20人に聞く」<2>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

表現とは、見せることではなく"感じさせる"こと。(柏倉晴樹)「20人に聞く」<2>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

今後さらなる活躍が期待される20人のクリエイターたちに雑談を交えながら「ものづくりにおける信条」をフランクに語っていただくシリーズ企画。3人目に登場するのは、MyDearest株式会社(以下、MyDearest)の柏倉晴樹さん。アニメ業界における確かなキャリアを経て、現在はVRに取り組むその真意とは!

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 241(2018年9月号)に掲載した記事を再構成したものになります。

INTERVIEW_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
EDIT_UNIKO(@UNIKO_LITTLE
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



【そのほかのお話】

"いつも自然体で、客観的な視点も忘れない。"(AC部)「20人に聞く」<1>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

"『スター・ウォーズ』という夢に向かって、走り続ける。"(今川真史)「20人に聞く」<3>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

"フランス人らしくない 自分だからこそできる、日本のクリエイティブシーンと世界をつなぐ。(ロマン・トマ)シリーズ企画「20人に聞く」<4>

<1>いつかは『楽園追放』を超えるアニメをつくりたい

CGWORLD(以下、CGW):まずはこれまでのキャリアを教えてください。

柏倉晴樹(以下、柏倉)東京工芸大学芸術学部を卒業した2006年にゴンゾ デジタル部(現グラフィニカ) でCGアニメーターとしてのキャリアを重ねていきました。特に:『ブラスレイター』という作品の制作に参加した際、板野一郎監督と一緒にお仕事をさせていただいたことで、自分のクリエイター人生が変わりましたね。



  • 3/20
    柏倉晴樹氏(MyDearest)

CGW:板野さんから直接アニメーション演出の指示を受けられていたんですか?

柏倉:そうなんですよ。板野さんとご一緒する前は、アニメーション制作というのは「どうすればいいか?」は考えるものではなく、提示されたラフ原画やコンテにオペレーターとして合わせる、という経験が多かったです。キャラクターアニメーションをちゃんとやったことのないそんな感じだったので、『ブラスレイター』(2008)の制作で板野さんに「このカットはどうすればいいですか?」と聞いた時、板野さんに「お前は、アニメーターだろ? 自分で考えろ!」と言われて(笑)。そのとき初めて「アニメーターって、自分で考えてつくって良いんだ!」って、パッと道が開けた気がしたんですよ。

CGW:まさにオペレータから、創り手(クリエイター)へと覚醒したわけですね。

柏倉:社会人になって以来、言われたことを守ることの多い作業を続けていたせいか、すっかり忘れてしまっていた「自分で考えながら作業をするべき」ということに気づくことができたんですよね。板野さんに「自分でやって良いんだよ」と言ってもらえて、スタッフが全員が自分の表現を思う存分発揮することができて、今ふりかえってもとても良い現場でしたね。

『BLASSREITER(ブラスレイター)』PV

CGW:今でこそアニメCGはすっかり定着し、演出やコンテに込められた意図を解釈してアウトプットができる人が求められていますが、当時はそういう人はあまりいませんでしたよね。

柏倉:少なかったですね。オペレータとしてのテクニックを極めた方が多く、テクニックを極めていく過程で独自性が自然と滲み出している方は沢山いました。しかし、彼らのそういった独自の表現を表に出す余地はなかったですね。

CGW:10年以上にわたりアニメ業界で活躍された柏倉さんですが、現在はVR領域をメインフィールドとされているようですね。具体的にどのようなお仕事をされているのでしょうか?

柏倉:アニメにおける3DCGの活用法を考えていく中でリアルタイムCGと出会い、現在はMyDearest所属のディレクターとして、VRにおける物語表現に取り組んでいます。

CGW:柏倉さんへのインタビューは、モーション監督を務められた『楽園追放 -Expelled from Paradise-』以来だったので、いつの間にか「VRの人」に転身されたんだあと(笑)

『楽園追放 -Expelled from Paradise-』劇場本予告編1

柏倉:そんなつもりはないんですけどね(笑)。『楽園追放』に参加できたことで、これからはもっと面白いCGアニメをドンドンつくれるぞと思っていたのですが、実際は今までと変わりなく淡々と作業をこなす日々に戻ってしまっていたんです。

CGW:そうだったのですね。

柏倉:そうした状況を打破したいと、個人的にワークフロー改革にも興味が出始めたことが転機になったのかもしれません。自分としては、現在取り組んでいるVRもアニメの表現技法を探求する一環なんです。いずれは『楽園追放』を超える作品をつくりたいという思いに変わりはありません。



次ページ:
<2>"アニメとしてのVR"を追い求める

Profileプロフィール

柏倉晴樹/Haruki Kashiwakura

柏倉晴樹/Haruki Kashiwakura

1982年生まれ。2006年3月に東京工芸大学芸術学部を卒業後、ゴンゾ デジタル部(現グラフィニカ)へ入社。板野一郎氏に師事し、アニメCGのワークフロー改革を探求する過程でVRと出会い、現在はMyDearestにてVR演出ディレクターとして活躍中。
mydearestvr.com

スペシャルインタビュー