>   >  『スター・ウォーズ』という夢に向かって、走り続ける。(今川真史)「20人に聞く」<3>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画
『スター・ウォーズ』という夢に向かって、走り続ける。(今川真史)「20人に聞く」<3>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

『スター・ウォーズ』という夢に向かって、走り続ける。(今川真史)「20人に聞く」<3>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

今後さらなる活躍が期待される20人のクリエイターたちに雑談を交えながら「ものづくりにおける信条」をフランクに語っていただくシリーズ企画。4人目は注目の若手、今川真史さんです!プロになった今でもコンスタントにオリジナルVFXワークを発表し続ける熱意の原点にせまります。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 242(2018年10月号)に掲載した記事を再構成したものになります。

INTERVIEW_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
EDIT_UNIKO
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



【そのほかのお話】

"いつも自然体で、客観的な視点も忘れない。"(AC部)「20人に聞く」<1>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

表現とは、見せることではなく"感じさせる"こと。(柏倉晴樹)「20人に聞く」<2>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

"フランス人らしくない 自分だからこそできる、日本のクリエイティブシーンと世界をつなぐ。(ロマン・トマ)シリーズ企画「20人に聞く」<4>

<1>『スター・ウォーズ』という夢に向かって、走り続ける。

CGWORLD(以下、CGW)京都造形芸術大学のキャラクターデザイン学科をご卒業後、今年4月からプロとしてのキャリアをスタートされました。新生活はいかがですか?

今川真史(以下、今川):大学卒業と同時に上京したのですが、一人暮らし自体が初めてな上、見るものも経験することも何もかもが新鮮で......。時間が過ぎるのがとにかく早いです。

CGWKLab Creative Fes'17グランプリを受賞されてから、メディアへの露出も多くなり今川さんのことを知る人が増えたかと思いますが、現在はどういう心境ですか?

今川:露出が増えてたくさんの人に自分の作品を見てもらえること自体はとても嬉しいのですが、ちゃんと実力が伴うようにもっとがんばらないとな、と気を引き締めています。名前だけが先に進んで、一緒に仕事をした時に「なんだ、大したことないな〜」なんて言われないように。世の中を知れば知るほど凄いクリエイターが沢山いるので。



  • 4/20
    今川真史(AnimationCafe)

CGWAnimationCafeにはどういった経緯で入社されたんですか?

今川KLab Creative Fes'16動画部門で準グランプリを受賞後、しばらくしてからAnimationCafe代表取締役の岸本(浩一)さんからTwitterでメッセージをいただいたのがきっかけです。いろいろとお話させていただくなかでビジョンに共感して入社に至りました。

KLab Creative Fes'17 でグランプリを受賞した作品『THE SEABED』

KLab Creative Fes'16 動画部門で準グランプリを受賞した作品『Traveler』

CGW:具体的にどんなところに惹かれたのでしょうか?

今川:将来ハリウッド映画のVFXに携わりたくて、今でも海外スタジオの求人を見つけては応募しているのですが、Cafeグループでは海外を目指すスタッフを積極的にサポートしていることを知ったのが大きかったです。

CGW:学生時代から引き続き、現在もお仕事をしながら海外のVFXスタジオのジョブオファーをチェックし続けているわけですね。

今川:はい。ILM(Industrial Light&Magic)をはじめ、実写映画を手がけている大手スタジオを中心に今でもポートフォリオを送り続けています。まだ経験は浅いですが20代のうちに現地に行って、できる限りたくさんの経験を積んでみたいんです。あと、20代のうちなら、万が一、大失敗をしたとしても、余裕をもって自分を建て直して、もう一度挑戦できるんじゃないかと。

CGW:昨年9月27日に公開したCGWORLD Entry.jpのインタビューの中で、「(前略)ILMは僕の目標です。父が大ファンだったこともあり、幼少期からずっと『スター・ウォーズ』を見てきました」とコメントされていますが、お父様はどのような方なのですか?

今川:父は塾の講師をしていて英語を教えています。そういう背景もあって、中学までは勉強漬けの毎日でした。ですが、勉強をしすぎて倒れたことがあって、それ以降は両親も僕には好きなことをやらせようと考えを変えてくれたと思います。



CGW:そのときはご両親も心配されたでしょうね。今川さんに元気でいてもらうために、のびのびとやってもらおうと思われたのでしょう。ところで、創作活動に興味を抱いたのはいつ頃からですか?

今川:はっきりと方向を定めたのは高校の頃ですね。友達と進路の話をしていたときに美大志望の友人がいたんです。絵が好きで落書きばかり描いていた自分は、絵で大学に行けること自体が驚きで、すぐに興味をもちました。そこから友人と画塾に通い始めたり、イラストの勉強をしたりと本格的に基礎を学び始めました。

CGW:猛勉強の日々から比べると、ずいぶんと大胆な方向転換だったのではないですか?

今川:実はそうでもなくて、昔から『スター・ウォーズ』を観てはダース・ベイダーを描いたり、ダンボールでライトセーバーを作ったりして遊んでいたので、自分としてはごく自然な流れでした。ただ、CGを仕事にするなんてまったく予想していませんでしたね。

CGW:大学の授業で初めて3DCGに触れたんですよね? CGは絵画とはちがい、ロジカルというか理数系の感覚や知識習得も求められますが、抵抗なくすぐに馴染めましたか?

今川:NUKEの操作を独学したときは確かに大変でしたね(苦笑)。CGにかぎらず新たな技法を身につけるには苦労がつきものですけど、ゴールに『スター・ウォーズ』があると思えば全然苦痛ではなく、そのための勉強はむしろ楽しいくらいです。

CGW:今川さんにとって『スター・ウォーズ』こそが、全ての原動力なんですね。少し意地悪な質問かもしれませんが、『スター・ウォーズ』への道のりは遠いなと思ったり、辛くなったりすることはないですか?

今川:いいえ、今はそんなに辛くないですね。がんばれば自分にもできるんじゃないか、と結構前向きです。テストで良い点を取るために努力していた時代に比べれば、純粋に好きなことに取り組めているのでとても楽しいです。



次ページ:
<2>短いショットの中に、自分の全てを詰め込む

Profileプロフィール

今川真史/Masashi Imagawa

今川真史/Masashi Imagawa

1995年生まれ、京都造形芸術大学 キャラクターデザイン学科卒業。現在はAnimationCafe所属。大学1年次に受けた授業をきっかけに、ほぼ独学でCG・VFXを学ぶ。オリジナル短編『THE SEABED』でKLab Creative Fes'17動画部門グランプリを受賞。
www.artstation.com/masashivfx321

スペシャルインタビュー