>   >  フランス人らしくない 自分だからこそできる、日本のクリエイティブシーンと世界をつなぐ。(ロマン・トマ)シリーズ企画「20人に聞く」<4>
フランス人らしくない 自分だからこそできる、日本のクリエイティブシーンと世界をつなぐ。(ロマン・トマ)シリーズ企画「20人に聞く」<4>

フランス人らしくない 自分だからこそできる、日本のクリエイティブシーンと世界をつなぐ。(ロマン・トマ)シリーズ企画「20人に聞く」<4>

今後さらなる活躍が期待される20人のクリエイターたちに雑談を交えながら「ものづくりにおける信条」をフランクに語っていただく、CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画。5人目は10年以上にわたり日本を拠点に活躍する、ロマン・トマさん! 来日当初から現在までの足跡にせまります。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 243(2018年11月号)に掲載した記事を再構成したものになります。

INTERVIEW_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
EDIT_UNIKO(@UNIKO_LITTLE
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



【そのほかのお話】

"いつも自然体で、客観的な視点も忘れない。"(AC部)「20人に聞く」<1>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

表現とは、見せることではなく"感じさせる"こと。(柏倉晴樹)「20人に聞く」<2>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

"『スター・ウォーズ』という夢に向かって、走り続ける。"(今川真史)「20人に聞く」<3>CGWORLD創刊20周年記念シリーズ企画

フランス人らしくない自分だからこそできる、

日本のクリエイティブシーンと世界をつなぐ。

CGWORLD(以下、CGW):今日はよろしくお願いします。本誌の創刊20周年を記念した企画になります。

ロマン・トマ(以下、ロマン):今年で20周年なんですね。私がゴブランに入学してアニメーションを勉強しはじめた年と同じです。

CGW:理系の大学を中退して、1998年から世界有数の映像専門学校ゴブラン(Gobelins, l'École de l'image)でアニメーション制作を学び始めたと伺っています。

ロマン:そうです。90年代後半といえば、フランスの映像制作の現場でもアナログからデジタルへの転換期で、私たちの卒業制作ではゴブラン初のデジタル撮影を行いました。こういった時代を経験できたことは私のキャリアにとって幸いでした。

CGW:SIGGRAPHで良い作品だなとチェックするとゴブランの生徒の作品だったりするのですが、ゴブランはCGアニメーションに力を入れている学校なんですか?



  • 5/20
    ロマン・トマ(Studio No Border)

ロマン:そういうわけではないんです。フランスでCGの専門学校として有名なのは北フランスにあるSupinfocom(シュパンフォコム)※現在はRUBIKAへと改組)が有名です。ゴブランは手描きアニメーションが得意な学校で、絵が上手い人がたくさん入学してくるのですが、そういう人たちのなかでもCGを選ぶ人が素晴らしい作品をつくるんですよ。ピクサーやディズニーをはじめ、トップレベルのアニメーションってほとんどCGでつくられているじゃないですか。だから、ゴブランに入ってしっかりと作画やアート、絵コンテなどの手描きの技術を学んでからCGを勉強するので、結果として素晴らしいCG作品をつくる卒業生が多いんですよ。

CGW:ロマンさんは2Dでドーローイングされる際はデジタルツールを使われているんですか?

ロマン:実は今もまだ紙が好きで、ラフやスケッチは紙に手描きをしています。紙だとリラックスして描けるし、細部までこだわれるし、いきなりPCで描くよりもアイデアが浮かびやすいんです。手描きでスケッチした後はデジタルで彩色して、必要があればPhotoshopの自動変形ツールなどデジタルの便利な機能を使いこなしています。デジタルツールを使うことで効率的でクオリティの高い絵が楽に描けるようになりましたね。

CGW:アナログとデジタルの良いところをバランスよく取り入れるわけですね。ところで、ロマンさんが日本に来られたきっかけはどういうものだったんですか?

ロマン:友人たちと企画した『オーバン・スターレーサーズ』という作品をつくるために2003年に来日しました。SFアドベンチャーで日本アニメの影響が大きく、なによりも日本でアニメ制作をすることが夢だったんです。


2006年から2007年にかけて放送されたアニメ『オーバン・スターレーサーズ』


CGW:日本のどんな作品に影響を受けましたか?

ロマン:子供の頃から『聖闘士星矢』、『ドラゴンボール』、『キャプテン・ハーロック』など日本のアニメをたくさん観ていました。ですが、直接影響を受けたのは『AKIRA』スタジオ・ジブリ作品、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『カウボーイビバップ』などですね。

CGW:昔から日本のアニメはフランスでもたくさん放送されていたんですね。

ロマン:当時はフランスのアニメ業界があまり発達していなくて、TVで放送されているアニメ作品は日本のアニメとアメリカのアニメだけだったんですよ。先ほど挙げた作品はストーリーも絵柄も、大人でも圧倒されるほど感動的です。空間表現は実写に近い演出がされていることも特色だと思います。

CGW:来日された当初、カルチャーショックを受けましたか?

ロマン:実はそんなに違和感がなかったんですよ。むしろ、東京は便利で住みやすい街だなって。日本に来た目的はアニメの仕事をするためだったので、遅くまで電車が走っている、いつでもコンビニでお弁当が買える、働くにはとても良い都市だと。最近では考え直す必要のある働き方ですが、当時は幸せでした(笑)



CGW:アニメの制作手法について、日仏のちがいを感じましたか?

ロマン:フランスのアニメーション制作現場における経験がなかったので、どんなことも自然に吸収することができました。日本のアニメーターを尊敬してますし、彼らの評価と信頼を得るために朝から晩までずっと描いていました。来日前から日本語を勉強していたものの満足に喋れなかったので、言葉で表現できないことは全て絵に託していました。おかげで作画のクオリティも自ずと上がっていきましたね。

CGW:最近は少しずつ変わりつつありますが、日本には独特な "同調圧力" のような風潮がいまだに残っていたりします。例えば、「みんな我慢しているんだからあなたも我慢するべき」みたいな。そういった面で不満は感じませんでしたか?

ロマン:文化のちがいは確かにありますね。フランス人は不満をはっきりと言葉にして表現しますが、日本人は不満を口にするのは格好悪いと思っているのかなと。大変だけど黙ってがんばるのが格好良い、みたいな。でも、我慢しないで思っていることは言っても良いと思いますよ。率直に言うと、アジア圏の他のアニメプロダクションは、まだ成長途中ではありますがエネルギーに満ちあふれているので、このままでは日本は本当に遅れをとってしまうと思います。

次ページ:
<2>出会いから新しいアイデアを得て作品にする

Profileプロフィール

ロマン・トマ/Thomas Romain

ロマン・トマ/Thomas Romain

1977年生まれ、フランス出身。 アニメ案件を中心に、イラストレーター、アートディレクター、演出家として幅広く活動する。2003年に来日、2007年から2018年4月までサテライトに在籍。今年5月にStudio No Border株式会社を創業。

@Thomasintokyo

スペシャルインタビュー