>   >  セミナーやパッケージ販売を通じて認知度を上げていきたい〜マーザ・アニメーションプラネットがいち早く実践する「ストーリーボード」による映像制作とは(後編)
セミナーやパッケージ販売を通じて認知度を上げていきたい〜マーザ・アニメーションプラネットがいち早く実践する「ストーリーボード」による映像制作とは(後編)

セミナーやパッケージ販売を通じて認知度を上げていきたい〜マーザ・アニメーションプラネットがいち早く実践する「ストーリーボード」による映像制作とは(後編)

ハリウッドの映像制作で用いられる「ストーリーボード」によるデベロップメント工程を日本でいち早く採り入れているマーザ・アニメーションプラネット(以下、MARZA)。デベロップメントチームへのインタビュー後編は、ストーリーボードに重要な「スクリーンディレクション」の考え方や今後の展望について語っていただいた。

関連記事
CG制作前にリールの試写&修正を3回くり返す~マーザ・アニメーションプラネットがいち早く実践する「ストーリーボード」による映像制作とは(前編)

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_浅田真理子(MARZA ANIMATION PLANET)

<1>視聴者の意識に重要な役割を果たす、スクリーンディレクションの理論

"THE GIFT" (created using "MARZA Movie Pipeline for Unity") 本編

高橋:これは2016年に制作した『THE GIFT』という短編です。この制作においてもストーリーリールをつくり、プロダクションで最終的なCGにするというかたちを採りました。プロダクションで変更したところもありますが、リールではスクリーンディレクションとして、左から右にずっと進んでいくようにしています。最初は観ても気づかないところかもしれませんが、そうした基本設計をストーリーボード上で行なっています。

CGW:スクリーンディレクションとは?

木下:単純に言えば画面配置の話です。例えばキャラクターが2人、左と右にいて、左の人から右の人に話しかけている。ところが次のカットに移ったときにその配置が逆になっていたら、すごく観づらくなりますよね。その統一をするということです。

写真左から 栗田 唯氏(ストーリーアーティスト)、木下宏幸氏(ストーリーアーティスト)、高橋友和氏(エディター)、沓名健一氏(ストーリーアーティスト)、以上、マーザ・アニメーションプラネット

木下:この応用として、キャラクターが左から右に走っていて、次のカットで右から左に走っていたら、観客は「戻った」と感じる。他にも、最初のショットで建物が左にあり、キャラクターが右にいるという画面を示しておくと、そのキャラクターをアップにして建物を映さなくても、左には建物があると認識します。そこで左からキャラクターが歩いてくると、「その人物は建物から出てきた」と解釈されるわけです。このように、全てを映さなくても観客の頭の中で位置関係を把握できるような状態に画面を構成していくのがスクリーンディレクションです。これをきちんと行うことで、ストレスなくその世界に没入できます。

高橋:パッと画面を見たときのわかりやすさは、長尺になればなるほど大事ですね。

木下:映画全体を通しても主人公が何かに立ち向かっていくながれのときには、画面の左から右に向かうようにして、ピンチで1度家に帰るときは反対に右から左に向かわせる。視聴者がたとえボーッと観ていても、戻っているという感覚にさせる。

『THE GIFT』のストーリーリールと本編の比較。主人公の少女は常に画面の左から右に向かって進んでいる

栗田「行きて帰りし物語」(※)ってありますよね。最近だとディズニーの映画『モアナと伝説の海』やピクサーの映画『リメンバー・ミー』。古いものだと『ファインディング・ニモ』など。これらも右に向けて出発して、左に帰ってくるようにプランニングされているんです。物語の途中で反転するときは、明確な理由があり、観客が困惑しないよう丁寧にスクリーンディレクションを考えています。

※「行きて帰りし物語」:ファンタジーの類型の1つ。登場人物が異世界などへ行き、何か経験をして戻ってくるタイプの物語

高橋:『Robodog』も、迷子になったロボット犬が家を探して戻るという話なので、大まかには左から右に行くというプランニングがあったはずです。

沓名:西洋人は左から右の方向をポジティブと捉える人が多いみたいです。日本人は逆が多いようです。宮崎 駿監督の映画も、だいたい右から左に旅立つ構成になっています。一説には、日本語が縦書きで右から左に読むから、西洋の言葉は左から右に読むからだと言われているみたいですが。

木下:僕、ストーリーボードをハリウッドのストーリーアーティストに教わったので、左から右が当たり前だと思っていたんです。日本人の監督がなぜか逆のことを言っているなと思ったら、そういうことだったと(笑)。

高橋:あとは地理的な理由もあります。右から左にクルマを走らせているときは、東から西に向かう道を表しているとか。だから、どちらが正しいと言うよりも、どういう風に地理的なものをプランニングしていくかで演出が変わってくるということです。

栗田:すると、日本人でありながら世界に向けてつくる場合はどういう風に描きますか?

沓名:それは監督次第ですね。

高橋:現在制作中の映画では、一度左から右で構成していたのですが、日本人向けに右から左に戻しました。

次ページ:
<2>絵コンテとストーリーボードのハイブリッドシステムも開発

Profileプロフィール

MARZA デべロップメントチーム

MARZA デべロップメントチーム

前列左から 栗田 唯氏(ストーリーアーティスト)、沓名健一氏(ストーリーアーティスト)、後列左から 木下宏幸氏(ストーリーアーティスト)、高橋友和氏(エディター)

スペシャルインタビュー