>   >  デジタルアーティストが監督に徹する上で必要な覚悟とは、TVアニメ『イングレス』櫻木優平監督&石井朋彦Pr.
デジタルアーティストが監督に徹する上で必要な覚悟とは、TVアニメ『イングレス』櫻木優平監督&石井朋彦Pr.

デジタルアーティストが監督に徹する上で必要な覚悟とは、TVアニメ『イングレス』櫻木優平監督&石井朋彦Pr.

スマートフォンの位置情報を利用し世界中でプレイされているゲーム『イングレス』を原作としたTVシリーズ『 INGRESS THE ANIMATION 』(以下、『イングレス』)が放送中だ。監督を務めるのは、これまで岩井俊二監督や宮崎 駿監督と仕事を共にした俊英デジタルアーティストの櫻木優平だ。これまで巨匠の下で自ら手を動かし表現を突き詰めていた彼が、初のTVシリーズ監督をするにあたって決断したのは現場で「自ら手を動かすことをやめる」ことだった。その意図と作品づくりへの姿勢を、アニメーション制作を行なうクラフターの石井朋彦プロデューサーとの対談で語ってもらった。

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



TVアニメ『イングレス』抵抗PV
フジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55から放送中
NETFLIXにて全話配信中
ほか各局にて放送
関西テレビ/東海テレビ/テレビ西日本/北海道文化放送/BSフジ
ingressanime.com
© 「イングレス」製作委員会


<1>櫻木優平はいかにして「自ら手を動かすこと」をやめたのか?

CGWORLD(以下、CGW):まずは、この企画がどのようにはじまったのかを教えてください。

石井朋彦プロデューサー(以下、石井):『イングレス』を開発したナイアンティックCEOのジョン・ハンケさんとは、彼がGoogleにいらした10数年前から交流があり、そのご縁で同社の主要メンバーとは長くお付き合いをさせていただいていました。そして2016年にフジテレビがナイアンティックに出資し、『イングレス』を本格的にエンターテインメント化して展開させていきたいという相談をいただき、ディスカッションをしていくなかで、クラフターがアニメ化をお引き受けすることになりました。ジョン・ハンケさんたちは日本のアニメが大好きで、アニメ化するなら日本で、という思いもあったのではないでしょうか。

CGW:そうだったのですね。

石井:僕はお話をいただいたその足で櫻木にシリーズ監督を打診しました。彼は、『Pokémon GO』でもヒューマンキャラクター(プレイヤーキャラ)のモデリングを担当していたので、その点でもナイアンティックとはご縁があったんです。

CGW:櫻木さんは『Pokémon GO』ではモデリングディレクターをされていたと伺っていましたが、プレイヤーキャラを自ら手がけていたのですね。

石井:おそらく世界で最も多くの人に見られているCGキャラクターモデルをつくった男ですね(笑)。

櫻木優平監督(以下、櫻木):『Pokémon GO』はリリース間もなく社会現象になり、街中でみんながプレイしている姿を見ると不思議な気持ちになりました。あの規模になると何が起きているのかわからなくなります(笑)。

  • 櫻木優平監督


CGW:TVアニメ『イングレス』の企画開発はどのように進みましたか?

石井:『イングレス』は、まるでゲームの設定が実際にこの世界に存在するかのような膨大な世界観をすでに含んでいるので、それをアニメでどのように表現していくかを考えるところから企画がスタートしました。ハンケさんをはじめ海外の方が求めるレベルは、いわゆる劇場作品級のもの。それをTVシリーズでつくることは容易ではありません。ただ、チーム櫻木のクオリティについては絶大な自信がありました。櫻木は決まるやいなやテストショットを作成し、それを見せたところ、先方からは「まさにこれだ」と、気に入っていただけました。

  • 石井朋彦プロデューサー


CGW:そのテストショットとはどんなものだったのですか?

櫻木:写真を加工した背景にキャラクターを合成したものです。一般的なアニメの場合、色彩設計さんがシーンごとに色のパターンをつくりますが、今回は撮影監督の野村(達哉)さんがコンポジットで背景に合わせて色を決めていくという手法を採っています。背景とのバランスや色馴染みが非常に緻密になされているのが特徴ですね。

CGW:今、挙げられた野村さんを含め、チーム櫻木というのはどんなメンバーで構成されているのですか?

石井:前身となったのは岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』(2015)を制作していたときのチームです(※櫻木氏はCGディレクターを務めた)。さらにその後、スタジオジブリで櫻木が携わった短編アニメーション『毛虫のボロ』(2018)を制作していたときの中核スタッフが今回の『イングレス』にも集まってくれて、クラフタースタジオが出来上がったというかたちです。ですので、ほとんどのメンバーが櫻木のつくり方を知っているし、櫻木も彼らのクリエイティビティに信頼を置いています。

櫻木:今回は大きなプロジェクトだったので、何でもかんでも自分が抱えるというわけにはいかず、お願いできるところはできるかぎり各スタッフにお願いしていきました。

© 「イングレス」製作委員会

CGW:櫻木さんは、監督作品でもアニメーションディレクターやモデラーとして、ご自身も実作業を手がけてきましたよね。それを今回、TVシリーズの監督として、実作業はできるだけ他の人にお願いするというスタイルをとるにあたっては、相応に意識を変化させる必要があったのでは?

櫻木:今作に向かう際に自分のテーマとしてあったのは、全体を俯瞰して見るという立場に徹するということです。これまでは、現場でほとんど全ての工程を自分でみていたのですが、今回は自分の現場作業をもたないようにしました。現場に関してはCGディレクターの古川(厚)さん以下、各セクションのディレクターの方々に、演出・コンテに関してもまずは別のスタッフたちにお願いして、僕はその後の調整や修正に徹しています。僕が自分で手を動かしてアニメーションを付けはじめてしまうと、全体が見えなくなってしまうことが最初からわかっていたので、そこは良い意味でのわりきりが必要でしたね。勇気のある決断ではありました。

石井:アーティストって、やっぱり目の前にあるものをつくりたがるんですよね。だから監督が全てを抱えてしまうとマイナスに働くことが多いのです。これは押井 守監督がおっしゃっていたことですが、「監督というのは、自分で手を下さずに冷静かつ客観的に判断をするものだ」と。まだ若く、自分で手を動かしたい盛りの櫻木が自分でそれに気づいて実行に移したというのはさすがだなと思いました。

© 「イングレス」製作委員会

CGW:櫻木監督の作業としてはプリプロダクションが主でしたか?

櫻木:キャラクターデザインの発注、シナリオ開発協力やその調整、あとは編集や音楽など、大枠の方向性をつくることが主ですね。

石井:その意味では全部をつくっているという言い方もできます。櫻木が画だけにこだわるということなく、要所要所をスタッフにまかせているということですね。

櫻木:まずは、各スタッフたちにお願いして、上がってきたものに対して必要であれば舵を切るとか手を加えるということを行なっていました。まったく意図しないものが上がってくるようなことは極力ないように進めたいとは思っていました。

CGW:お話を聞いていると、かつて庵野秀明監督がインタビューで「監督って、何をする人ですか?」という質問に対し、「OKかNGかを判断する仕事です」と答えていたことを彷彿とさせました。

櫻木:そうですね。実際にShotgunを使って「OK」か「リテイク」のどちらかを選ぶことになります。リテイクだったらどこを直してほしいかをできるだけ具体的に書きます。それを全カットにわたって行なっていったという感じです。そうすることで、全体を俯瞰してみつつ、こだわりたい箇所にこだわることができました。

© 「イングレス」製作委員会

次ページ:
<2>櫻木優平、『イングレス』にカメオ出演!?

Profileプロフィール

櫻木優平/Yuhei Sakuragi

櫻木優平/Yuhei Sakuragi

熊本県出身。実写映像・グラフィックデザインを学んだ後、フリーランスとして活動をはじめる。岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』(2015)、宮崎駿監督のジブリ美術館短編アニメーション『毛虫のボロ』(2018)の3DCGスタッフとして頭角を現わし、脚本・監督を務めた日本アニメ(ーター)見本市『新世紀いんぱくつ。』(2015)で注目される。クラフターが推進する最新技術を投入したアニメーション手法「スマートCGアニメーション」にこだわり、繊細かつ緻密なアニメーション表現を得意とする、今最も注目される若手クリエイターのひとり。本作が初のTVシリーズ監督作品となる。

@yuheisakuragi

石井朋彦/Tomohiko Ishii

石井朋彦/Tomohiko Ishii

1977年生まれ、東京都出身。株式会社クラフター 取締役/プロデューサー。1999 年にスタジオジブリへ入社し、鈴木敏夫氏の下でプロデュースを学ぶ。『千と千尋の神隠し』(2001)や『ハウルの動く城』(2002)のプロデューサー補を担当した後、Production I.Gで『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008)『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 2.0』(2011)などをプロデュース。2011年にクラフターを設立。

クラフター公式サイト

スペシャルインタビュー