>   >  VFXアナトミー:3DCGの悪霊・虚<ホロウ>と実写アクションの巧みな融合、映画『BLEACH』VFXメイキング
3DCGの悪霊・虚<ホロウ>と実写アクションの巧みな融合、映画『BLEACH』VFXメイキング

3DCGの悪霊・虚<ホロウ>と実写アクションの巧みな融合、映画『BLEACH』VFXメイキング

悪霊・虚〈ホロウ〉たちをはじめとする、フォトリアリスティックなVFXと生身のアクションを巧みに融合させる。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 241(2018年9月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

© 久保帯人 / 集英社 © 2018 映画「BLEACH」製作委員会

映画『BLEACH』 好評上映中
出演:福士蒼汰、杉咲 花、吉沢 亮ほか 監督・脚本:佐藤信介/脚本:羽原大介/原作:「BLEACH」久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 )/撮影監督:河津太郎/編集:今井 剛/VFXプロデューサー:道木信隆/CGプロデューサー:豊嶋勇作、鈴木伸広/VFXスーパーバイザー:神谷 誠、土井 淳/アクション監督:下村勇二/製作:映画「BLEACH」製作委員会/制作プロダクション:シネバザール
bleach-movie.jp

実写と3DCGをシームレスに一体化

「ONE PIECE」や「NARUTO -ナルト-」と並び「週刊少年ジャンプ」で約16年という長期にわたり、若い世代を中心に圧倒的人気を誇った久保帯人原作コミック「BLEACH」。2016年の連載終了から2年近く経ったこの夏、満を持して実写映画化され、好評上映中だ。

監督を務めたのは、漫画原作の映画化でヒットメーカーとして知られる佐藤信介氏。ハイエンドなVFXと実写を巧みに融合させることで、死神たちのケレン味あふれるアクション、3DCGなしには実現不可能な悪霊・虚〈ホロウ〉など、独創的な原作「BLEACH」の世界観を見事に描き出している。そして、本作のリードVFXスタジオを務めたのは、デジタル・フロンティア(以下、DF)だ。


【写真・左から】吉井博之氏、鈴木伸広CGプロデューサー、神田 遼氏、森田健介氏、矢舩貴之氏、高谷圭吾氏、草本健介氏、土井 淳VFXスーパーバイザー、安藤弘樹氏、小野寺 丞氏、佐藤 傑氏。以上、デジタル・フロンティア
www.dfx.co.jp

佐藤監督とは『GANTZ』シリーズ(2010・2011)を皮切りに、『アイアムアヒーロー」(2015)、『デスノート Light up the NEW world』(2016)、そして『いぬやしき』(2018)と、近年コンスタントにタッグを組んできているのは周知の通り。「本作では、要の表現となる、悪霊・虚〈ホロウ〉のVFXを中心に担当させていただきました。同じく佐藤監督作品の『いぬやしき』とほぼ同時進行になったので、スケジュールやスタッフの調整には悩まされましたが、クライマックスのグランドフィッシャー戦のシーンでは日本映画としては異例な規模で3DCG主体の背景を構築するといった新たなチャレンジをやりとげることができました」と、神谷 誠氏と共にVFXスーパーバイザーを務めた土井 淳氏はふり返る。

トータルのVFXショットは約500。そのうち、DFが一手に引き受けた悪霊・虚〈ホロウ〉が介在するのは約160ショットだという。なお、死神たちが携える残魄刀(ざんぱくとう)の武器プロップについては、DFのキャラクター班が制作したものを外部パートナーとなるCGプロダクション各社に提供していたりもするとのこと。

また、『BLEACH』プロジェクトの方が、今年4月に公開された『いぬやしき』よりも先にスタート。納品も本作が先になったという。そうした意味では本プロジェクトで得た知見が、『いぬやしき』にて初導入されたDFの最新パイプライン「PL2.0」を構築する際にも活かされているそうだ。

01 悪霊・虚〈ホロウ〉デザイン&モデル制作

多種多様な「和」によって悪霊たちを具現化する

実写撮影は、2016年9月末から11月頭までの約2ヶ月にわたって行われた。それに先立ち、「フィッシュボーン」「ヘキサポダス」「グランドフィッシャー」という、劇中に登場する悪霊・虚〈ホロウ〉3体のアート制作が進められた。佐藤監督が求めたのは「和のテイスト」をもたせることだったという。まず、共通の要素となるお面については、原作のそれよりも凹凸を深く刻み、顔を形成する各パーツが異なる情動を表現することで観る者に多様な表情(感情)の印象を抱かせるという、能面に通じるアプローチが採られた。その上で、各悪霊たちのキャラクタライズとして、「フィッシュボーン」の場合は、その名のとおり鱗や背びれをデザイン。そして和の要素として、ふんどしや腰みのを加えて、鬼のイメージが加えられた。さらに最初に登場する悪霊ということで、巨大感や圧迫感を押し出すべく、常に前傾姿勢のポーズに仕上げられた。次に登場するヘキサポダスの場合は、老女や女郎蜘蛛の要素を。そして、最後に登場する「グランドフィッシャー」は、秋田のなまはげをイメージ。ファーストカットでは球状の風にゆらぐ華のような状態。そして全貌を現すと獰猛な獣さながらのため、体毛は常に揺らぎ、光沢感をもたせることでシーンによって様々な表情が出るようにルックを調整。"最凶の虚〈ホロウ〉"として、力強さと不気味さのベストバランスを追求したという。「3体とも表情の出しにくいデザインのため、モデリングの段階でなるべく凹凸を付けて陰影によって感情が出るように工夫しています。また、フィッシュボーンは青魚のような特殊な質感ですが、登場するのが暗い夜のシーンのため、マテリアルやテクスチャに加えて、ライティングの設定も調整したりと、最後まで試行錯誤をくり返しました」と、佐藤 傑リードキャラクターアーティストはふり返る。悪霊3体のモデル制作は、アート班から提供された豊富なコンセプトアートやコンセプトモデルをベースに、モデラー5名体制で対応。先述した武器プロップや、アクションシーン用のデジタルダブルなど、劇中に登場するキャラクターに関するアセットを包括的に手がけているとのこと。

DFアートチームが描いた、悪霊・虚〈ホロウ〉のコンセプトアート例


フィッシュボーン


ヘキサポダス

グランドフィッシャー


悪霊・虚〈ホロウ〉の完成モデル。原作漫画のデザインをふまえつつ、実在感をもたせるためのディテールや質感がつくり込まれた



  • フィッシュボーン



  • ヘキサポダス


グランドフィッシャー


ZBrushによるスカルプト例



  • グランドフィッシャー頭部



  • ヘキサポダス


Substance Painterによる質感付けの例



  • グランドフィッシャー頭部



  • フィッシュボーン

次ページ:
02 リギング&アニメーション

その他の連載