>   >  Ask Me about SIGGRAPH Asia 2018!:Question 8:What are the programs first time in SIGGRAPH Asia?(SIGGRAPH Asiaの新プログラムについて教えてください)
Question 8:What are the programs first time in SIGGRAPH Asia?(SIGGRAPH Asiaの新プログラムについて教えてください)

Question 8:What are the programs first time in SIGGRAPH Asia?(SIGGRAPH Asiaの新プログラムについて教えてください)

本連載では2018年12月4日(火)∼7日(金)に東京国際フォーラム(有楽町)で開催されるSIGGRAPH Asia 2018の価値を、SIGGRAPH Asiaを愛するキーマンたちに尋ねていく。最終回となる第8回では、安生健一氏(カンファレンスチェア)、長谷川 勇氏(Real-Time Live! チェア)、石丸健二氏(VR Theater ディレクター)、西原紀雅(※敬称略 Production Gallery ディレクター)による座談会を通して、今回のSIGGRAPH Asiaで実施される3つの新プログラムの見どころをお伝えする。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲左から、石丸健二氏、安生健一氏、長谷川 勇氏、西原紀雅

SIGGRAPH初心者のための、日本語によるBOFも実施

CGWORLD(以下、C):10月24日に記者会見(※1)が実施され、SIGGRAPH Asia 2018の開催が目前に迫っていることを否が応でも感じますが、準備状況は如何ですか?

※1 記者会見の模様は「過去最多となる1万人の参加に向けて、着々と準備中。「SIGGRAPH Asia 2018」記者会見レポート」を参照。

安生健一氏(以下、安生):毎日誰かから連絡が来て、日々いろいろありますが、なんとか前進しています(苦笑)。先日もSIGGRAPH Asia 2019 カンファレンスチェアのTomasz Bednarzさんから「Birds Of A Feather(以下、BOF)の詳細はいつ公開されるんですか?」と催促がありました。

  • 安生健一
    オー・エル・エム・デジタル 技術顧問/イマジカ・ロボット・ホールディングス アドバンストリサーチグループ ディレクター/ヴィクトリア大学(ニュージーランド)コンピューテーショナル・メディア・イノベーションセンター(CMIC)ディレクター。工学博士。国内外の研究者・技術者との「使える」技術開発のコラボレーションに加え、SIGGRAPHを始めとするCGの国際会議での研究発表などの対外活動も活発に行なっている。SIGGRAPH Asia 2018ではカンファレンスチェアを務める。


C:BOFはSIGGRAPHだとお馴染みのプログラムですが、SIGGRAPH Asiaで実施されるのは今年が初めてですね。

安生:そうです。Bednarzさんには、People in the Demoscene Subcultureと題したBOFを実施していただきます。彼のDemoscene(※2)はSIGGRAPH 2018のBOFでも大人気だったので期待しています。日本からもTokyo Demo Festの関係者が参加してくださいます。それからSIGGRAPH Tokyo(※3)委員長の安藤幸央さんには、Tips for First-Time Attendees. Perfect Guide to SIGGRAPH Asiaと題した日本語によるBOFを初日(4日)の11時から実施していただきます。タイトルにある通り、初めてSIGGRAPH Asiaに参加する日本人のために、その楽しみ方を解説する内容です。

※2 PC上でプログラムを実行し、リアルタイムに音楽・映像作品を再生するパフォーマンスのこと。日本では「メガデモ」とも呼ばれる。
※3 正式名称はTokyo ACM / SIGGRAPH Professional Chapter。通称「シーグラフ東京」。東京を拠点とするSIGGRAPHのローカルチャプター。

SIGGRAPHでは恒例の河口洋一郎先生によるSAKE Party(※4)も、Kawaguchi's SAKE Party & CG Show at SIGGRAPH Asia 2018と題し、BOFのひとつとして実施します。ただし東京国際フォーラムの会場内では飲酒ができない決まりなので、4日の20時から近所にある別の会場で行います。同日の20時までTechnical Papers Fast Forward(※5)があるので、それを聞いてからでも参加できる時間帯に設定しました。

※4 SIGGRAPHで長年実施されている、河口洋一郎氏(CGアーティスト)主催のパーティ。日本酒の樽の蓋を木槌で割る、いわゆる「鏡開き」を実施した後、参加者に日本酒がふるまわれる。
※5 SIGGRAPH、およびSIGGRAPH Asiaの恒例プログラム。Technical Papersの発表者らが代わる代わる登壇し、1分の持ち時間の中で、自分らのTechnical Papersの概要や魅力をプレゼンテーションし、翌日以降に行われる本格的な発表にも足を運んで来れるよう聴衆にアピールする。

C:SIGGRAPH初心者の人は、初日の朝に安藤さんの話を聞き、夜はSAKE Partyで新しいネットワークを開拓すると良さそうですね。

安生:ぜひ有効活用してほしいです。Technical Papers Fast Forwardも、各発表者が趣向を凝らした1分プレゼンテーションをするので面白いですよ。

Real-Time Live!では、VTuberによるパフォーマンスも実施

CReal-Time Live!もSIGGRAPH Asiaで実施するのは初めてですね。長谷川さんは2015年にSIGGRAPHを視察し、2016年以降のSIGGRAPHとSIGGRAPH AsiaではReal-Time Live!、Production Gallery、Coursesなどのプログラムにスクウェア・エニックスの発表者の1人として参加し、SIGGRAPH Asia 2018ではReal-Time Live! チェアを務めています。当初から、段階的にSIGGRAPHとの関係性を深めていくことを視野に入れていたのでしょうか?

長谷川 勇氏(以下、長谷川):SIGGRAPHはリサーチ目的で参加するだけでも価値がありますが、継続して存在感を示すことで、会社の技術ブランディングや広報にもつなげたいという思いがありました。安生さんにはSIGGRAPH 2016の頃からアドバイスをいただいており「いずれは運営にも関わりたい」という話をしていました。

  • 長谷川 勇
    オープンソース開発、ソフトウェアプロダクト開発、エンタープライズシステム開発などの様々な開発を経てゲームプログラマに。スクウェア・エニックス入社後は、Luminous Studio、FINAL FANTASY XVの開発に参加し、VFXとUIを担当。専門は言語処理系。情報処理学会ソフトウェア工学研究会幹事、情報処理学会ソフトウェアエンジニアリング教育委員会などの学会活動にも参加している。SIGGRAPH Asia 2018ではReal-Time Live! チェアを務める。


C:実際、Pixar Animation StudiosやWalt Disney Animation Studiosはブランディング、広報、リクルーティングなどを毎回手際よくやっている印象がありますね。社員がプログラムのチェアなどを務めるケースも珍しくありません。

安生:当初は、長谷川さんとの縁がこんなに続くとは思っていませんでした(笑)。

長谷川:このタイミングでSIGGRAPH Asiaが東京で開催されたおかげで、関わりやすかったという側面もあります。

C:Real-Time Live!の準備は、いつ頃から始めたのでしょうか?

長谷川SIGGRAPH Asia 2017の開催直後くらいからですね。当初は公募形式(サブミット形式)も検討したのですが、SIGGRAPH Asiaでは初開催なので、キュレーション形式にしました。現時点(2018年11月時点)では7チームの登壇が確定しており、ほかにも調整中です。SIGGRAPH 2018のReal-Time Live!の発表者からは、ヴィクトリア大学のCMIC(ニュージーランド)、PocketStudio(フランス)、Pinscreen(アメリカ)の3チームに登壇いただきます。

SIGGRAPH 2018のReal-Time Live!では、Cory Strassburger氏(Kite & Lightning)のユーモア溢れるプレゼンテーションが注目を集めていました。それに近く、なおかつ日本らしいものと言えばバーチャルYouTuber(VTuber)のようなリアルタイムのキャラクターパフォーマンスだろうと思い、関連する研究開発を行なっているGREEにもお声がけしています。

▲【左】SIGGRAPH 2018のReal-Time Live!での、Cory Strassburger氏(Kite & Lightning)によるプレゼンテーションの様子。iPhone X、Xsensの慣性式モーションキャプチャスーツ、IKinema Action、Unreal Engine4を使い、リアルタイムのパフォーマンスキャプチャを行なっている。Strassburger氏の表情や動きが、Kite & LightningのVRコンテンツ『BEBYLON: BATTLE ROYALE』の不良ベビーたちへとリアルタイムに反映される様子に、会場から大きな歓声がおくられた/【右】Best Real-Time Graphics and Interactivity AwardのトロフィーをJesse Barker氏(Real-Time Live! チェア/写真内左)から受けとるStrassburger氏(写真内右)。本賞の審査は、会場に集まった聴衆によるSIGGRAPHアプリを使った投票によって行われた
© 2018 ACM SIGGRAPH


▲Cory Strassburger氏によるプレゼンテーションの解説動画


安生:日本にはユニークなコンテンツがたくさんありますから、この機会に世界各国から来日する参加者にご覧いただきたいと思い、Real-Time Live!だけでなく、VR TheaterやProduction Galleryでも、日本ならではの発表や展示を多めに用意しました。

長谷川:日本からはポリフォニー・デジタルと、当社(スクウェア・エニックス)も登壇します。さらにMimic Productions(ドイツ)にもご参加いただきます。

▲SIGGRAPH Asia 2018の、Real-Time Live!主要スピーカー(プレゼンター)を紹介するスライド(SIGGRAPH Asia 2018記者会見(10月24日実施)時の資料より)


C:Real-Time Live!は文字通りリアルタイム技術のライブパフォーマンスですから、事前の準備はもちろん、当日の運営も大変そうですね。

長谷川:事前に覚悟はしていたものの、予想以上にいろいろあります(苦笑)。「こんなにたくさんPCを並べて電力が足りるのか」とか、「チームによってはパフォーマンスの必要空間が思ったより広い」とか、「操作画面、デモ映像、プレゼンターを撮影した映像の切り替えをどうするか」とか......。

C:7チームもあると、画面のスイッチングひとつとってもややこしそうですね。

長谷川:かなり複雑です。「スイッチングも自分たちでやりたい」と希望するチームもいれば、「運営側に任せたい」というチームもありますから(笑)。

安生:いやー、大変ですね。

長谷川:カンファレンスチェアが他人事のように言わないでくださいよ(笑)。ただ、そういうスリルもReal-Time Live!の醍醐味だと思われているようで「ちょっとトラブルがあるくらいが面白い。SIGGRAPH 2018では大したトラブルがなくて面白くなかった」と言う人もいました。実際、SIGGRAPH 2015で機材トラブルがあったときには「頼むから動いてくれ!」という気持ちで聴衆の心がひとつになり、すごく盛り上がったんですよ。

安生:Real-Time Live!は最終日(7日)の最終プログラムですから、ちょっとやそっと時間が押しても大丈夫です。思う存分やってください。

長谷川:ありがとうございます(苦笑)。チェアとしてトラブルがないよう最善を尽くしますが、100%の保証はできないので、何かあった場合は温かい応援をいただけると嬉しいです。

C:本当に大変そうですが、ご成功をお祈りしています。

次ページ:
ストーリーテリングの多様性を体感できる
VR Theater

その他の連載