>   >  学生限定投稿コーナー「WHO'S NEXT?」:「WHO'S NEXT? vol.1」受賞作品&総評
「WHO'S NEXT? vol.1」受賞作品&総評

「WHO'S NEXT? vol.1」受賞作品&総評

フリーペーパー「CGWORLD Entry」にて展開中の、学生限定3DCG作品投稿コーナー「WHO'S NEXT? CG GALLERY」。本連載は当コーナーと連動し、CGWORLD Entry誌上での講評結果を受けて受賞者のコメントや優秀者の個別インタビューなどを紹介していく。

※本記事はフリーペーパー「CGWORLD Entry vol. 19」に掲載の内容に一部追加したものです。

WHO'S NEXT? CG GALLERY vol.1 概要

募集テーマ:「3DCGを用いた静止画作品」
募集期間:2018年5月23日(水)~31日(木)
応募作品総数:81点

審査方法:
作品審査はCGWORLD編集長をはじめ、CG・ゲーム業界の第一線で働くデジタルアーティスト6名が審査を担当。審査員は持ち点10点を、お気に入りの作品に配点。合計得点の高い作品から表彰した。
審査員:
朝倉 涼氏(Seventhgraphics)、伊藤大輝氏(コロプラ クリエイティブ本部第2デザイン部 部長)、鈴木卓矢氏(フォトン・アーツ Modeling Supervisor)、村上一帆氏(アカツキ CDO)、山崎伸浩氏(フレイム CGディレクター/ゼネラリスト)、沼倉有人(CGWORLD編集長)
※肩書きは審査当時のものです

結果発表:CGWORLD Entry vol.19(2018年6月25日発行)誌上にて

CGWORLD Entry vol.19 電子版はこちらから

第1位:『走るダックスフント』

芦田淳人さん(津山工業高等専門学校)
昔からキャラクターモデリングに興味があり、独学でモデリングの勉強をしています。作ったモデル等はゲーム開発に用いたりしています。

●作品解説
今回は私が飼っている犬をCGで再現しました。1週間でいかにリアルに本物の犬の顔の表情や毛の質感を近づけられるのか試行錯誤しながら作成しました。また、他のツールも使うか考えましたが今回はBlenderだけで完結させました。

●使用ツール
Blender

●審査員コメント
【フォトン・アーツ鈴木さん】
この静止画から犬の10フレーム先の未来が想像できるし、形状から感情すら伝わってくるほど躍動感のある絵になっていてすばらしいです。細かいところまでこだわって作られているのに愛を感じます。 毛の空気感や鼻のちょっとぬれている感じをもう少しつめていけばさらに生き生きした感じになるのかなと思いました。

【朝倉さん】
躍動感・毛並みのエアリーな表現・目にしっかりと合ったフォーカスと、リアルな可愛さとコミカルな愛らしさが上手く同居した1枚です。舌や歯の質感も非常に観察されていて、犬が好きなのだなというのが伝わってきます。背景がグレーなのが少し残念です。せっかくのかわいい子なので屋外の明るくて広い空間を走らせてあげるともっと良くなると思います。

【コロプラ伊藤さん】
愛犬を制作されたとのことで、とても愛を感じました。率直に可愛いです。毛並みや口周りの表現をはじめ、舌の質感や唇の凹凸感などリアルに再現されているので素晴らしいと思いました。毛並みの調整は大変だったかと思いますが、異なった毛並みの境界がわかってしまうので、少しグラデーションをつけて調整できると良いですね。

●受賞コメント
この作品で初めてフォトリアルな動物のモデリングに挑戦し、個人的にも力を入れてネット等で資料を探しながら作成したので、このような形で評価していただけてうれしく思います。普段は趣味で個人的にモデリング等をやっている程度で、作品をこのようなコンテストに応募したのも初めてだったため、まさか優秀賞をいただけるとは思わなかったです。今回の受賞で今後作っていく作品へのモチベーションの向上にも繋がったと思います。

※受賞コメントは全て原文ママ

第2位:『夢兜』

長谷川拓海さん(京都造形芸術大学)
目標は、3DCGアーティストとして、国内外問わず活躍することです。ライフワークとして、虫をモチーフにした作品をつくり続けます。
hase_insectart.artstation.com

●作品解説
森の守り神をイメージしてつくりました。金属の質感で生物っぽさを出すべくSSSを利用し、色味を複雑にしています。

●使用ツール
3ds Max、ZBrush

●審査員コメント
【フレイム山崎さん】
モデリングからコンポジットまで総合的にレベルが高く、応募作で最も「作品」としての完成度を感じました。金属的質感の中に若干のSSSを入れることで存在感がグッと増しています。ローカルなライトを当てることで、モデルを際立たせるだけでなく、背景の黒をも「空間」に変えています。プロの作品と言われても何ら疑いはありません。また、作風が個人的に好みでした。

【アカツキ村上さん】
一枚絵として、とても綺麗です。モチーフ、構図、質感から、テーマにある森の守り神という世界観も上手く表現されています。背景や虫の「動き」をより突き詰めることで、さらに独自の世界をより表現できるのではと思います。例えば、羽のデザインや動きの表現を詰めることや、触手の位置をよりランダムにすることで、軽やかな飛行の動きを表現できると思います。

【朝倉さん】
造形力と質感高さ、レイアウトのシンプルさからくる1枚絵としての空気感やインパクトと、今回の応募作の中では圧倒的さを感じました。頭部~角の造形の生物感のような、あるいは古代の人為的な文様のような感じも非常にグッと来ました!腹部にも文様なのか、あるいは昆虫にうっすら生えている産毛等、もう少しディティールを詰められたらより良かったと思います。

●受賞コメント
多数の作品の中で準優勝という結果をいただき大変光栄です。「夢兜」は虫の王道といえるカブトムシですので、その存在感をどこまで増幅させられるかという、挑戦の作品でした。まだまだ大自然の生み出す繊細な生きる造形物達の素晴らしさを伝えきれてはいないので、この受賞を励みに、今後も虫作品を作り続けます!

第3位:『The Nixie Tube』

中尾圭秀さん(トライデントコンピュータ専門学校)
ゼネラリストを目指しています。ライティングやコンポジットなど、画づくりに密接にかかわる部分に興味をもっています。3Dモデルやシーンをより印象的なものにするように心がけて制作しています。
keshn.artstation.com

●作品解説
コンセプトは、「手作業で制作された美しいニキシー管」です。ニキシー管以外の物の色をくすませたりすることで、完成したニキシー管の美しさが際立つようにしています。

●使用ツール
3ds Max、Photoshop、After Effects

●審査員コメント
【フレイム山崎さん】
モデリングが細かく質感やライティングが写実的で、コンポジットも上手く、よくできていると思います。空気中にホコリを漂わせ、ノイズや色収差を与えるなど、実写特有のリアリティを与える工夫が見られ、丁寧なコンポジットも好感が持てます。コンポジットは応募作品の中でも一番良かったかもしれません。

●受賞コメント
初めてのコンテストで3位という評価を頂けて非常に嬉しく思います。この結果を糧に今後もCG制作を精進していきます。

第3位:『Concept Helmet Design』

大塚智哉さん(同志社大学)
コンセプトデザイナーとしてゲームや映画のプロジェクトに参加することが現在の目標です。独学ですがいつかプロの方々と張り合えるようがんばりたいです。
swav-works.tumblr.com

●作品解説
サイバーパンク調のヘルメットデザインです。ガラスの土台に載せることで現実世界において実現化、もしくは製品化された場合どのように飾られ、どう見えるのかイメージしました。

●使用ツール
ZBrush、KeyShot、Mol3D、Photoshop

●審査員コメント
【フォトン・アーツ鈴木さん】
コンセプトをモデルにちゃんと落とし込めていてデザインも格好良いです。首のメッシュが鎖帷子に見えるのが良いですね。個人的には頭部分の各パーツの幅の取り方やディティールの入れ具合が似通ってしまっているので、頭頂部から後頭部にかけてはもう少しすっきりさせて情報量の逃げ場を作っても面白いかなと思いました。

●受賞コメント
審査して頂いた先生方にお礼申し上げます。これに満足せず、頂いたアドバイスを次に活かし精進していきたいと思います。ありがとうございました。

次ページ:
入賞作品

その他の連載