>   >  いまどきCG業界のワーク&ファミリー:第1回:ワーキングファーザーはどこ行った?!
第1回:ワーキングファーザーはどこ行った?!

第1回:ワーキングファーザーはどこ行った?!

こんにちは。アニメーションアーティストの南家 真紀子と申します。アニメーションに関わるいろいろな仕事をしているフリーランスのアーティストで、3人の息子をもつ親でもあります。仕事と育児の両立が当たり前になりつつある今日この頃、両方とも楽しみたいと望む人が増える一方で、CG業界はもちろん、世間一般の理解も進んでいないのも事実ではないかと思います。私自身、仕事と育児の両立を志し、辛いこと、楽しいこと、悲喜こもごもの経験をしながら、10年ほどの月日を歩んできました。私と同じように、まさに今、試行錯誤の真っ最中という子育て世代も多いと思います。そこで、本連載を通して、CG業界で仕事と育児の両立に取り組んでいる方々の声を届けるお手伝いをさせていただこうと思っています。第1回では、私自身の考えや経験、感じてきた課題についてご紹介します。

TEXT_南家 真紀子 / Makiko Nanke(makiko-nanke.mystrikingly.com
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

なぜ、ワーク&ファミリーの連載が必要なのか?

連載を始めるにあたり、CGWORLD編集部の尾形さんから以下のような相談がありました。

昨今、CG業界やゲーム業界ではワーキングマザーが増えており、CEDECではワーキングマザーをテーマにしたセッションが恒例になってきました。しかしながら、ワーキングマザーには「たいへんそう」「つらそう」「自己犠牲」「罪悪感」など、ネガティブなイメージがつきまとっているように感じます。

これから子育て世代となる若い人たちに対して、そういうイメージだけを伝える連載にすることは、あまり価値がないように思います。建設的な未来を開拓するためには、ワーキングマザーのネガティブな事実を直視する一方で、ポジティブな側面にもスポットを当てる必要があるのではないでしょうか。

私が最初の出産を経験した10年前に比べれば、ワーキングマザーの数は増えているはずですが、まだまだネガティブな情報の方が多いのかもしれません。でも実際には、大きな学びや喜びなど、ポジティブな側面が多々あります。ネガティブな側面を伝えることは、世間の理解を得るために重要です。一方で、ポジティブな側面を伝えることは、これから子育て世代となる人たちにはワクワクを、現役の子育て世代の人たちには有益なノウハウを、子育てに深く関わってこなかった上司世代や独身の方々には新しい価値観を届ける足がかりになるのではないでしょうか。

そしてそして、仕事と育児の両立について語るとき「ワーキングマザー」だけを取り上げるの、もうやめませんか?

おい、ワーキングファーザーはどこ行った?!(笑)

これ、ネガティブをポジティブに転換する、とてもわかりやすい一歩だと思います。そもそも育児も、家事も、そして仕事も、性差にとらわれるべきではありませんよね。そんなわけで、本連載ではワーキングファーザーとワーキングマザーの両方にインタビューしていきます。それぞれの本音や希望、そしてポジティブな側面とネガティブな側面の両方をバランスよくお届けしていくので、ぜひお付き合いください。

ここからは、私自身の経験や、感じてきた課題を、以下のトピックに分けてお伝えします。

Topic1:パートナーシップ
Topic2:時間のやりくり

▼2ページ目
Topic3:子供の病気
Topic4:サポート体制
Topic5:仕事では得られないつながり
Topic6:子供に見せたいアニメーション

▼3ページ目
Topic7:産後うつ
Topic8:ロールモデル

Topic1:パートナーシップ

改めて私の家族構成をご紹介します。私には、夫と3人の息子がいます。兄の2人は10歳の一卵性双生児で、弟は4歳児です。夫は3DCGスタジオ勤務のCGディレクターで、私も数年前まで同じスタジオに勤務していました。今はフリーランスとして、アニメーションとデザインに関わるいろいろな仕事をしています。

仕事と育児を両立するにあたり、私は夫とのパートナーシップを大切にしており、日頃からよく会話をするよう心がけています。雑談も多いですが、子供の話、PTAの話、近所の話、自分の体調の話など、話題は広範囲にわたります。これって、仕事で言うところの「報告・連絡・相談」にあたると思うんです。そして育児や家事に関するアレコレを、「タスク」として認識しています。お互いのGoogle カレンダーを共有しながらタスクを管理して、出張や飲み会などのイベントで相手の負担が増える場合は事前に相談します。

タスクの進捗を確認したり、見える化したり、問題を解決したり、リスクに対処したりするときの考え方は、会社で行うプロジェクト管理と同じかもしれません。夫と私とで「子育て」というプロジェクトを進行している感じです。もしプロジェクトを担うスタッフ間の意思疎通が不十分で、もめごとが起こっていたら、進行が危うくなりますよね。だから、夫との会話はとても大切だと思うのです。

もちろん、私たちのプロジェクトは常に順調なわけではありません。お互いちがう人間ですから、意見が合わないこともあれば、ケンカをすることもあります。それでも日頃から情報共有を心がけ、お互いが同じ情報にアクセスできるよう努めておくと「そんなの聞いてなかった」というようなズレが起こりにくいと感じています。

▲本記事の執筆プロジェクトにおいても、夫に協力を依頼しました。各々の考えを見える化するため、私たちは時々マインドマップをつくります。今回は「ワーク・ライフ・バランス」をテーマとしたマインドマップを制作し、そこに詰まっている要素を洗い出してみました。これは数年前の話ですが、「人生」をテーマとしたマインドマップを制作したこともありました。子供の成長(中学・高校・大学進学)、親の介護や葬儀、自身の健康、旅行など、私は多岐にわたる長期的な課題や計画を書き出したのに対し、夫が書き出したのは「たった今の自分のこと」がほどんど。驚くべきことに、将来に関する記述は「老後の趣味は囲碁がいい」だけだったのです!(笑)お互いの見えていなかった新たな一面に驚くと共に、長期的な課題や計画を定期的に擦り合わせ、アップデートする必要性に気付くことができました

Topic2:時間のやりくり

時間のやりくりには、常に頭を悩ませ、試行錯誤をしてきました。兄の2人は朝8時に小学校へと登校し、その後、夫が弟を保育園まで送ります。私は9時から18時までの時間を自分の仕事にあて、18時に弟を保育園までお迎えに行きます。夕食、お風呂を経て、子供の就寝時間は21時30分を目標にしています。夫の帰宅時間は20時以降です。

私は自宅で作業するので通勤時間がなく、フルタイムの会社員と同等の約8時間を仕事にあてつつ、保育園のお迎えに対応できます。仕事の時間と、子供と過ごす時間のバランスをとりやすいのは、フリーランスの利点だと思います。

ただし、もちろん難点もあります。夫が「送り」、私が「迎え」と、公平に分担しているように見えますが、「迎え」の負担の方が大きいのです。仕事が忙しいとき、思ったように進行しないときには残業時間が必要なので、夫に18時の帰宅とお迎えを交渉したり、私の母(子供にとっては祖母)に相談したり、子供の就寝後の深夜や土日に仕事をしたりすることもあります。

兄の2人は夕方に帰宅しますが、その時刻は私が18時までに仕事を終わらせるため、必死で作業しているタイミングです。友達の家に行くとか、お菓子はどうするとか、安否確認も含め、心身両面で大きな負担です。さらに夕食の準備も必要です。18時のお迎え後に弟を連れて買い物に行くのは大変なので、仕事の合間に食材を買いに行ったり、買い溜めしたり、ときには出前や外食を選びます。仕事中に、夕食の献立を考えたり準備をしたりするタスクが食い込んでくるのは、毎日のことなのでかなりのストレスです。

私には毎日18時という「締め切り」がある一方で、帰宅時間を決めずに仕事をしている夫に対し、不平等だと感じることもありました。そこで、帰宅時間をシビアに見積もってくれるよう「今日は何時に帰って来るの?」と聞くようにしました。

これ、厳しすぎると言われるかしら?

出産前の私も、育児や介護の担い手の都合が理解できない人のひとりだったので、「厳しすぎ」と思う人の気持ちもよくわかります。でも、いろいろな事情で、決まった時間に退社しなければいけない人は多いはずなんです。帰宅時間を守れるように仕事内容を調整し、効率化したり優先順位を明確にしたりすることは、多様な働き方を実現する上でとても大切ですよね。もちろん、残業や夜型の働き方が必要になる場合があることも理解できます。でも、それが漫然と習慣化していたり、周りの人々に強要する風潮があるとしたら、改善を願うばかりです。仕事の後で、家族が揃って夕食を食べることが、自然で当たり前の世の中になってほしいという願いを込めて、自分にできる工夫を積み重ねようと思っています。

さらに、私が忙しくなる時期をあらかじめ夫に伝え、夫が弟を保育園までお迎えにいく日(つまり私は終日仕事ができる日)をつくるといった工夫もしています。この日は、帰宅後の兄の2人も夫が面倒を見ます。帰宅したかどうか、どこかへ遊びに行くのか、何時に帰って来るのか、宿題はどうするのかなど、電話とメールを使い、全て夫が確認し、子供の安全を確保します。夕食以降の育児と家事も夫が担当します。また、平日は私が育児と家事の多くを担当しているため、休日の食事づくりは夫が担当してくれます。食器洗いに関しては、平日も含め、ほぼ毎回担当してくれます。

次ページ:
Topic3:子供の病気

その他の連載