>   >  VFXアナトミー:海外クリエイターたちとのコラボで実現した3DCGならではの斬新なビジュアル、セイコー"WW"『ストリートは誰のもの?』
海外クリエイターたちとのコラボで実現した3DCGならではの斬新なビジュアル、セイコー"WW"『ストリートは誰のもの?』

海外クリエイターたちとのコラボで実現した3DCGならではの斬新なビジュアル、セイコー"WW"『ストリートは誰のもの?』

インラインスケートでビルの壁や屋根の上を滑走する。3DCGの利点を前面に出した斬新なビジュアルを海外のクリエイターたちとのコラボレーションで実現。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 258(2020年02月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©2019 Seiko Watch Corporation

セイコー『ストリートは誰のもの?ー SHIBUYA HACK & PLAY | WW』ブランドムービー

Creative Director + Planner + Copy Writer + Web Director + PR Director : 贄田翔太郎(CHERRY)/アートディレクター : 田村有斗(TM INC.)/Copy Writer : 市島 智(ADK)/プロデューサー : 渡邉雄介(HAT)/監督 : Spikey John(GROUNDRIDDIM)/撮影監督:マイケル・エリクソン/造形:自由廊/VFX:La Posta/VFXコーディネーター : トーマス高村(A VERY SMALL COMPANY)/モーションキャプチャ : 渡邉英樹(ゼロシーセブン)/3Dスキャン:レスパスビジョン
w-wired.com/ww

物理的な制約に囚われずに3DCGの醍醐味を引き出す

昨年11月9日(土)に発売されたセイコーウオッチの新ストリートファッションウォッチ"WW"(ツーダブ)。そのブランドムービー『ストリートは誰のもの?』では、ブランドキャラクター「WW MAN(ツーダブマン)」の特殊造形を装着したアグレッシブインラインスケーターの藤原 蓮が渋谷を滑走していく。中盤からビルの壁面や鉄骨の上を駆け巡っていくのだが、実写では不可能なシーンはフォトリアルなデジタルダブルで表現されており、非常にダイナミックな映像に仕上がっている。

右から、渡邉雄介氏(HAT)、贄田翔太郎氏(CHERRY)、内海 航氏、中島俊彦氏、久保江陽介氏(以上、レスパスビジョン)、西山慎一氏、黒澤津勝大氏(以上、自由廊)

監督・Spikey John氏(GROUNDRIDDIM)
groundriddim.com

ストリートカルチャーの歴史が詰まった渋谷を舞台に、WW MANが縦横無尽に滑走する様を描くことで社会の抑圧から解き放たれる感情を表現したという本作。監督を務めたのは、1996年生まれ新進気鋭の映像作家Spikey John氏である。

「渋谷を舞台にしたMVを数多く手がけているSpikeyこそが適任だと思いました。また、デジタルダブルのシーンについては、実写に合わせようとするのではなく、3DCGならではの醍醐味を存分に引き出せるVFXプロダクションという観点から、アルゼンチンのLa Postaにお願いしました」と、本作のクリエイティブ・ディレクターを務めた贄田翔太郎氏(CHERRY)はふり返る。

「VFXコーディネーターのトーマス高村さんに協力していただき、数多くのデモリールを観ていったのですが、La PostaはCM案件を数多く手がけていて、キャラクター表現を得意としていたので、WWMANを魅力的に動かしてくれるのではないかと思いました」と、プロデューサーを務めた渡邉雄介氏(HAT)も続ける。

候補を2社にまで絞った段階でLa Postaにトリートメント(CG・VFX表現に関するプレゼンテーション)をリクエストしたところ、数十ページにもわたり、さらにオリジナルのキャラクター案も添付された熱量あふれる資料が届いた。そんなLa Postaのポジティブな姿勢を受けて、彼らに決めたそうだ。「アルゼンチンは日本と時差マイナス12時間ですし、渋谷での実写撮影には立ち会うのが難しいため、制作後期まで不安もありましたが、参加してくれた全てのクリエイター、各分野のエキスパートが非常にポジティブだったので、素晴らしい作品に仕上げることができました」(贄田氏)。

01 アセット制作

La PostaとのコミュニケーションにはFrame.ioをフル活用

本作は、"WW"の発売を記念して昨年11月に実施された「HACK&PLAY」キャンペーンの一翼を担うものである。そのため、WW MANのキャラクターデザイン、造形制作が先行した。WW MANの造形は自由廊が担当。アートディレクターを務めた田村有斗氏(TM INC.)がまとめたデザイン設定を基に、RhinocerosZBrushによるデジタル原型を作成した後、WW MANのキャラクター造形と、ブランドムービー撮影用のヘルメット型特殊造形が制作された(自由廊は、ほかにも渋谷の街中に設置された等身大フィギュアも制作している)。

「キャラクター造形の制作では、腰に巻かれるのが実物のWWになるので、どこまでデフォルメして良いかのさじ加減が悩ましかったです。デジタル原型については黒澤津(勝大氏)が上手く仕上げてくれました」と、西山慎一氏(自由廊)。

デジタルダブルの制作について。頭部については自由廊が作成したデジタル原型データを流用し、胴体についてはWW MANを演じたインラインスケーター藤原 蓮氏のフォトグラメトリーを実施。胴体モデルの制作はレスパスビジョンが担当した。フォトグラメトリーの撮影は、同社の3Dスキャンスタジオ「Iris」で行われたが、撮影に先立ち日本チームとLa PostaはFrame.ioによる入念な打ち合わせを行なったという。「La Postaからの提案でFrame.ioを採用したのですが、とても使いやすかったです。動画に対するアノテーションやバージョン比較の機能なども便利でした。複雑なやりとりについては必要に応じてコーディネータの高村さんに助けていただきました」(渡邉氏)。「今回は、藤原さんのボディスキャンに加え、ボディバッグ、インラインスケート(両足分)の4点を制作しました。藤原さんには、La Postaが指定したポーズをとってもらった状態で撮影しました」と、久保江陽介氏(レスパスビジョン)。黒色の素材や、服の内側はスキャンできないため、併せて撮影したリファレンス写真を参考にレスパスビジョンの内海 航氏がリファイン。

「ZBrushのZRemesherで軽いポリゴンを軽量化した上で、MODOでポリゴンのながれを整えました。続けてUVを展開して、RizomUVでUVWの歪みを調整、クリーンなモデルにクリーンなテクスチャをベイクしてLa Postaに納品しました」(内海氏)。

キャラクター造形制作過程における、 田村ADが作成した自由廊への修正指示の例


完成したデジタル原型。このデータをベースに、実写撮影時に藤原氏が装着する特殊造形が制作された


「WW MAN」の造形


フォトグラメトリー撮影時のポーズを伝えるパブロ・トゥファロ氏(La Posta創立者)

レスパスビジョンの3Dスキャンスタジオ「Iris」におけるフォトグラメトリーの様子。La Postaの指示通りのポーズで撮影されたことがわかる


ショットワーク用にリトポロジーされたデジタルダブル(胴体)。Marmoset Toolbagにてチェック用のターンテーブルを作成

次ページ:
02 実写撮影&アニメーション

その他の連載