>   >  VFXアナトミー:NUKEによるレイアウトほか、老舗・マリンポストが実践する新世代のVFXワーク|映画『カイジ ファイナルゲーム』
NUKEによるレイアウトほか、老舗・マリンポストが実践する新世代のVFXワーク|映画『カイジ ファイナルゲーム』

NUKEによるレイアウトほか、老舗・マリンポストが実践する新世代のVFXワーク|映画『カイジ ファイナルゲーム』

技法と表現の両面におけるドローンへの対応とインビジブルエフェクトの範疇を超えたVFX。マリンポストが実践する少数精鋭の画づくりを紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 259(2020年03月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

©福本伸行・講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

映画『カイジ ファイナルゲーム』大ヒット上映中
原作・脚本:福本伸行「カイジ」(講談社ヤンマガKC刊)/監督:佐藤東弥/脚本:徳永友一/音楽:菅野祐悟/撮影:小原崇資/照明:木村明生/録音:菊地啓太/美術:樫山智恵子/装飾:高橋 光/編集:佐藤 崇/VE:弓削 聡/VFXスーパーバイザー:堀尾知徳/VFXプロダクション:マリンポスト/記録:初山澄乃/助監督:伊野部陽平/制作担当:芳野峻大/企画製作:日本テレビ放送網/製作:日本テレビ放送網、ホリプロ、東宝、読売テレビ放送、講談社、ヒント/STV・MMT・SDT・CTV・HTV・FBS/制作プロダクション:日テレ アックスオン
配給:東宝
kaiji-final-game.jp

実写シリーズの最終回に進化したVFXが華を添える

1996年より「ヤングマガジン」にて連載が開始され、シリーズ累計発行部数2,100万部を超える大ヒットコミックス「カイジ」。その実写映画化・第1弾『カイジ 人生逆転ゲーム』(2009)は興収22.5億、続く『カイジ2 人生奪回ゲーム』(2011)も興収16.1億という大ヒットを記録した(※日本映画製作者連盟公表データより)。そんな実写シリーズのラストをかざる『カイジ ファイナルゲーム』が好評上映中だ。

左から、堀尾知徳VFXスーパーバイザー、桑本祥一リードデジタルアーティスト、伊藤創志コンポジットリード、篠澤昂樹デジタルアーティスト。以上、マリンポスト
www.malin.co.jp

実に9年ぶりの新作であるが、本作のVFXワークは過去2作も手がけてきたマリンポストが一手に引き受けた。同社取締役 社長であり、本作のVFXプロデューサーを務めた田中貴志氏は企画の経緯を次のように語る。「2018年の夏にお話をいただきました。マリンポストとしては1作目、2作目に続き、集大成になればという思いで全力で取り組みました」。「本作のVFX的なチャレンジはドローンに尽きます。撮影手法としてだけでなく、劇中の重要なアイテムとしてドローンが登場するため、クランクイン前からいろいろと試行錯誤することになりました」と、VFXスーパーバイザーを務めた堀尾知徳氏も続ける。

VFXショット数は、全354ショット。そのうち3DCGが介在するものが107ショットだったという。マリンポストのチーム編成は、VFXプロデューサー1名、VFXスーパーバイザー1名、コンポジター2名、デジタルアーティスト2名、マットペインター1名、デスク1名の計8名。少数精鋭で臨んだが、2018年夏からプリプロに着手。実写撮影は11月~12月に実施、2019年1月からCG・VFX本制作がはじまり、9月に最終仕上げ(10月に0号試写)という比較的腰を据えて作業を進めることができるスケジュールだったという。これにより、事前の検証を入念に行い、本制作でもNUKEによるレイアウト兼アニマティクス作業(後述)をはじめとする新たな手法やワークフローにチャレンジすることができるなど、マリンポストにとっても実りの多いプロジェクトになったそうだ。

役者たちの演技と実に自然なかたちで共存するドローンのCGアニメーションをはじめ、一連のVFXワークはとても良質に仕上がっているので、ぜひ劇場で確かめてもらいたい。

01 3DCGベースで荒廃した東京を描く|オープニング~

事前の綿密な検証と適切なリファレンス

2018年11~12月にわたって行われた実写撮影には堀尾VFXスーパーバイザーが立会い、HDRI、フォトグラメトリー用の写真(3Dデータ化にはPhotoScanを使用)、撮影カメラのレンズのミリ数やアングル、撮影位置といった必要な情報とリファンレンス素材を収集。コインや金塊などの小道具についても美術班にお願いして提供してもらえるものはできるだけ持ち帰ったそうだ。「今回は、助監督の伊野部陽平さんがドローンの撮影手法やカメラワークを事前に詰めておくべきだと強く思っていただいたことに助けられました。そこで背景となるロケ撮影実施後に、役者さんのグリーンバック撮影前に佐藤東弥監督と小原崇資撮影監督、そして伊野部さんにマリンポストへお越しいただき、プリビズを確認してもらいながらグリーンバック撮影の段取りを決めていただくことができました。また、伊野部さんは撮影時にリファレンスを撮ることの重要性もしっかりと理解されていました。特に「バベルの塔」シーンは夜のため、ライティングでは良質なリファレンスが必須でした。佐藤監督をはじめ中核スタッフのみなさんがCG・VFX作業に理解を示してくださったことで画づくりに集中することができて本当にありがたかったです」(堀尾氏)。なお、メインのカメラはSony F55、ドローンはDJI Inspire 2を使用しているとのこと。

ここからは各シーンごとにVFX的な見どころを紹介したい。まずはオープニングシーンだ。荒廃した東京の街並みのロングショットから、街の中心に立つ伊藤カイジ(藤原竜也)へと回り込みながらクイックズームしていくカットである。街並みについてはフルCGで作成されたが、かなり遠景からカットがはじまるため、データ負荷を考慮しながら画づくりを進めたという。「非常に広範囲の街をつくる必要があったので、後半のヨリ構図の背景はハイポリで、中景はややハイポリ、遠景はローポリという3層に分けて作成しました。近景用のハイディテールな街並みは市販モデルをキットバッシュすることで手早く作業を終えることを心がけました。中景用の街は3ds MaxプラングインのGhostTownを使い、遠景用(ローポリ)部分はGreebleを使用しています。各層ごとに街並みを作成し、個別にV-Rayでレンダリングしたものをコンポジットで調整しました」と、リードデジタルアーティストを務めた桑本祥一氏。CG要素が大半のシーンのため、佐藤監督のイメージをいかにして具現化するのか、カメラワークをはじめマリンポスト側から積極的に提案するかたちで一連の制作が進められた。

オープニングシーンの3DCGワークの変遷



  • 2019年1月にオフライン編集向けの素材を兼ねて作成されたプリビズより。街のCGは仮素材



  • ガイドの人物モデルを配置してカメラワークを決めていく



  • 近景の街並みモデル(ハイディテール)は設定上、現実の渋谷のCGモデルをベースに荒廃した街並みへと加工



  • 3ds Maxプラグイン「GhostTown」を使った中景用の街並み



  • 【中景用の街並み】の元素材



  • 遠景用の街並みには3ds Maxプラグイン「Greeble」を利用。できるだけデータ負荷を抑えつつ、画づくりが進められた


OPのブレイクダウン(俯瞰)

遠景~中景用の街並みCG

航空障害灯のビューティパス

一連のコンポジットワークが施された最終形。計画停電という設定だが、ところどころに炎の灯りでビルのシルエットが際立つように仕上げられた


OPのブレイクダウン(ヨリ)



  • 近景用の街並みCG



  • カイジの実写プレート。背面から正面へと回り込んでいくカメラワークで撮影された



  • 【カイジの実写プレート】に応じた回り込みカメラワークで撮影した炎素材



  • 一連のコンポジットワークが施された最終形

次ページ:
02 ドローン撮影への対応|バベルの塔&ドリームジャンプ~

その他の連載