>   >  CGWORLDリサーチ:Vol.6 外国籍スタッフの採用
Vol.6 外国籍スタッフの採用

Vol.6 外国籍スタッフの採用

デジタルコンテンツ制作者の就職活動やワークスタイルの実像に迫る本コーナー。今回のテーマは「外国籍スタッフの採用」です! また今回は特別編として外国籍スタッフを積極採用している企業へのインタビュー記事も合わせてお届けします。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 261(2020年5月号)からの転載となります。

Illustration_カヤヒロヤ

アンケートにご回答いただいた求人中の企業情報はこちら!
アイロリ・エンタテインメントアバンアングーイグニス・イメージワークスオレンダKATACHIカンムスマートエンジニア東映デジタルセンター ツークン研究所ポリゴン・ピクチュアズVolcaミルキーカートゥーン

求職側

Q1.出身地域は?


東アジア出身の方が59.5%と半数以上を占め、次いで東南アジアが27.7%という結果に。アジアに比べると少数ですが、欧米諸国出身者もいるようです。また、日本で就業中の方が15人、日本で在学中の方が27人と、大半の方々がすでに日本在住のようです。

Q2.日本で働きたいのはなぜ?

※複数回答可(最大3つまで)


最も多かった回答は「日本のコンテンツが好き」、次いで「日本で暮らしたい」でした。「待遇の良さ」ということを理由に挙げた方は23%(11人)ほどで、雇用条件そのものよりも日本という環境に魅力を感じている求職者が多いようです。

Q3.日本で働く上での不安は?

※複数回答可(最大3つまで)


「言葉の壁」や「業務面・日常生活面でのカルチャーギャップ」など、文化のちがいに起因する不安を抱えている求職者が多いようです。また、「就労ビザの取得」など、業務そのもの以外の要因もあるようです。

Q4.希望する雇用形態は?


「正社員」を希望する回答が圧倒的に多く、全体の84.8%を占めました。「フリーランス」を希望したのはわずかに8.7%で、自由な働き方よりも安定した雇用形態を求める求職者が多いことがわかります。

採用側

Q1.社内における外国籍スタッフの割合は?


大半の企業(69社)において、外国籍のスタッフは1割にも満たないようです。しかしながら半数以上が外国籍スタッフだという会社が2.3%(2社)と、多数の外国籍スタッフが在籍する企業も少数ながら存在することがわかりました。

Q2.外国籍の方からの応募は増えていると思う?


77.3%(68社)が外国籍の方からの応募が増えていると回答。おそらく、今後この傾向はさらに強まっていくと思われます。ちなみにCGWORLD JOBSの応募者のうち、3割が外国籍の方々です。

Q3.外国籍スタッフを今後増やす予定?


約4割の企業が、今後は外国籍のスタッフを増やしたいと回答しました。その理由としては「人材の多様性を高めたい」というものが最多。また「採用においては国籍を問わず、能力やスキルで判断する」という回答も多くありました。

Q4.外国籍スタッフを採用する上での悩みは?

※複数回答可(最大2つまで)


クリエイター側の回答と同じく、「業務面・日常生活面でのカルチャーギャップ」や「言葉の壁によるコミュニケーションの難しさ」を挙げる企業が多く、外国籍のスタッフが日本で働く上では、文化の差異がハードルとなっていることが窺えます。


アンケート方法について
※本記事は下記の要領にて実施したアンケートの結果に基づいて構成しています。

調査方法:Webアンケート
調査期間:2020年3月6日(金)~13日(金)
調査対象:〈求職側〉CGWORLDメールマガジン登録者ならびに各プロダクション所属の方、各教育機関の生徒の方/〈採用側〉「CGプロダクション年鑑」掲載企業ほか
有効回答数:〈求職側〉47/〈採用側〉88

次ページ:
深堀り編:言葉の壁・カルチャーギャップをどのように超える?

その他の連載