>   >  CGWORLDリサーチ:Vol.8 東京以外で働く
Vol.8 東京以外で働く

Vol.8 東京以外で働く

今回のテーマは「東京以外で働く」です。CG・映像制作会社が東京に集中していますが、東京以外に拠点を構えるプロダクションも多く存在します。東京以外で働く魅力と実態について探ってみました。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 263(2020年7月号)からの転載となります。

Illustration_カヤヒロヤ

求職側:東京で働く人

Q1.卒業後の就職活動の際、検討した勤務地は?


「東京のみで検討」が50.7%を占めていますが、映像・CG制作会社が東京に集中していることを鑑みると、意外にも地元での就職や東京で働くことにこだわりがない人が多いようです。ちなみに、大学や専門学校に進学する段階で上京する割合は70%という結果に。

Q2.将来的に東京以外で働きたい?


「思わない」が31.5%を占めているものの、「出身県以外の地域で働きたい(=Iターン)」が24.7%、「その他(働く場所にはこだわらない)」も同じく24.7%との回答を得ており、条件を重視して将来的に東京以外での就職を視野に入れている方も多いようです。

Q3.東京以外で働く場合、希望する条件は?

※複数回答可(最大3つまで)


半数は東京以外への就職の条件として、現在の収入と同程度の額が得られることを重視しています。また、オンライン業務が成立するのであれば東京でなくても良いと考える人は多く、東京で働く場合と変わりなく大型案件に携わりたいという希望があるようです。

Q4.現在、家賃は給料の何%?


東京勤務の場合、「家賃は収入の21~30%」がCG・映像業界のボリュームゾーンと言えそうです。Q3で東京以外で働く場合も現在の収入と同程度の給料を条件とするとの回答を得ましたが、生活にかかる費用が地域によって異なるのも事実です。

求職側:東京以外で働く人

Q1.現在の勤務地を選んだ理由は?


現在の勤務地を選んだ理由として「地元」、「仕事内容」、「プライベート」を重視しているとの回答を得ました。また、現在の勤務地が「神奈川県」、「埼玉県」、「千葉県」との回答が上位を占めています。東京にアクセスしやすいというのもポイントでしょうか。

Q2.就職活動の際、検討した勤務地は?


半数近くの回答者が、就職先を決める際に出身地で働くことを考慮しているようです。通勤ストレスの緩和やプライベートを充実させたいという言葉が多く寄せられていることから、東京の人の多さや通勤ストレスが懸念点となっている様子が伺えます。

Q3.将来的に東京で働きたい?


「将来的に東京で働きたい」が25.8%、「東京で働きたいと思わない」が45.2%との回答を得ました。映像・CG制作会社が東京に集中している反面、現状に満足している方が比較的多いようです。

Q4.現在、家賃は給料の何%?


収入に対する家賃の割合に関して、16%の回答者が「収入の10%以下」で生活していると答えており、東京と比較して家賃の安さが伺えます。また実家暮らしの割合も多く、東京以外での暮らしは固定費の削減につながりやすいのが大きなメリットとして挙げられます。

次ページ:
企業側:東京の起業

その他の連載