>   >  VFXアナトミー:"攻めの姿勢"で躍動感あふれる群衆表現を実現、映画『燃えよ剣』
"攻めの姿勢"で躍動感あふれる群衆表現を実現、映画『燃えよ剣』

"攻めの姿勢"で躍動感あふれる群衆表現を実現、映画『燃えよ剣』

柔軟な発想の下、最新ツールを駆使して日本でハリウッドクオリティを目指す。"攻めの群衆表現"を堪能できる快作。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 262(2020年06月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
© 2020「 燃えよ剣」製作委員会

映画『燃えよ剣』近日公開
原作:司馬遼太郎『燃えよ剣』(新潮文庫刊 / 文藝春秋刊)/監督・脚本:原田眞人/撮影:柴主高秀/照明:宮西孝明/美術:原田哲男/編集:原田遊人/VFXスーパーバイザー:オダイッセイ/装飾:籠尾和人/衣装デザイン:宮本まさ江/ヘアー&メイクアップ / SFXデザイナー:渡辺典子/床山・美粧HOD:高嵜光代/Bカメラ撮影 /ステディカム:堂前徹之(SOG / SOC)/殺陣:森聖二/スタントコーディネーター:中村健人/助監督:谷口正行、増田伸弥/配給:東宝、アスミック・エース/製作プロダクション:東宝映画/製作:「燃えよ剣」製作委員会
moeyoken-movie.com

既成概念を打破する世界標準の群衆表現

1964年に発売された累計500万部を超える司馬遼太郎の国民的ベストセラー「燃えよ剣」が、『日本のいちばん長い日』(2015)、『関ヶ原』(2017)をヒットさせた名匠・原田眞人監督によってついに映画化された。原田監督が描く日本の三大変革期の最終章である。幕末の激動期、京都守護職である松平容保の配下に置かれ、治安維持や尊攘派志士の警護活動を行なった史上最強の剣客集団「新選組」、その中心人物だった土方歳三の壮絶な生涯を描いている。

右から、オダイッセイVFX SV、白 智雲FX SV、のざわあつこCGI SV、江本亘隆アニメーションSV、米山和利CGIプロデューサー、ラザロット・クリストファー アニメーター、篠本圭恵アニメーター、山元太陽CGIプロデューサー、山下潤一コンポジター、鈴木理之Golaemエンジニア(クレッセント)

そんな本作のCG・VFX的な見どころは、土方が属する旧幕府勢力と薩摩藩を中心とした新政府勢力がくり広げる戊辰戦争シーンだ。躍動感あふれる兵士たちの群衆表現には3DCGキャラクターアニメーションが積極的に導入されているが、一連の群衆表現をリードしたのがコラットだ。過去の2作に続きVFXスーパーバイザーを務めたオダイッセイ氏が企画の経緯をふり返った。「原田監督の『関ヶ原』と同じチームでやりたいという要望を受け、2018年の夏頃からお話をいただいていました。その後、クランクアップ(2019年4月頃)のタイミングでまずは兵士キャラクターをD4Aさんにお願いして、フォトグラメトリーから制作に着手しました。コラットのメンバーたちに群衆表現のR&Aに取り組みはじめてもらったのは5月末頃でした」。

実は、オダ氏は2年ほど前にコラットの取締役に就任し、日本の映画VFXの発展に腰を据えて取り組んでおり、群衆表現はその取り組みの成果のひとつだ。「戦闘描写にリアリティをもたせるべく、多数の兵士をCGで表現する必要がありましたし、群衆の中でもポイントとなるキャラにはしっかり演技させています」(オダ氏)。一連の群衆表現には、定評あるGolaemを採用。ちょうどポストプロダクションが始まるタイミングでバージョン7へとアップデートされたこともあり、国内ではいち早くGolaem 7を導入したプロジェクトになったが、日本国内の正規販売代理店であるクレッセントが技術サポートすることで、新機能や強化された機能を上手く活用することができたという。作品全体で約2,500カットのうちVFXが介在したのは約1,200。マスク切りなどの細かい作業を含めると、参加プロダクションはゆうに15社を超えることとなった。

01 フォトグラメトリーベースの兵士アセット

ロケ地からほど近い京都のD4Aで3Dスキャン

『関ヶ原』の群衆表現も非常にリアルな仕上がりだったが、今回はそのリアリティをさらに高めるべく兵士のキャラクターアセット制作にはフォトグラメトリーが導入された。3Dスキャンからモデルのリファインまでを担当したのが京都を拠点とするD4Aであった。「ロケ地の多くが京都周辺ということもありますが、地元京都のアーティストがつくるということにも意味があると思い、D4Aさんにお願いしました。今回初めてご一緒させてもらったのですが、3Dスキャン担当の田嶋一夫さんは、東映の美術部に長年いらした方で、スキャン当日も実写撮影現場の段取りや、衣装や小道具の扱いを的確に把握されていたので、とてもスムーズでした」(オダ氏)。

フォトグラメトリーの撮影はクランクアップ後すぐに実施。D4A社内にある3Dスキャンスタジオ「SCANBA!KYOTO(スキャンバ京都)」にて、兵士6体分のスキャンが行われた。「映画案件の3Dスキャンは初めてでしたが、2018年6月に東映の太秦撮影所の近郊に移転したことが功を奏しました」(田嶋氏)。「スキャンデータをRealityCaptureで作成した後、Wrap3でリメッシュやデータ容量の調整を行いました。元データは約1,500万ポリゴンでしたが、コラットさんに監修していただきながら約1~10万ポリゴンを目安にリトポを行いました。今後も京都という地の利を活かして時代劇作品にも携わっていければと思います」と、スキャン後のモデル制作を手がけた栢分(かやわけ)瞭成氏。キャラクターアセットの制作は1体1週間ほどのペースで約2ヶ月にわたって行われた。アップカット以外はしっかりと芝居をさせたらそこまでポリゴン数が多くなくてもリアルに見えるという過去の経験の下、目標のポリゴン数は設定されている。コラット側からは、どういうデータ構成が良いのか、的確な指示があり、とても上手く誘導してもらえたそうだ。「人 の手を入れすぎてしまうと、スキャンの良さであるハイディテールさ、リアリティが失われてしまう恐れもあるので、そこは丁寧に気をつけながらの作業になりました。試行錯誤はもちろんしましたが、リアルさを損なわず綺麗にリトポできたかなと思います。今後もより良いワークフローを模索していきます」(栢分氏)。

D4Aの3Dスキャンスタジオ「SCANBA!KYOTO」内観
www.scanba.kyoto

フォトグラメトリーで取得されたリメッシュ前のモデル例。「撮って出しの状態でも造形的にはかなり綺麗でした。リグを入れ、Golaemによるレイアウトやレンダリング作業を行う際の使い勝手を考慮して、 ポリゴン数の調整、リトポロジー、テクスチャリング等をお願いしました」と、のざわあつこCGIスーパーバイザー(コラット)


D4Aから提供されたリメッシュ後のモデルを、コラット内でルックデヴを施したモデル例


Golaem上でのセットアップを考慮した、Mayaのジオメトリ・ノードツリー例。武器や旗など、切り替えが発生するモデルは、それぞれをグループにしてから"prop"としてグループ化している

フォトグラメトリーをベースに新作された兵士モデルのバリエーション。9体のうち、フォトグラメトリーで作成したものは7体で、残りの2体はパーツの組み換えで作成


会津藩兵の主要テクスチャ例。(左)ビューティ/(右)スペキュラ。今回はアップショットにも対応できるハイモデルを使用しているため、キャラクターモデルにはノーマルなどは当てず、シンプルなつくりになっている。一方、武器プロップについてはSubstance Painterなどを使い、ノーマル、リフレクション、グロシネスも作成された


兵馬の完成モデル。コラットのアーカイブモデルのフォルムを調整した後(背面がヨリで映るショットがあったため、尻部分の見え方を調整)、再セットアップ。馬についてはGolaemは使わず、キーフレームで動きを付けているとのこと


兵士アセット制作時のチェックバック例

次ページ:
02 鳥羽・伏見の戦いシーン

その他の連載