>   >  VFXアナトミー:YP監督とUNDEFINEDが同世代のアーティストと共に手がけたGorilla Attack『隔世 gorilla』MV
YP監督とUNDEFINEDが同世代のアーティストと共に手がけたGorilla Attack『隔世 gorilla』MV

YP監督とUNDEFINEDが同世代のアーティストと共に手がけたGorilla Attack『隔世 gorilla』MV

YP監督と、SNSを通じて集まった2000年前後生まれのVFXアーティスト集団UNDEFINEDが、同世代のアーティストと共に手がけたMVの舞台裏を紐解く。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 267(2020年11月号)掲載の「VFX Anatomy Gorilla Attack『隔世 gorilla』MV」を再編集したものです。

TEXT_村上 浩(夢幻PICTURES)
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
©A.S.A.B

Gorilla Attack『隔世 gorilla』MV
Lyrics: ヒガシローランド&ニシローランド/Music: Loyly Lewis (ケンカイヨシ), ヒガシローランド&ニシローランド/Director: YP/CG Director: MIZUNO CABBAGE (UNDEFINED)/Modeler, TextureArtist: Kou Nakamura(UNDEFINED)/LightingArtist, Compositor: iwaburi(UNDEFINED), nagafujiriku(UNDEFINED)/MotionDesigner, Compositor: NAKAKEN(UNDEFINED)/Point Cloud Designer: TakutoNio/Compositor, Sho Watanabe(UNDEFINED)/EffectsArtist,Compositor: Satsuki/MotionDesigner: marirui(UNDEFINED)

リアルとバーチャルの混在世界をボリューメトリックで表現

Gorilla Attackはヒガシローランドとニシローランドによるラップユニットで、2020年9月9日(水)リリースの1st EP『GORILLA CITY』に先立って配信された『隔世 gorilla』MVでは、Gorilla Attackによって覚醒していく渋谷の街が、ボリューメトリックキャプチャなどの最新の3DCG技術を駆使して描かれた。

▲左から、Sho Watanabe(UNDEFINED)、iwaburi(UNDEFINED)、Kou Nakamura(UNDEFINED)、YP、MIZUNO CABBAGE(UNDEFINED)、TakutoNio、NAKAKEN(UNDEFINED)/右下、nagafujiriku(UNDEFINED)
※nagafuji氏のみ、ビデオ会議にて取材参加


本作のディレクションを務めたのは、Gorilla Attackのコスチュームデザインやアートディレクションなども手がけるYP監督。「本作のために描いたアートワークは、実写素材に手描きでレタッチを加えており、リアル(現実)とバーチャル(フィクション)が混在した世界観を表現しています。映像自体も、同じコンセプトで制作することにしました。企画段階でボリューメトリックキャプチャを使えるスタジオの存在を知り、そのユニークな技術が本作のコンセプトに合致すると考え、ヒガシローランドとニシローランドのキャプチャに使用することも決めました」(YP監督)。

▲ YP監督がアートディレクションを行い、イラストレーターのSOLANINE氏が描き上げたGorilla Attackのアーティスト写真


MVの映像制作を担当したVFXアーティスト集団のUNDEFINEDは、メンバーの得意とする技術を結集し、ハイクオリティな映像制作を行なっている。UNDEFINEDのつくり出す映像に惚れたYP監督が、リーダーのMIZUNO CABBAGE氏にコンタクトをとり、制作を依頼したという。物心がついた頃から自主制作映画を制作してきたMIZUNO氏は、中学生のときに独学でVFX制作を始め、2020年3月にUNDEFINEDを起ち上げた。「1年半ほど前にSNSでYP監督と知り合い、交流するようになりました。いつか一緒に仕事をしたいと思っていたので、二つ返事でCGディレクターをお引き受けしましたが、スケジュールがタイトな上、VFXの物量も多かったので不安もありました。YP監督が描いた絵コンテは未完成のシークエンスもあったので、皆でアイデアを出し合い、打ち合わせを重ねながらYP監督の脳裏にあるイメージを具現化していきました」(MIZUNO氏)。

相談を受けた時点で納期まで1ヶ月半ほどしかなく、UNDEFINEDのメンバーを総動員して制作にあたったが、それでも手が足りなかったため、YP監督の紹介でNAKAKEN氏(※)とTakutoNio氏も参加。総勢9名のチームで制作を進めることとなった。

※2021年1月現在、NAKAKEN氏はUNDEFINED所属となっている。

<1>YP監督の設定資料や絵コンテからイメージを具現化

バラバラのツールとレンダラによる画づくりをDiscordで管理

本作は『隔世 gorilla』という楽曲タイトルが示す通り、Gorilla AttackがGolden Banana(覚醒爆弾)で生命と街を覚醒させる様を描いており、生命のモチーフであるDNAの螺旋構造をFluorescent Light(蛍光灯)で表現している。さらに「うごめく Gorilla の群れ 倍増」「うずまく Gorilla の軍団 倍増」という歌詞から、Golden Bananaの投下によってGorillaが街中に増殖していくといったアイデアを膨らませた。「絵コンテの未完成シークエンスのアイデア出しでは、YP監督の設定資料、ビデオコンテ、字コンテなどがいい糸口になりました。各シークエンスをシームレスにつなげられるか不安があったので、トランジション部分はプリビズを作成し、映像のつながりと楽曲のリズムがマッチするか検証を重ねました」(MIZUNO氏)。

▲ YP監督による本作の設定資料。蛍光灯を組み合わせることでDNAの螺旋構造を表現するアイデアや、Fluorescent Light(蛍光灯)・Golden Banana・Gorillaの3要素を重要アイテムとして扱うことなどが示されている


YP監督と9名のチームメンバーはそれぞれ異なる場所で作業していたため、打ち合わせやチェックはボイスチャットアプリのDiscord上で行われた。同アプリはゲーマー用のグループチャットとして2015年にリリースされ、近年はあらゆるコミュニティが使えるコミュニケーションツールへと進化している。進捗確認、データ管理などは主にMIZUNO氏が担当し、同アプリを介して全メンバーに共有された。各々の使用ツールは3ds Max、Blender、Cinema 4D(以下、C4D)、Houdini、Unreal Engine 4(以下、UE4)などバラバラで、データの変換・受け渡しが複雑になりがちだった。制作管理の際にはビデオコンテを確認し、シークエンスごとに必要なアセットを洗い出し、スプレッドシートにまとめていったという。

「UNDEFINEDでは、普段からDiscord上でコミュニケーションをとりながら制作するスタイルを採用しています。リアルタイムにリファレンスやプレビューなどの情報を共有できるし、画面共有も可能なので、YP監督に作業画面を見せ、カメラワークなどを細かく指示してもらうことも可能です。本作のようなタイトなスケジュールの場合は、このような制作スタイルが力を発揮すると感じています」(MIZUNO氏)。なお、前述のツールに加え各メンバーが使用するレンダラもバラバラだったので、画の仕上がりに若干の差異が生じたが、After Effects(以下、AE)でのコンポジットやカラーグレーディングの際に各シークエンスを馴染ませた。

「UNDEFINEDのメンバーは音に対する理解度も高く、この音のタイミングで光を走らせたい、明滅させたいといった演出指示を出す前に、期待以上のイメージで仕上げてくれたのでとても助かりました。今後も機会があれば、UNDEFINEDと一緒に新しい挑戦をしたいと思っています」(YP監督)。

▲ ヒガシローランドがリアル(渋谷の街)からバーチャルにダイブし、内在するGorillaを一瞬だけ表出させた後、渋谷にGolden Bananaを投下、覚醒粒子が拡散していくシークエンスの絵コンテ


▲先の絵コンテの完成画像。実写パートからCGパートへとシームレスにつなげるため、実写素材をトラッキングしたカメラデータをC4Dに読み込み、CGパートが作成された。「納期直前に良い素材が撮影できたので、なんとかシームレスにつなげてくれないかと依頼しました。担当してくれたiwaburiさんには苦労をかけましたが、ヒガシローランドがCGに切り替わっていることに気づかない人も多く、期待以上のトランジションになりました」(YP監督)


次ページ:
<2> ボリューメトリックキャプチャの特性を演出にも活かす

その他の連載