>   >  はじめよう!踏み出そう!VFX!:第3回:BlenderとResolve Fusionで飛び出せVFX!【ステイホームVFX連動企画】
第3回:BlenderとResolve Fusionで飛び出せVFX!【ステイホームVFX連動企画】

第3回:BlenderとResolve Fusionで飛び出せVFX!【ステイホームVFX連動企画】

「ステイホームだし自宅で映像をつくってみようかな?」「でも3DCGは作ったことあるけど、実写合成は難しそう」......そんなあなたのために、現役大学生の映像作家・三宅智之氏が実写合成のイロハを集中講義! Blender&無償版DaVinci Resolveとダウンロード素材で今すぐ始めよう!!

TEXT_三宅智之 / Tomoyuki Miyake(@38912_DIGITAL
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

  • Dell Presents ステイホームVFX コンテスト エントリー〆切間近!

    ●審査基準
    01:自宅での撮影素材を活かした面白い表現ができているか
    02:CG・VFX技術を駆使した作品であるかどうか

    ●部門
    プロフェッショナル部門/学生部門

    ●応募方法
    ・エントリー:〜5月15日
    ・審査同意書記入:〜5月21日
    ・作品提出:〜5月24日

    www.info-event.jp/dell/lp/ws_vfx



はじめに

こんにちは! 電波を発信する鉄塔が大好きな38912 DIGITALこと、三宅智之です。

前回は無償版DaVinci Resolve Fusionを使用して、グリーンバックの人物と背景CGのコンポジット(合成)をやってみました。

今回はいよいよ最終回。Blenderと無償版DaVinci Resolve Fusionを使用して、さらに踏み込んだVFXカットをつくっていきます。今回主に扱うテーマは「マルチレイヤーレンダリング」「ロトスコープ」です。この2つが使えるようになれば、かなり本格的なVFXもできるようになります。

なるべくわかりやすく説明していきますが、第1回第2回を踏まえた内容になっているので基礎から始めたい方はそちらを先にご覧ください! それでは今回もジュース片手にのんびりやっていきましょう! 悩むより手を動かせ! はじめよう! VFX!!!

今回作る映像

第3回は、この映像をつくります。CGの機械に指を突っ込む、シンプルながら合成が複雑なカットです。

今回のカットは、おおまかに以下のながれで進行していきます。これまで同様、何を言っているのかわからなくても大丈夫です。

各種ダウンロード

以下の3つのソフト・プラグイン・素材データをダウンロードしてください。

●使用ソフト
fSpy
fspy.io

●使用プラグイン
fSpy-Blender Addon
github.com/stuffmatic/fSpy-Blender/releases/tag/v1.0.3

●使用映像素材
ライセンス:CC-BY-NC 4.0
CGW_38912VFX_03.zip

●そのほか使用するもの
第1回で使用したBlenderと第2回で使用したDaVinci Resolve・設定ファイルを使用します。この回から始める方は、設定ファイルにダウンロード時の注意事項がありますので、第2回の冒頭をあらかじめご確認ください。

Blender 2.92
www.blender.org

DaVinci Resolve 17(無償版)
www.blackmagicdesign.com/jp/products/davinciresolve/

OpenColorIO-Configs
github.com/colour-science/OpenColorIO-Configs/tree/feature/aces-1.2-config

01:VFXの作戦を立てよう!

さっそく作業に入り......たいところですが、今回のVFXは少し複雑なので、はじめにどう合成していくか作戦を立てます。CGと実写、それぞれ影響するところを考えてみましょう。

なんだかたくさんあって難しそうですね......1つ1つ分解して見てみます。

最初に、CGパーツが実写パーツに与える影響を考えてみます(左)。まず、CGの機械が実写の壁に「反射」しています。また、CGの機械の「光」の照り返しで実写の指が明るくなっています。そして、CGの機械が実写の壁に「影」を落としています。

次に、実写パーツがCGパーツに与える影響を考えてみます(右)。まず、実写の指がCGの機械に「反射」して映り込んでいます。また、実写の「光」源がCGの機械を照らしています。そして、実写の指がCGの機械に「影」を落としています。

これらを整理すると「光・影・反射」の3つの要素をそれぞれ合わせれば良いということがわかります。と言ってもなかなか難しそうではありますが、少なくとも全部一度に考えるよりはシンプルに捉えられるのではないでしょうか......?


【理論】なぜこうするの?

今回は説明のために完成映像を使用して作戦を立てていますが、実際はコンセプトアートや絵コンテ、ロケハン時の参考写真などを基に作戦を立てたりします。実写で必要な素材等もあらかじめ考えておく必要があるので、VFXを使う映像では早い段階からVFXについて検討しておくべきです。

VFXでは素材同士のあらゆる要素を合わせていくことで馴染ませていきますが、今回は「光・影・反射」の3要素に注目して素材を馴染ませてみます。

02:「パース」を合わせよう!

今回はFIXカット(カメラを固定し動かさないカット)なので、オープンソースソフトウェアの fSpyを使い、実写とCGのパース(遠近感)を合わせます。


【実践】よくわからなくてもOK!まずは手順通り触ってみよう!

〈Step 0〉fSpyに画像を読み込む

まずはインストールしたfSpyを起ち上げてください。

【1】fSpyを起ち上げると、このような画面になるので、配布データの[38912_SampleFootageC_Perspective.jpg]をfSpy上にドラッグ&ドロップして読み込みます

【2】画像を読み込むと、このような画面になるはずです


〈Step 1〉軸を合わせる

  • 【3】画面左上の[Vanishing point axes]の[2]のドロップダウンリストから[-z]を選択します

  • 【4】線の端をドラッグして動かし、このように画像に映っているグリッドの端に合わせていきます。①赤い線は横の線のフチに、②青い線は縦の線のフチにざっくり合わせます

  • 【5】[Shift]キーを押しながら線の端をドラッグすると、このようにポインタが拡大され細かい位置調整ができます。なるべくピッタリとグリッドの端と位置を合わせてください

  • 【6】最後に原点(XYZ3軸の矢印の根元)を画像のように、グリッドの左下の角に合わせます

グリッドとぴったり位置が合ったら、[Ctrl+S]でfSpyのプロジェクトデータを保存します。ここでは「38912VFX_fSpy」と名前を付けました。拡張子が「.fspy」のデータが保存されるはずです。


〈Step 2〉BlenderのfSpyアドオンを有効化する

BlenderにfSpyのインポートアドオン(プラグイン)を入れます。Blenderを起ち上げてください(今回は第1回と同様、Blenderを日本語化して進めます)。

  • 【7】Blenderを起ち上げたら、左上の[編集→プリファレンス...]をクリックして、設定画面を開きます

【8】①[アドオン]タブの、②[インストール...]からダウンロードした[fSpy-Blender-1.0.3.zip]を開き、③チェックをつけ有効化します


〈Step 3〉BlenderにfSpyデータを読み込む

  • 【9】ここからはBlenderの3Dビューを使います。第1回で使用したBlender早見表を再掲しますので、ご活用ください

【10】既にデフォルトのオブジェクトがある場合はオブジェクトを[A]で全選択後、[X]で削除します

  • 【11】[ファイル→インポート→fSpy (.fspy)]をクリックし、先ほど保存したfSpyのプロジェクトデータを開きます

【12】このように、先ほどfSpyで開いた画像が薄く表示され、3Dと実写のパース(遠近感)が一致した状態で表示されます

画像が表示されていないときは、テンキーの[0]でカメラビューにしてみてください。テンキーがないPCの場合、[編集→プリファレンス→入力→キーボード→テンキーを模倣]にチェックを入れることで、キーボードの数字キーをテンキー代わりに使えます。

ここでいったん[Ctrl+S]でプロジェクトを保存しておきましょう。


【理論】なぜこうするの?

fSpyでパース(遠近感)をぴったり合わせることで、カメラトラッキングのできないFIX(静止)カットでも、違和感なく3DCGを配置することができるようになります。

次ページ:
03:「マルチレイヤー」CGデータを作ろう!

その他の連載